logo

インフォサイエンス、統合ログ管理システム「Logstorage」のOffice365対応、マイクロソフト社が提供するOffice365の監査ログを分析可能に

インフォサイエンス株式会社は、「Logstorage」のオプションとして、Office365監査ログの収集・分析に対応しました。Office365では、容易に情報共有の仕組みを確立し、業務の効率化を図ることが可能ですが、不特定多数の人と情報共有する中で、監査のために作業証跡としてログを取得することは必要不可欠です。 Logstorageでは、Office365上での操作履歴(いつ、誰が、どのサービスに対して、どのような操作をしたのか)の可視化、利用状況を分析することが可能です。

インフォサイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮紀雄、以下 インフォサイエンス)は、「Logstorage」のオプションとして、Office365の監査ログ収集・分析に対応しました。

昨今、コストや業務負荷軽減、ITインフラの運用負荷軽減などの観点から、基幹システムについても、クラウド基盤上での運用が急速に進んでいます。基幹システムをクラウド基盤上で運用する場合でも、そのシステムが適切に運用されていることを証明するログの取得・管理は必須であり、ログ管理製品としてLogstorageが採用されるケースが着実に増えています。 Logstorageは、オンプレミス環境、仮想環境、AWS・Azureといったクラウドサービス上への構築に対応しており、各環境、クラウドサービスで出力されるログを統合管理し、集めたログを横断的に分析、追跡することが可能です。

Office365は、マイクロソフト社より提供されているクラウドサービス(Exchange, SharePoint, Excel, Word…等)です。Office365では、容易に情報共有の仕組みを確立し、業務の効率化を図ることが可能ですが、不特定多数の人と情報共有する中で、監査のために作業証跡としてログを取得することは必要不可欠です。 Logstorageでは、Office365上での操作履歴(いつ、誰が、どのサービスに対して、どのような操作をしたのか)の可視化、利用状況を分析することが可能です。また、Office365のテンプレートをご用意しておりますので、Office365アカウントの利用状況について容易に分析することが可能です。

今後も、Logstorageをご活用頂くことで、クラウド利用上で課題とされる、監査証跡の記録、操作・行動の可視化によるセキュリティ向上を実現し、オンプレミス環境同様にクラウドをより安心してお使い頂けるよう、展開して参ります。

○提供開始日/ログ収集対象/使用条件
提供開始日:2017年2月13日
ログ収集対象:Office365監査ログ【AzureActiveDirectory/Exchange/SharePoint(OneDrive含む)】
使用条件:Logstorage ST版以上のご購入で使用可能


Logstorageについて
======================================================
純国産の統合ログ管理システムで、小規模システムから大規模システムまでカバーします。多種多様な業界で採用され、大手企業、官公庁、公益事業を中心に2,200社以上への導入実績があり、Logstorageの出荷本数シェアは10年連続第1位となりました。(※)

Logstorage製品詳細情報 リンク
※出展:ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016(統合ログ管理市場)」

インフォサイエンス株式会社について
======================================================
インフォサイエンスは1995年、企業向けにインターネットサーバの運用を受託することから事業を始め、現在では自社にてデータセンターを持ち、コンサルティングから開発、運用・保守まで一貫してサービスを提供しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
インフォサイエンス株式会社 プロダクト事業部
TEL:03-5427-3503
Email:info@logstorage.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事