logo

日本在住の日本人として、初めてのマスター・オブ・ワイン(MW)大橋 健一MWがブランドコンサルタントに就任

キリン株式会社 2017年01月18日 13時30分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 横山清)は、英国に拠点を置くマスター・オブ・ワイン協会が認定する、ワイン業界において最も名声の高い資格とされるMWに2015年に合格した大橋健一氏をブランドコンサルタントとして迎えます。

日本におけるワインの消費量は他の酒類と比較して少ないものの、日常的にワインを楽しむお客さまが増えてきており、市場は堅調に推移しております。一方で、今後のさらなる市場拡大に向けて、お客さまの多様な「飲用シーズ・ニーズ」に合わせた、国・産地・品種といったワインの持つ多種多様な楽しみ方を提案できるよう、大橋氏には「シャトー・メルシャン」、「アルベール・ビショー」の2つのブランドについて、ワイン市場を客観的な立場で分析いただき、その知見を存分に生かしたアドバイス、ご指導をいただく予定です。特に、「シャトー・メルシャン」については、ワインづくりに対する思想に対して深い共感をいただいており、大橋氏のサポートのもと、日本ワインの価値向上とファインワイン市場拡大・活性化を図ります。


●大橋健一MWよりコメント
「日本ワインを今まで牽引してきたメルシャンが、今後も日本のワイン業界のプラットホーム、世界マーケットにおける日本の、そして甲州ワインのプラットホームに立てるお手伝いができることを光栄に思っております。」

●大橋健一MWプロフィール
・日本ソムリエ協会主催1999年度全国ワインアドバイザー選手権で優勝。
・WSET(R)※2の最高学位となるディプロマを取得。
・酒類専門店の株式会社山仁(本社・栃木県宇都宮市)を兄弟で経営し、業務用酒販の全国企業となる株式会社サマーソールト(本社・愛知県春日井市)役員も務める。
・コンサルタント会社「レッドブリッジ」も所有。
・ロンドンで開かれるインターナショナル・ワイン・チャレンジ日本酒部門審査のコ・チェアマンも務める。
※2 WSET(R)(Wine & Spirits Education Trust(R)) 世界最大のワイン教育機関

●マスター・オブ・ワイン(MW)とは
マスター・オブ・ワインは英国に拠点を置くマスター・オブ・ワイン協会が認定する、ワイン業界において最も名声の高いとされる資格。既に60年以上の歴史を誇り、その長い歴史を通して現在世界中にはたった354名のマスター・オブ・ワインが存在するのみ。ワイン生産者、ワイン流通関係者、ソムリエ、ワイン・ジャーナリスト、ワイン・ライターなど、実に多種多様な職種から構成され、マスター・オブ・ワインになるということは、世界中における最高のワイン・コミュニティーの中に帰属することを意味する。日本人として、ワイン業界の最難関マスター・オブ・ワインに合格した人は世界中にたった2人のみで、日本在住の日本人マスター・オブ・ワインは大橋健一氏のみ。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。