logo

『エル・ア・ターブル』が『エル・グルメ』に改称し、リニューアル創刊

株式会社ハースト婦人画報社 2017年02月02日 15時00分
From PR TIMES

15周年を機に、食を愛するフーディーへのさらなる認知向上を目指す

フードマガジン『エル・ア・ターブル』(発行:株式会社ハースト婦人画報社、本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:イヴ・ブゴン)は、2017年2月6日発売の2017年3月号から『エル・グルメ (ELLE gourmet)』 に改称し、リニューアル創刊します。



[画像1: リンク ]

『エル・ア・ターブル』は、2002年に創刊し、「食」が主役のライフスタイルマガジンとして、隔月で発行してきました。創刊15周年を機に、誌名に“グルメ”と冠し、内容を消費者によりわかりやすく伝え、食に関心の高い全世代の読者に発信するメディアへとリニューアルします。

雑誌では、美しいビジュアルとおしゃれなスタイリングで、食を切り口にした豊かなライフスタイルを紹介していきます。「エル・オンライン」内のグルメ・チャンネルは、『エル・グルメ』の公式デジタルメディア「エル・グルメ オンライン」として、スピーディに食にまつわる情報を提供し、ちょっとした食の小技から、ヘルシーな食生活、美容、レシピなどの情報を届けていきます。ハースト婦人画報社は全社的にデジタル戦略を強化しており、「エル・グルメ オンライン」は、昨年、ページビューが約50%増加、SNSのファンは、フェイスブックが2倍以上、ツイッター、インスタグラムのフォロワーは4倍以上に成長しました(2016年12月時点、前年同期比)。

編集長の小脇弥香は、リニューアルについて次のように述べています。「これまで一貫して行ってきた“食をとりまくライフスタイルの提案”はそのままに、より独自の視点で、より欲望に忠実に、『エル・グルメ』ならではのストーリーをお届けしていきます。雑誌ではより深く、デジタルではよりスピーディに、コンテンツをパワーアップします。リニューアル第1号のタイトルにある“Foodie(フーディ―)”とは、おいしい時間を楽しむことに積極的な人たち。『エル・グルメ』は、こだわりをもって、でも軽やかに、今のフードシーンを好奇心いっぱいに楽しむ、おしゃれフーディ―のためのメディアです。」

ビジネス面においては、雑誌とデジタルメディアの連動を強化したパッケージ広告、100名以上の料理家をかかえる「フードクリエイター部」を活用した広告企画、そしてグルメコンシャスな来場者を集めるイベント展開を強化していきます。また、ハースト婦人画報社は2017年1月1日付で、『エル・グルメ』と、インテリアとデザインの雑誌『エル・デコ』、ブライダル雑誌『エル・マリアージュ』、および、それぞれのデジタルメディアの計6媒体を傘下に収める「エル ライフスタイル部」を設立しました。読者のライフスタイルを包括的に捉えるこのメディアグループにおいて、6媒体が連動した特集、広告企画、イベントなどを展開し、発信力と提案力を強化していきます。

[画像2: リンク ]

<『エル・グルメ』 リニューアル第1号詳細>


■ 誌名:『ELLE gourmet(エル・グルメ)』 2017年3月号
■ 発売日:2017年2月6日(月)
■ 発行頻度:偶数月6日(変更なし)
■ 定価: 980円(税込)
■ 内容:特集は、「おしゃれフーディーが今、食べたいもの!」。トレンドと定番、海外と国内、ガストロミーとB級グルメの枠に縛られることなく、おしゃれフーディーの食欲を刺激するものを集めた大特集。他に、「フーディー三昧するならメキシコへ!」、「“スターな牛肉”を“低温調理”で!」など。


<『エル・グルメ』について>
『エル』の料理雑誌『エル・グルメ』は、食を切り口に豊かなライフスタイルを提案するフードマガジンです。キッチンから広がるコミュニケーション、ひと皿の料理が織りなすストーリー、テーブルから始まるスタイルのある暮らし―大切な人たちと過ごす幸せな時間を演出するヒントをお届けしています。公式サイトの「エル・グルメ オンライン」では、フードの最新トレンドやおしゃれレシピ、レストラン情報などが満載、毎日おいしい情報をお届けしています。15周年を機に、2017年3月号から『エル・ア・ターブル』から『エル・グルメ』に改称。
URL: リンク

<ハースト婦人画報社について>
株式会社ハースト婦人画報社は、日本、アメリカ、フランスの多角的なDNAを持つメディア企業です。『婦人画報』をはじめ、『エル・ジャポン』、『25ans(ヴァンサンカン)』、『ハーパーズ バザー』、『メンズクラブ』などのファッション誌、そして、カルチャー、インテリア、フード、ウエディングなどの各種ライフスタイル誌を発行しています。また、デジタル戦略に注力し、2016年に20周年を迎えた「エル・オンライン」、2016年1月にデジタルのみでローンチした「コスモポリタン」などのメディアサイトや、「エル・ショップ」などのEコマースも展開。さらに、経験豊かな編集者を活かし、企業のコンテンツ制作を請け負うコンテンツマーケティングにも積極的に取り組んでいます。
URL: リンク
ツイッター:リンク
リンクトイン:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。