logo

管弦楽器演奏を評価して採点、ゲーム感覚で楽しみながら練習できる音楽アプリ iPhone/iPad向けアプリケーション『やろうぜ管カラ!』

本日よりアプリケーションを提供開始、さらに対応楽曲データを3月15日(水)から新たに発売

ヤマハ株式会社は、iPhone/iPad向けアプリケーションとして、ゲーム感覚で管弦楽器演奏を楽しめる楽器演奏採点アプリケーション『やろうぜ管カラ!』の提供を開始します。本日よりApp Storeから無料でダウンロードできます。また当社が運営するウェブサイト「ヤマハミュージックデータショップ」にて、本アプリケーションに対応する楽曲データの販売を3月15日(水)より開始します。



[画像1: リンク ]



<価格と発売日>
●品名:iPhone/iPad向けアプリケーション
・アプリケーション名:やろうぜ管カラ!
・対応機種:iPhone/iPad*1
・税込本体価格:無料*2
・提供開始日:2月20日(月)

*1:動作確認端末 iPhone SE/iPhone 6/iPhone 6s/ iPhone 7/ iPhone 7 Plus、iPad mini2/iPad mini4/iPad Air/iPad Air2/iPad Pro 12inch。
*2:アプリケーション本体は無料。プリセット以外の楽曲は、ウェブサイト「ヤマハミュージックデータショップ」内で3月15日(水)より有料販売。


<製品の概要>
当社は2016年5月に当社独自の楽器演奏評価技術「virtana™」※を活用したiPad向けの楽器演奏採点アプリケーション「やろうぜ管カラ!Lite」をリリースし、楽器演奏の新たな楽しみ方を提案してまいりました。このたび、このアプリケーションの機能をさらに進化させ、iPadに加えて新たにiPhoneにも対応した管弦楽器演奏採点アプリケーション『やろうぜ管カラ!』の提供を開始します。

本アプリケーションでは、対応楽器で伴奏に合わせて演奏するだけでリアルタイムに演奏が分析・評価され、点数として表示されます。また演奏結果に応じてアドバイスも表示されるため、ゲーム感覚で楽しみながら楽器練習をすることができます。さらにプレイバック機能を追加し、自分の演奏を振り返って確認することが可能となりました。また演奏を採点してくれる「本番モード」のほかに「練習モード」も備えており、楽曲を存分に練習してから採点に臨むことができます。

さらに、当社が運営する音楽関連データ販売サイト「ヤマハミュージックデータショップ」で楽曲データを購入すれば楽曲コンテンツ(有料)を追加でき、プリセット曲に加えてお好みの楽曲で演奏や採点を楽しむことができます。

※「virtana(ヴィルターナ)™」: 楽器の演奏音を音程、音量、スペクトルといった物理的な要素へと分解し、演奏技法や抑揚、音の安定感といった音楽的な面も含めて分析することで演奏の評価を行なう技術。当社の登録商標です。

詳細は以下の通りです。


<主な特長>
1.ゲーム感覚で演奏採点を楽しめるほか、演奏に応じた評価コメントも表示
本アプリケーションでは、当社独自の楽器演奏評価技術「virtana」によって、楽器ごとの奏法の特徴に合わせて楽器演奏の評価を行いおこないます。音程だけでなくタイミングや演奏技法までリアルタイムで分析し、演奏後に評価が点数として表示されるため、カラオケの採点機能のようにゲーム感覚で楽しむことができます。また演奏に応じて、「ブレスがしっかりしていて、その楽器らしい鳴り、音色が出せています」「ピッチがうわずっています。ずいぶん力んで演奏しているようですね。力を抜いて、リラックスしてください」といった評価コメントも表示され、楽しみながら練習することができます。さらに、直前の演奏をプレイバックできる機能を追加し、自分の演奏を振り返って確認することができるようになりました。
[画像2: リンク ]


2.「本番モード」と「練習モード」を用意
演奏を採点する「本番モード」のほか、練習のための「練習モード」を用意しています。「練習モード」ではメトロノーム機能や早送り・早戻し機能に加えて、キーやテンポを変更する機能や、特定の部分のみを繰り返し練習できる機能も備え、効率的な練習が可能となっています。キーを変更した場合は、画面に表示される楽譜のキーも自動で調整変更されます。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



