logo

タレントプール採用支援クラウドのTalentCloud、求職者と企業をタレントプールで直接繋ぐ個人向けレコメンドサービス「TalentCloud for User」をリリース

株式会社タレントクラウド 2017年01月17日 13時00分
From PR TIMES

「いつか」の転職に備え、希望の企業や気になる企業と直接接点を持つことができる日本初の個人向けレコメンドサービス

株式会社タレントクラウド(代表取締役:寺師岳見、本社:東京都千代田区)は、個人向けサービスとして求職者や潜在的な求職者と採用企業を直接繋ぐタレントプールマッチングサービス「TalentCloud for User」( リンク )を2017年1月17日にリリースしました。昨今の人材採用における課題は非常に多く、従来の一過性の転職・就職活動によるミスマッチや大手企業への集中など、様々な課題が浮き彫りになっています。また、人材の流動化や働き方の多様化が進む中、「TalentCloud for User」は、企業と潜在的な求職者のタレントプールマッチングを実現することにより、運やタイミングなどに左右されない将来を見据えた全く新しい転職・就職活動を実現します。



[画像1: リンク ]


【サービスコンセプト】
企業と個人が直接繋がれば、それだけで世界は変わる。「TalentCloud for User」
リンク

「TalentCloud for User」は、日本初の求職者向けレコメンド型タレントプールマッチングサービスです。「TalentCloud for User」に登録した求職者ユーザーに対して、週に数回タレントプールを実施している企業をメールでレコメンドします。
従来の転職・就職サービスとは異なり、ユーザーは自ら企業を探したりする必要はなく、レコメンドされた企業の中で気になる企業を見つけたら、その企業のタレントプールへ簡単に登録して参加する事ができるため、今すぐ転職・就職を考えていない求職者ユーザーでも、将来的にキャリアアップや転職、就職を考えている方であれば誰でもご利用頂けます。

タレントプールとは、企業が現在採用活動をしているしていないに関わらず、その企業に興味を持っている求職者や潜在的な求職者が自身の情報を企業に登録し、企業と継続的に直接コミュニケーションを取ることができる欧米では一般的な採用の仕組みです。エントリーや応募とは異なり、すぐに転職や就職を考えていない潜在的な求職者の方でも自身のキャリアアップなど将来を見据えた活動をすることが出来ます。


【サービス内容】
1.自身の経験やスキルなどの情報を登録、いつでも更新
TalentCloud for Userに登録すると、採用に関する自身の情報を登録します。その情報をもとに企業のタレントプールに簡単に参加する事ができます。情報はマイページでいつでも更新したり新しいスキルや業務経験を追加して、タレントプールに参加している企業にも反映させる事ができます。また、企業に知られたくない情報は事前に非公開に設定しておくことも可能です。

2.レコメンド形式で企業とのサプライズ的な出会いを
TalentCloud for Userは、求職者ユーザーが自ら企業を検索したり、毎日サイトに訪れて新着企業をチェックする必要はありません。求職者ユーザーにはタレントプールを実施している企業が週に数回レコメンドされるので、その中から興味を持った企業のタレントプールに参加するだけです。レコメンド形式に特化したサービスのため、全く知らなかったり、求人サイトなどの検索では見つからなかった素晴らしい企業とのサプライズ的な出会いも起こりえます。

3.転職希望時期を一斉通知。スピーディーな転職活動が可能に
TalentCloud for Userは、自身の転職希望時期を設定し簡単に変更する事ができます。今すぐ転職を考えていない場合でも、複数の企業のタレントプールに参加しておけば、いざ転職を考えた時に転職希望時期を変更するだけでその情報がタレントプールに参加している企業に一斉に通知されます。また、学生の場合は自身の卒業予定年度を設定する事ができます。

4.メッセージ機能で企業担当者とのやり取りも気軽に簡単に
TalentCloud for Userは、タレントプールに登録している企業の採用担当者とのメッセージ機能を備えています。メッセージ機能はチャット形式のUIになっており、スマホアプリなどで使い慣れた求職者ユーザーが気軽にやり取りが出来る設計になっています。


【利用料金】
無料:「TalentCloud for User」の全ての個人向け機能は一切費用が掛かることなく利用できます。
※企業向けのサービス「TalentCloud」は、月額2万円からご利用頂けます。

【市場】
日本の人材サービス関連の市場は約8兆円とも言われている巨大市場ですが、ここ数年の売り手市場による人材不足、今後の景気回復を見込んだ採用活動の拡大などにより市場は安定的に上方傾向に推移しています。日本では2015年がHRテクノロジー元年と言われ、クラウド型の採用支援ツールや採用管理システム、採用関連サービスの開発やリリースが盛んになっています。

【背景】
現在の日本の人材採用市場は売り手市場と言われ、企業の採用活動が非常に難しく良い人材の確保が困難になってきています。逆に求職者は給与や待遇面などが好条件の企業に就職できる確率が高まりましたが、やりたい仕事、職場の環境、自身の将来像と就職した企業の方針が合わないミスマッチが浮き彫りになってきています。「TalentCloud for User」は、企業と求職者がタレントプールで長期的な関係を構築し、相互理解が進む中で転職・就職活動を行うというミスマッチが起こらない仕組みを提供し、企業と求職者の人材採用における両者の課題を解決したいと考えております。

【今後予定している展開】
2017年2月中を目途に、「TalentCloud for User」に登録している求職者の情報と企業の採用情報を高度に分析アルゴリズム化を行い、求職者と企業、両者の希望に合ったレコメンドができるようマッチング精度を高めて参ります。また、2017年中を目途にスマートフォンアプリをリリースし、求職者ユーザーにとってより使いやすく、全く新しい転職・就職の体験が出来るサービスに成長して行きます。

[画像2: リンク ]


【会社概要】
商号:株式会社タレントクラウド
主な事業内容:採用支援ツール「TalentCloud」の開発・提供
設立:2016年5月
資本金:100万円
ホームページ:リンク

【本件に関するお問合せ先】
株式会社タレントクラウド
担当:寺師
電話:03-4577-8020
メールアドレス:contact@talentcloud.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。