logo

プレミアムフライデーの認知は74%、実施されたら81%がお出かけ、約半数がひとりで過ごす「プレミアムフライデー」リアルレポート発表

会員260万人のOZmallによる東京女性のホンネ調査2017

女性向けWEBサイト「OZmall(オズモール)」 リンク (会員数260万人)は、会員アンケートによる 「東京女性のホンネ調査“プレミアムフライデー”リアルレポート」を発表いたしました。◆詳細はこちら>> リンク



[画像1: リンク ]

毎月最終金曜は15:00を目途に退社・・・そんな働く女性にとって興味深い「プレミアムフライデー」。実際にリアルな実情を知るべく、オズモール会員・有職者1300人に、職場での普及率や活動に関する考えをアンケート調査しました。

Q プレミアムフライデーって知っている?

[画像2: リンク ]

知っている 74%
知らない 26%
A Yes 74% 認知率は74%。普及への関心は高いよう
経済産業省による推進協議会設置が昨年12月12日。今年1月末時点では74%の人が「プレミアムフライデー」を知っていると回答。「クールビズ」の場合、認知率90%になるまで10年かかった(出典「平成26年度クールビズについて」環境省)というから、注目度の高さがうかがえる。

Q 職場で取り組みが実施されますか?

[画像3: リンク ]

実施される 3%
実施されない 45%
分からない 52%
A 分からない52% 職場での取り組み実施は半数以上が“未定”
認知率は高い一方、職場で「プレミアムフライデー」が実施されるかは、半数以上の人が“分からない”という結果に。まだ実感は得られていないよう。ちなみに、既に職場で実施が予定されていると回答した人の業種を聞いたところ、意外にも建設・製造業と回答した人が多かった。

Q プレミアムフライデーの取り組みは賛成?

[画像4: リンク ]

賛成 39%
反対 15%
どちらでもない 46%
A  どちらでもない46% 早めの退社は嬉しいけれど、しわ寄せが不安
「リフレッシュになるが、業界や職種に限られるのでは」「派遣社員(時給制)だから給料が減る」という“どちらともいえない”という回答が46%と多かった。“賛成”では「職場全体で働き方を見直したい」「メリハリをつけて働けそう」と、前向きに捉える意見が多かった。

Q  実施されたら、誰と過ごす?

[画像5: リンク ]

ひとり 46%
夫婦・家族 21%
友達 15%
恋人 8%
職場の仲間 5%
その他 5%
A 約半数が“ひとり時間” 普段できないことを叶えたいという声
口コミでは「習い事とか勉強の時間にする」「主人とデートしたい。でも主人は結局仕事が忙しいので無理そう」「病院、役所などは通常通りに開いて欲しい。15時に退社できたらそういうことに利用したい」等の意見が。

Q 実施されたら、終業後どう過ごす?

[画像6: リンク ]

美容院やネイル・リラクサロンなど 16%
映画館や美術館、観劇など 15%
外食・飲み会 15%
買い物 11%
スポーツジムや習いごと 10%
ホテル宿泊や旅行 9%
その他 5%
自宅に帰宅する 19%
A お出かけが81% 働く東京女性の消費に期待できそう?
81%の人が“出かけたい”という結果となり、消費に繋がるといえそう。なかでも、自分磨きや好きなことに充てたいという“ひとり時間”のニーズが高かった。ワークライフバランスを大切にし、アクティブに行動する女性像が垣間見える。

※アンケート/オズモール調べ 期間:2017/1/10~25、N=1300(有職者・女性)

◆OZポイント+1000プレゼントも。「プレミアムフライデー」キャンペーン
オズモールでは 2/9(木)より“ちょっと素敵な週末を過ごして欲しい”と願いを込め、「OZのプレミアム予約」にて「プレミアムフライデー」特集をスタート。特別プラン特集のほか、OZポイント+1000プレゼント、招待券が当たるInstagramフォトコンテストなど、お得なキャンペーンを用意する。

◆もっと詳しい内容はこちら  リンク
◆OZのプレミアム予約「プレミアムフライデー」特別キャンペーンはこちら(2/9よりリリース)  
リンク

■「オズモール」とは?  リンク  
「オズモール」は1996年に女性ライフスタイル誌「OZmagazine」のWEB版としてスタート。特集記事や、高級ホテル・レストラン・ヘアサロンなどのプレミアム予約サービスなどを掲載し、会員260万人に支持されている。

■お問合せ先 : スターツ出版株式会社 広報  佐々木 
TEL:03-6202-0311 Mail : contact-stp@starts-pub.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事