logo

「Maple 2016.2」「MapleSim 2016.2」日本語版リリースのお知らせ

サイバネットシステム 2017年01月18日 15時50分
From PR TIMES

モデル流通のためのFMU インポート機能を追加リビジョン管理ツールとの連携機能で開発環境をより快適に



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)
は、グループ会社であるMaplesoft(本社:カナダ オンタリオ州、以下「メイプルソフト」)が開発・販売・サポ
ートするSTEM※1コンピューティング・プラットフォーム「Maple™(メイプル)」の 新バージョン「Maple 2016.2」およびシステムレベルモデリング&シミュレーション環境「MapleSim™(メイプルシム)」の新バージョン「MapleSim 2016.2」の日本語版の販売を2017年1月18日より開始することをお知らせします。

=================================================
企業、教育分野で活用が進むMaple, MapleSim とは
=================================================
Mapleは、全世界で利用されている数式処理技術をコアテクノロジーとしたSTEM※1コンピューティング・プラ
ットフォームです。また、MapleSimは、Mapleを計算エンジンとした数式処理とModelica(R)※2を統合したマルチドメイン※3でのシステムモデリング・シミュレーション環境であり、自動車や産業機械、電力などの様々な産業分野で、大規模なシステムや制御対象のモデリングを基本とした設計開発ツールとして活用されています。

[画像1: リンク ]


=================================================
新バージョンの概要
=================================================
[画像2: リンク ]

MapleSim 2016.2では、特に自動車業界での活動が盛んであり、モデル流通に大きく貢献する、FMU※4 Import に対応しました。これにより、他のツールで作成されたモデルであってもシミュレーションが可能となりました。また、ユーザニーズに対応し、シミュレーション実行中に結果を確認できる「ライブシミュレーション」の機能を追加しました。これにより、シミュレーション中であっても素早く結果を確認できます。さらに、機能やモデルのバージョンを管理するリビジョン管理ツールとの連携機能が加わり、モデルの変更点管理がより容易になりました。複数の利用者での同一モデル作業時のプロジェクト管理が容易になるため、開発リスクが低減されます。
また、本バージョンではMapleのさらなるパフォーマンス向上により、Mapleを計算エンジンとするMapleSim
のパフォーマンスも向上しました。

=================================================
MapleSim 2016.2 の主な新機能と特徴
=================================================
■モデル開発
 ・シミュレーション実行中に結果を確認できるライブシミュレーション機能により、
  シミュレーション中でも即、問題対応が可能に
 ・解析結果アニメーションの比較機能追加により、対象モデルの挙動の違いを直観的に理解
■ツールチェーン
 ・FMI互換モデリングツール(LMS Imagine.Lab Amesim™、Dymola(R)、およびSimulationX(R)など)
  からエクスポートされたモデルをMapleSimに簡単にインポートしてほかのモデルやサブシステムと同様に
  使用可能※5
 ・モデルのバージョンを管理するPerforce™、Subversion(R)、Mercurial、またはGit™などのリビジョン管理
  ツールとの連携が可能

その他、様々な機能改善が行われています。
より詳細な新機能や改良点については、当社製品ウェブサイトをご覧ください。
リンク

=================================================
メイプルソフト 上級副社長 山口 哲 氏のコメント
=================================================
生産性を高める『システム全体の問題発見』へ
重要部品のメンテナンス時期を効率良く予測したり、車両の燃料消費を予測するなど、インダストリアルIoT の
進展と共に、“複合的なシステムの性能予測”が製品開発における重要課題となりつつあります。こうした性能予測
を行うためには、製品を取り巻く「システム全体の問題発見」をいかに迅速に、高精度に行うかが重要です。
このような、問題発見のための効率的シミュレーションを実現するため、Maplesoft はこのたび、 MapleSim 2016.2 をリリースしました。MapleSim 2016.2 では、たとえ他社ツールのサブシステムであっても、FMI 2.0 互換であればMapleSim へそのまま取り込み、既存モデルとの連携シミュレーションを手軽に実現できるようになりました。これにより、システム全体の性能予測をより早く、簡単に行うことができます。
Maplesoft では、引き続き問題発見のための革新的なソリューションの実現を目指してまいります。

注釈
※1:STEM:Science, Technology, Engineering, and Mathematics(科学、技術、工学、数学)という総合的な分野の総称。Maplesoft製品は、計算環境だけでなく、計算アプリ開発やモデリング・シミュレーション、オンライン学習によってトータルサポートします。
※2:Modelica:Modelica協会(リンク )により策定・メンテナンスされているオープンなオブジェクト指向の物理モデリング言語。
※3:マルチドメイン:電気や熱、制御、機械など、通常個別に扱われる複数の分野を連携させてモデル化し、シミュレーションする考え方。現在の複雑なものづくり工程においては、全体的な(複数分野にまたがる)最適化を考えた解析環境が必須となる
※4:FMU:Functional Mockup Unit。モデル間のインターフェースFMI(Functional Mockup Interface)に基づいて作成された実行可能なファイル。
※5:FMI 2.0 Model Exchangeと固定ステップCo-Simulationをサポート

------------------------------------------------------------------------------------------------------
メイプルソフトについて
メイプルソフト(Maplesoft)は、対話的な数学計算ソフトウェアを開発・販売するリーディングカンパニーです。世界中の数学者・物理学者・エンジニア・設計者に愛用され、同社のフラッグシップ製品であるSTEMコンピューティング・プラットフォーム「Maple」をはじめとして、数理技術を基本とした様々な技術計算製品を提供しております。
メイプルソフトの計算ソフトウェアは、アライドシグナル、BMW、ボーイング、ダイムラー・クライスラー、ドリームワークス、フォード、GE、ヒューレット・パッカード、ルーセント・テクノロジー、モトローラ、レイセオン、ロバート・ボッシュ、タイコ エレクトロニクスそしてトヨタ自動車など一般企業をはじめ、MIT、スタンフォード大学、オックスフォード大学、NASA、カナダ・エネルギー省などの先端的研究機関において教育や研究目的で利用されております。
メイプルソフトに関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

サイバネットについて
サイバネットシステム株式会社は、 科学技術計算分野、 特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、 電気機器、 輸送用機器、 機械、 精密機器、 医療、 教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、 教育サービス、 技術サポート、 コンサルティング等を提供しております。 具体的には、 構造解析、 射出成形解析、 音響解析、 機構解析、 制御系解析、 通信システム解析、 信号処理、 光学設計、 照明解析、 電子回路設計、 汎用可視化処理、 医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、 様々な顧客ニーズに対応しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、 下記Web サイトをご覧ください。
リンク

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、 「ものづくり」における研究・開発時に、 従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。 試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、 様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、 試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

---------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ サイバネットシステム株式会社
---------------------------------------------------------------
■ 内容について
CAE第2事業本部 システムCAE事業部
プロダクトソリューション部 営業グループ/岩ヶ谷
TEL:03-5297-3299 E-MAIL: infomaple@cybernet.co.jp

■ 報道の方は
営業推進部/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL: prdreq@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事