logo

ライフサイエンス業界、再生医療やバイオシミラー関連スペシャリストに需要拡大の見込み

ヘイズ・ジャパン 2017年01月26日 14時00分
From PR TIMES

ヘイズ採用動向レポート



[画像: リンク ]

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、先に発行した最新の採用動向レポートにおいて、日本国内のライフサイエンス業界では1~3月期に再生医療やバイオシミラー(バイオ後続品)のスペシャリスト求人が多数見込まれると予想しています。また、他にも複数の分野で活発な採用活動が見込まれ、トップクラスの候補者を巡る争奪戦が続くと予想しています。

ヘイズのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジは次のように述べています。
「ライフサイエンス業界全体では、研究開発部門やコマーシャル部門では全般的にペースが落ちるものの、再生医療やバイオシミラーといったいくつかの分野の採用活動は堅調に推移する見通しです。ライフサイエンスの分野において日本は世界でも最も進んだ国の1つとなっています。企業はこの時期、優れた人材の引きつけやエンゲージメントの制度を構築する事に注力しています。国内の人材だけでなく、現在海外で働いているものの、日本への帰国を考えている人材の目を自社に向けさせるため、さまざまな方法を模索しています。

業界の中でも再生医療やバイオシミラーの分野は特に、政府主導の取り組みやさまざまな法規制の改正が追い風になっています。新たに「再生医療等製品」として専門医薬品カテゴリーが設けられたほか、早期承認制度等の規制環境の変化に伴って、バイオシミラー企業は米国など競合する他の市場よりも短期間で製品を市場に投入できるようになっています。

レポートによれば、再生医療関連の企業ではメディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)、サイエンティスト、薬事プロフェッショナル、臨床研究開発プロフェッショナルといった職種でも新規の求人が見込まれます。

「日本は依然として、世界で最も急速に高齢化が進んでいる国であると同時に、国民健康保険制度によってさまざまな医薬品や治療法が利用しやすい環境が整っています。日本の医薬品業界が成長を続ける上で、この2つの要素がいずれも大きな役割を果たしています。

今後、国内で公共医療費の抑制を図っていく上では、バイオシミラーの普及が不可欠であると考えられています。営業担当者、プロダクトマネージャー、マーケティング担当者を始め、この分野で人材の採用が活発に行われていることは当然とも言えます。」

求職者および採用企業の動向、今後の課題までを網羅したヘイズの採用動向レポート全文はヘイズ・ジャパンのウェブサイト(リンク)からご確認いただけます。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

以上

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2016年6月30日現在、世界33カ国*、252 の拠点(総従業員9,214人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、日本で唯一、4つの国内拠点(日本本社、新宿支店、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。13の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事