logo

【民泊】【100万円/月額のコストカット】民泊管理ツール「Syn.m2m」提供開始。期間限定で2週間無料導入のご提供も!※

matsuri technologies株式会社 2016年12月15日 15時32分
From PR TIMES

【※「PR Timesを見た」で先着30事業者様に2週間無料導入をご提供】

matsuri technologies株式会社(マツリテクノロジーズ 本社:豊島区高田馬場 代表取締役 吉田圭汰)(リンク)は2016年12月15日(木)より大規模に民泊事業を営むホスト(物件提供者)とゲスト(旅客)とのメッセージのやりとりが効率化するシステム、「syn.m2m」(リンク)をリリースいたしました。



[画像1: リンク ]

Syn.m2m詳細ページ
リンク
無料導入はこちらから
リンク


今回、β版が大変ご好評だったため、ご契約の際に「PR Timesを見た」と伝えていただいた先着30事業者様に「Syn.m2m(シンエムツーエム)」をサポート付きで2週間の無料導入をさせていただきます。

◆概要

[画像2: リンク ]




複数アカウントをウェブ上で一括返信、一括管理

Syn.m2mは、複数airbnbアカウントをウェブサイト上に登録することで、ゲストから来たメッセージをウェブサイト上で一括で返信できるシステムです。

このシステムにより、従来、複数アカウントにログイン、ログアウトを繰り返しながらゲストとやり取りをしていた手間をなくすることができるようになります。

[画像3: リンク ]


【主要機能】


予約承認の自動化


事前承認リクエストも自動で承認可能。期限切れのゲストに対しても追加で事前承認をするので見込み客を逃しません。
→スムーズに予約にまで誘導をすることで、稼働率アップ。

[画像4: リンク ]




自動メッセージ機能


あらかじめ登録した定型文を特定のタイミングでゲストに送信する機能です。
→トラブルの発生数を減らすことが可能になります。


[画像5: リンク ]




テンプレートでの返信


ゲストからのよくある質問にあわせて定型文を登録可能。
例:各物件ごとのハウスルールをテンプレート化すれば30秒で送信可能に。
→文章入力の手間を省き、返信速度を効率化いたします。


[画像6: リンク ]



返信画面上でのリスティング情報を表示


airbnb上のリスティング情報を自動表示、返信画面に表示させることで大事な情報をいつでも参照。
→エクセルなど外部ファイルを参照することなく、より効率的な返信を可能に。

[画像7: リンク ]

このように複数のアカウントを管理するairbnbホスト様への便利な機能を取り揃えております。

◆導入先での効果
【150物件保有の東京の代行会社様】
返信原価を1物件4000円程度まで落とすことができるようになり、約150万円/月のコストカットを実現。また管理する人間の人数が減ったため、管理コストも間接的に削減

【30物件保有の京都の個人のお客様】
Gmail管理での運用で、返信し忘れや物件の行き方の送り忘れなどが多発していたが、導入後は上記の問題の発生数が0に。
※「Syn.m2m」の旧バージョン製品、「airm2m レンディング」での効果となっています。

その他合わせて約800件の物件でお客様に先行導入を開始させていただいております。


◆弊社メッセージ代行サービス「airm2m」での実績
弊社メッセージ代行をしている200物件において、1カ月に処理しなくてはいけない英語のメッセージの数は18,000件にものぼります。

従来は9:00~24:00で、担当者が2人で返信しておりましたが、1メッセージにつき平均5分での返信でした。しかし、「Syn.m2m」の導入により、2倍の返信効率化に成功、約2分30秒での返信を可能にしました。

その結果、返信コストを増やすことなく物件数を維持することが可能となっております。
今後も引き続き、ホスト様の声を取り入れつつ、より幅広くairbnbの運用を効率化できる機能を追加していく予定です。

ぜひ、この機会に弊社新システム、「Syn.m2m」をお試しください。
詳細ページ
リンク
無料導入はこちらから
リンク

【会社概要】
会社名:matsuri technologies株式会社
代表者:吉田圭汰
問い合わせ: info@matsuri-tech.com
電話番号:03-5927-1400
URL: リンク
住所:171-0033 東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル3F

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事