3.特別な機器が必要なく、気軽に遊べる
マイクやイヤホン、スピーカーなどの機器を取り付けなくても、iPhoneやiPadと楽器だけで使用することが可能です※。音が出せる環境であれば、いつでもどこでも気軽に楽しめます。※演奏する環境や楽器によっては、機器が必要となる場合もあります。

4.データ購入により楽曲コンテンツを追加可能
プリセットされている楽曲に加えて、当社が運営する音楽関連データ販売サイト「ヤマハミュージックデータショップ」を通じて、楽曲コンテンツ(有料)を増やすことができます。当サイトでは、J-POPの人気曲や往年のヒット曲など幅広いジャンルの楽曲をラインアップし、新楽曲データも順次追加予定です。
また、より気軽に楽しんでいただくために、吹奏楽演奏会などで人気の高い定番曲「宝島」(THE SQUARE)と「TRUTH」(T-SQUARE)の本アプリ用データを、当サイトにて無償で提供します。

○ヤマハミュージックデータショップ リンク

※当サイトでのデータ提供は2017年3月15日(水)から開始します。また当サイトでのデータ購入および無償データの入手には、サイト上での「ヤマハオンラインメンバー」への登録が必要となります。


<ご参考>
3月4日(土)に横浜港「大さん橋ホール」で開催される管楽器大合奏イベント「ブラス・ジャンボリー2017」に合わせて、このイベントと楽器演奏採点アプリケーション『やろうぜ管カラ!』の連動企画を実施します。

1.『やろうぜ管カラ』体験会を実施
大さん橋内特別会場に『やろうぜ管カラ!』体験コーナーを設置し、アプリ体験会を実施します。体験会では演奏の採点にチャレンジした方のランキングが表示され、ゲーム感覚で楽しむことができます。ブラス・ジャンボリーの参加者はもちろんのこと、コンサートの見学者など楽器をその場にお持ちでない持参していない方のために試奏用楽器を用意しておりているため、管楽器演奏の経験が少しあればどなたでもお楽しみ楽しんでいただけます。

日時:
2017年3月4日(土)11:30~17:00

場所:
横浜港大さん橋国際客船ターミナル内 特別会場(横浜市中区海岸通1-1-4)

内容:
楽器演奏採点アプリケーション「やろうぜ管カラ!」体験会
体験会参加者のランキングを表示
ベストスコアを出した方には記念品をプレゼント

参加費:
無料

2.楽曲「ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレII」に対応
「ブラス・ジャンボリー2017」の参加者がイベント当日に演奏する楽曲のひとつである「ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレII」(作曲:水口透)が、『やろうぜ管カラ!』の楽曲コンテンツとしてアプリケーション内に3月15日(水)まで期間限定でプリセットされています*1。さらに同楽曲の主要パート譜が、当社が提供するiPhone/iPad向け電子楽譜アプリケーション「Score Viewer特別版」*2から閲覧できます。「Score Viewer特別版」と一緒に『やろうぜ管カラ!』を使用することで同楽曲の譜面が表示され、ピンチイン/アウト操作によって楽譜画面を拡大/縮小できる機能や、楽譜画面が拡大された状態のままで伴奏のスピードに合わせて譜面の位置が自動で進む機能を使うことが可能となります。「ブラス・ジャンボリー2017」の参加者は、アプリケーションを活用して楽しみながら同楽曲の予習をすることができます。

*1: 3月15日に予定しております『やろうぜ管カラ!』のアップデート版では、両アプリ連動機能および同曲のプリセットはなくなります。3月15日以前にダウンロードした本アプリケーションにおいても、アップデートをおこなうとこれらが利用できなくなります。
*2: 電子楽譜アプリケーション「Score Viewer特別版」:
[画像6: リンク ]

紙の楽譜のテイストを大切にしながら電子ならではの優れた使い勝手を実現し、楽譜への書き込みも可能な、iPhone/iPad向け電子楽譜アプリケーションです。「ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレII」の主要なパート譜を内蔵しており、フルート、Bbクラリネット、アルトサクソフォン、テナーサクソフォン、トロンボーン、Bbトランペット、トロンボーンに対応しています。3月145日(火水)までApp Storeから無料でダウンロードできますが、「ブラス・ジャンボリー2017」用の期間限定版のため、3月15日(水)以降はApp Storeからダウンロードできなくなります。

○「ブラス・ジャンボリー2017」公式ウェブサイト: リンク


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
リンク


※「iPad」および「App Store」は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事