logo

半導体メーカーとの有機 EL ディスプレイ向けムラ補正 IC 共同開発のお知らせ

サイバネットシステム 2017年02月08日 15時50分
From PR TIMES

画質に影響を与えるムラを低減することで有機ELディスプレイの更なる品質向上に寄与



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)
は、有機EL ディスプレイ向けのムラ補正機能IP(※1)を含むディスプレイドライバIC(※2)を複数の大手半導
体メーカーと共同開発したことをお知らせします。

今回の共同開発により、当社独自開発したムラ補正機能IP をディスプレイドライバIC へ最適化して組み込むことができます。ディスプレイメーカーは優れたムラ補正機能を容易に採用することができ、またサイバネットが提供する自動ムラ補正装置FPiS™シリーズを同時に用いることで、品質向上や歩留まりの改善による安定した生産を行うことも可能となり、市場への製品投入が加速されることが期待されます。

今回開発したムラ補正機能を含むディスプレイドライバIC は、2017 年6 月頃から複数の大手半導体メーカーより汎用IC や特定顧客向けIC として販売を開始する予定であり、系列製品にも継続的に同機能が組み込まれる予定です。最終的な製品仕様、販売先ならびに販売時期については、詳細が決まり次第お知らせいたします。
[画像: リンク ]

・光学自動検査装置 FPiS™シリーズとは
--------------------------------------------------------
FPiSシリーズは、液晶や有機ELディスプレイなど高精細ディスプレイ向けの、高精度かつ高速な自動検査・調整システムとしてFPDのR&D段階から工場生産に対し製品シリーズを提供しています。
製品を導入することで、製品開発期間の短縮や生産効率化、品質の向上などを実現できます。
有機ELディスプレイ向けには、画質向上目的のムラ補正装置だけでなく、セル工程から出荷前検査まで顧客のニーズに合わせた多様なソリューション提供が可能です。
FPiSシリーズの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

=======================================================
サイバネットシステム 常務執行役員 吉永弘希のコメント
=======================================================
これまでにサイバネットが携わってきたビジネスの中で培った、光学技術と画像処理技術ノウハウを応用して
開発したFPD(Flat Panel Display:フラットパネルディスプレイ)向け光学式自動検査・調整システムやムラ補
正機能IP を市場に提供することで、ディスプレイメーカーをはじめとした多くのお客様に貢献できることを嬉しく
思います。
今回の共同開発により、ムラ補正機能IP が含まれた汎用IC を世界中の有機EL ディスプレイメーカーが購入できることになり、さらなる品質の向上や有機EL ディスプレイ市場の拡大につながることを期待します。

注釈
※1:ムラ補正機能IP:ディスプレイの表示特性に応じた補正値を設定し、表示ムラを低減させる補正を行う集積回路
※2:ディスプレイドライバIC:主にディスプレイの表示機能を制御する集積回路

--------------------------------------------------------------------------------------------
サイバネットについて
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Web サイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

---------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ サイバネットシステム株式会社
---------------------------------------------------------------
■ 内容について
OM事業本部 光計測器事業部/藤島
TEL:03-5297-3527 E-MAIL: omsg@cybernet.co.jp

■ 報道の方は
営業推進部/平澤
TEL:03-5297-3094  E-MAIL: prdreq@cybernet.co.jp

■投資家の方は
経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066  E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事