logo

「積立FX」今がチャンス!キャンペーンのお知らせ

SBI FXトレード株式会社 2017年02月09日 17時27分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]


SBI FXトレード株式会社(本社:東京都港区、以下、「当社」)は、「積立FX」今がチャンス!キャンペーンを2017年2月9日から、実施いたしますのでお知らせいたします。

当社提供サービスの一つである「積立FX」は、一般的な外貨預金と比べ取引コストを抑え、お客様の投資スタンスに合わせて定期的な長期運用を実現する画期的な商品サービスとして、2015年12月の開始以来、お客様に大変ご好評をいただいております。

今般、この「積立FX」において、以下のとおり、コスト(※)の大幅削減とスワップポイント(一般的な外貨預金では金利に相当)を大幅優遇する“「積立FX」今がチャンス!キャンペーン”を2017年2月9日(木)より実施いたします。ぜひこの機会に「積立FX」をご利用ください。

≪キャンペーンの概要≫
1. コスト(※)を通常から最大50%削減
2. 特定の曜日におけるスワップポイント(一般的な外貨預金では金利に相当)を通常時と比べ2倍に優遇
期間:2017年2月9日(木)午前7時~2017年4月1日(土)午前5時30分
※ 積立FXではスプレッド
[画像2: リンク ]


※1.取引レートの固定は50万通貨の取引が上限。
※2.本サービスの取引ルールの詳細等につきましては当社ホームページをご覧ください。
※3.外貨での引出しはできません。
※4.平成25年から平成49年までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則としてその年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することとなります。
※5.お客さまの状況に応じて、税務上の取り扱いが異なる場合があります。税務上の取り扱い等につきましては、お客さまの住所地を管轄する所轄税務署、または税理士へお問い合わせください。

【キャンペーン概要】
1.コスト(スプレッド)削減の内容
[画像3: リンク ]



2.スワップポイント(一般的な外貨預金では金利に相当)優遇の内容
月曜日・火曜日・木曜日の各営業日終了時点に保有されているお客様を対象に、通常の2倍のスワップポイントを付与いたします。
[画像4: リンク ]

※スワップポイントの金額は1万通貨あたりの金額表示(単位:円)となります。
※上記数値は予定であり、将来を保証するものではありませんのでご注意ください。
※スワップポイントは金利情勢の変化等により変動し、受け取り及び支払いが発生します。

補足:積立FXについて
[画像5: リンク ]

【取引の特長】
1. 取扱通貨ペアは9種類、1通貨単位からの取引が可能
米ドル/日本円、英ポンド/日本円、豪ドル/日本円、NZドル/日本円、カナダドル/日本円
中国人民元/日本円、南アフリカランド/日本円、トルコリラ/日本円、香港ドル/日本円
2. 定期的に購入する頻度を3通り(毎日、毎週、毎月)から選択可能。
3. レバレッジは3通り(1倍、2倍、3倍)から選択可能。(※一部通貨は2倍が上限)
4. 購入金額の指定は、外貨通貨単位、日本円単位のどちらからでも可能。
5. 定期的に外貨を購入する取引のほか、任意のタイミングで外貨購入・売却することも可能。
6. 既存のFX口座との間における資金振替はリアルタイムで可能。

当社は、お客様の声を常に最優先に考え、既存の取引サービスの利便性向上に常に取組むとともに、お客様により一層喜んで頂ける新しいFXサービスの提供に努めてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

<手数料等及びリスク情報について>
・口座開設・維持費および取引手数料は無料です。
・本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
・本取引は取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
・本取引は通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した証拠金の額を上回ることがあります。
・スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、支払いが生じる場合があり、将来にわたり保証されるものではありません。
・取引は1通貨単位からです。
・お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
・外貨での引出しはできません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事