logo

日本で最も多くの大学生が参加する海外インターンシップ「海外ビジネス武者修行プログラム」

旅武者 2016年12月16日 14時30分
From PR TIMES

2016年の年間参加者が560名を突破

若手人材向けにビジネス研修を提供する株式会社旅武者(本社:東京都新宿区、代表取締役:山口 和也)が企画・運営を行う、ベトナムでの2週間の実践型海外ビジネスインターンシップ「海外ビジネス武者修行プログラム」が、2016年の春期・夏期・年末の開催で、560名の大学生が参加することとなりました。2013年の創業以来、着実に規模を拡大し、創業以来4年間通算での累計参加者は740名となります。



[画像1: リンク ]



【海外ビジネス武者修行プログラムの3つの特徴 -他社との違い- 】
1.参加者の「変態(=人間的成長)」にフルコミットする専任の人材育成プロフェッショナルを採用
就労体験を提供する一般的なインターンシップを担当するのは業務のプロであっても、人材育成のプロではないことがほとんどです。海外ビジネス武者修行プログラムは、企業向けにビジネス研修や組織開発ワークショップを提供するプロの「ファシリテーター」が常駐し、マーケティングやチームビルディングに関するレクチャーを行うほか、参加者個々の目標、現状課題、実践に責任をもってメンタリングを行います。

2.商品企画から販売まで参加者自身で完遂し、ビジネス貢献度でフィードバックする超実践カリキュラム
企画提案の作成がゴールではなく、実際に観光客への英語でのインタビュー、在ベトナム事業者との提携交渉、商品の製造、店舗の集客、接客・販売といった業務を自身で最後まで遂行するカリキュラムとなっています。評価の良し悪しは金額ベースの収益性はもちろん、仮説検証のためにどれだけ行動したか、期間終了後も現地スタッフのみで継続実施可能な仕組みを作っているか、といった「継続的な事業成長」への貢献度に対するフィードバックを行います。

3.現地直営店舗を活用した実ビジネス環境
多数の参加者に深い業務実践機会を提供できるのは、現地法人として”Tabimusha Vietnam”を設立し、参加者と従業員が共同作業を行うことができる直営店舗体制を整えているからです。参加者には企画実施予算の申請や金銭授受も含め、現地法人スタッフと同様の業務執行の責任と権限を持つ、という実ビジネス同様の状況下で活動を行います。

【海外ビジネス武者修行プログラムについて】
(1)数字で見る海外ビジネス武者修行プログラム

[画像2: リンク ]


(2)4分でわかる海外ビジネス武者修行プログラム
海外ビジネス武者修行プログラムに参加する大学生の様子をまとめた動画を用意しています。
[動画: リンク ]



(3)今後のプログラムの参加者受付状況(2016年12月14日現在)
■2016年年末の開催スケジュール


[画像3: リンク ]

■2017年春の開催スケジュール
[画像4: リンク ]



【ベトナム現地取材 プレスツアーのご案内】
ベトナム・ホイアン市において開催する海外ビジネス武者修行プログラムにご興味の報道関係者向けに、現地取材受け入れの用意がございます。ご滞在の折には有意義な時間となるよう、宿泊場所の手配や通訳サポートなど最大限、バックアップ致しますので、気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。

■ご取材頂ける主だったもの (動画・写真・インタビューほか)
・ホイアン市街での大学生による外国人観光客へのアンケート聞き込みの様子
・店舗での大学生とベトナム人スタッフのプロモーション・接客・販売の様子
・中間/最終プレゼンでのベトナム人カントリーヘッド・ファシリテーターからのフィードバックの様子
・代表山口および広報担当者、ベトナム人店舗スタッフ、ファシリテーターへのインタビュー  など

※現地訪問が難しい場合にはご提供可能な動画・写真などをご用意致します

【運営会社プロフィール】

[表: リンク ]



【代表プロフィール】
山口 和也 (やまぐち かずや)
1973年生まれ。早稲田大学大学院ビジネススクール修了(MBA)。
日本企業から米国企業に転職をした際、グローバルを舞台に仕事をする環境において、自身を含めて日本人のビジネスパーソンが世界で最弱だということを痛感。加えて、安易な企業や職種の選択によって、キャリアのアンマッチを起こす事例が頻繁に叫ばれる日本社会において、社会の構造変化の中でも、リーダーシップを持ち、社会で活躍・貢献できる人財を日本から輩出してかなければならないという問題意識を持つ。
2013年、早稲田大学ビジネススクール在学中に、これまで培ったグローバル経験を活かして「海外ビジネス武者修行プログラム」を立ち上げ、通算740名の大学生向けに提供。大学生向けアジア新興国インターン事業において、年間参加者数、通算参加者数において実績日本一となる(当社調べ)。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。