logo

NetApp FASシリーズ、他メーカー保守切れにオンサイト保守・障害予防のご提案

OracleSun、NetApp、Cisco機器のハードウェア保守

メーカー保守切れ機器(SunFire T2000×4台、NetApp FAS270×2台、FAS2050×1台、Cisco 2960G×2台)に対して平日9-17時オンサイト保守、24×365オンサイト保守のご提案

お客様業態:金融業
売上高:400億円以上
対象機器:SunFire T2000×4台、NetApp FAS270×2台、FAS2050×1台、Cisco 2960G×2台
保守形態:平日9-17時オンサイト保守、24×365オンサイト保守

【お問合せの経緯】
NetAppとOracle SunサーバーのEOSL保守について、他社と契約中でしたが、
サービス対応の面で、要求を十分に満たしていないとの事でデータライブにご相談を頂きました。

具体的には、NetAppのコントローラに不具合が発生し、現在の保守契約をしている会社へ修理依頼を行ったところ、契約範囲では障害と特定できず、別料金での修理することになってしまったとの事。

【お客様の懸念事項】
まず、データライブにNetApp FASシリーズやOracleSun SunFireシリーズのEOSL保守対応実績があるのかどうか。
また、現在契約している会社と障害予防の対応内容を比較して、要求するサービスをしてもらえるのかどうか
を懸念されていました。

【データライブの対応】
データライブには、保守対象機器となるNetApp FASシリーズやOracleSun SunFireシリーズの実績が十分にある事や、障害予防の観点でも、必要に応じて柔軟な対応を行っている事をご説明させて頂き、サービスを準備させていただきました。

このようにデータライブでは、要求事項に応じてサービスを柔軟にカスタマイズすることや、
定期点検保守サービスなどの障害予防のオプションサービスもご用意しています。

是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事