logo

ミラルがアブダビ、ヤス島のシーワールド開発計画を発表

Miral Asset Management 2016年12月14日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

ミラルがアブダビ、ヤス島のシーワールド開発計画を発表

AsiaNet 66873

ミラルがアブダビ、ヤス島のシーワールド開発計画を発表

ミラルは、シーワールドと共同で2022年までに海洋生物をテーマとした次世代パーク体験とUAE初の海洋生物研究・救済・回復・復帰センター(Marine Life Research, Rescue, Rehabilitation and Return Center)を開設

アブダビ(アラブ首長国連邦)、2016年12月14日:ミラル(Miral)とシーワールド・エンターテインメント(SeaWorld Entertainment, Inc、ニューヨーク証券取引所:SEAS)(以下「シーワールド」)は本日、両社が提携し、この種で初となる海洋生物のテーマパーク、シーワールド・アブダビ(SeaWorld Abu Dhabi)をヤス島に開発することを発表しました。この次世代型のシーワールド・アブダビには、現地の海洋生物の飼育と保護のための世界レベルの施設と資金を備えたアラブ首長国連邦(以下「UAE」)で初の海洋生物研究・救済・回復・復帰センターも設置されます。シーワールド・アブダビは、初めてのシャチのいないシーワールドであり、間近での動物体験、巨大アトラクション、世界レベルの水族館を統合して最新技術で来場者のエンゲージメントをもたらします。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください:
リンク

提携により、ヤス島の観光地開発に関するミラルの専門知識とシーワールドの50年以上にわたるテーマパーク、獣医学、海洋科学、動物学の実務および経験と統合します。

ミラル会長のモハメド・カリファ・アル・ムバラク閣下は、「アブダビは、文化、遺産、独自のレジャー体験を魅力あふれる一つの提案にまとめることで、内外の旅行者の観光目的地の第一候補になりつつあります。シーワールド・アブダビが世界的な観光目的地としてのヤス島の地位をより強化します」と述べました。

「今回の発表は、観光を中心の一つとする持続可能で多様な経済を築くという首長国の野望を反映しています。アブダビは、あらゆる分野において世界レベルのクオリティー、信頼性、革新を認められる新しい観光目的地に転換、開発するという戦略的な2030年の展望を実現する持続可能な連携を引き続き築いていきます」

シーワールド社長兼最高経営責任者のジョエル・マンビーは、次のように述べました。「アブダビで実行する計画に携わり、磨きをかけ、着想を与える次世代型シーワールドを設計するこの時に、わが社初の国際的拡大およびミラルとの提携を発表できて光栄です。この新しいパークは、海洋生物の飼育と保護に重点を置いた研究・救済・回復・復帰の専用施設と併設され、50年以上にわたるシーワールドの海洋生物救済の遺産を継続します。本プロジェクトは、それぞれの種が地域独自の海洋環境にどのようにして適応してきたかを共同研究して、いっそう理解し、次世代の来場者、保護活動家、動物飼育専門家らに着想を与える機会を提供します」

ヤス島のシーワールド・アブダビ研究・救済・回復・復帰センターは、内外の研究者、科学者、海洋保護活動家が地域の海洋生物生息地や状況をより理解し、そこから学べるような最新の環境を提供する国内ではこの種で初の施設です。海洋生物テーマパークに先立ってオープンが予定されている同施設は、海洋生物科学の専門知識を身に付け、強化しようと目指すUAEの国民・住民にとって重要な情報源となり、内外の環境団体およびプロジェクトとの連携の拠点となります。

ミラルCEOのモハメド・アブダラ・アル・ザアビは、次のように述べました。「シーワールド・アブダビは、わが社のアトラクションのポートフォリオを補完し、来場者にとって最もユニークで刺激的な目的地であるヤス島を豊かにする、地域の独自プロジェクトです。ユニークで刺激的な目的地の開発業者としては、シーワールドと共同で次世代型海洋生物テーマパークを設計するという大胆かつ野心的な機会を得ました。ミラルは、ユニークで誰もが夢中になれる刺激的な体験を提供する一流の目的地を引き続きヤス島に開発、建設します」

シーワールド・アブダビが加わることで、ミラルのヤス島における目的地のポートフォリオは拡大し、2022年までに来場者数は4800万人に倍増する予定です。この成長計画は、ユニークなアトラクションと世界レベルの観光基盤を備えた世界的な観光拠点としての首長国を確立するというアブダビの計画の一部です。

シーワールド・アブダビは、2022年にオープンが予定されており、フェラーリ・ワールド・アブダビ(Ferrari World Abu Dhabi)、ヤス・ウォーターワールド(Yas Waterworld)、そして先ごろ発表された2018年オープンのワーナーブラザーズ・ワールド・アブダビ(Warner Bros. World Abu Dhabi)とクライム(Clymb)の4つのテーマパークというヤス島におけるミラルの目的地ポートフォリオを補完するものとなります。ヤス島はまた、ヤス・マリーナ・サーキット(Yas Marina Circuit)、7つのホテル、年間を通しての様々なイベント、ライブパフォーマンスとコンサート用のアリーナ、18ホールの試合用ゴルフコース、マリーナ、ビーチ、人気上昇中のショッピングエリアであるヤスモールなど幅広いスポーツ・娯楽体験を提供します。

ミラルについて
ミラルは、ユニークでイマーシブ、エキサイティングな体験を通して人と場所をつなぐ、アブダビの観光地のクリエイターです。ヤス島の開発と振興の責任のあるミラルの資産は、娯楽、もてなし、レジャー、スポーツ、食事、小売り、不動産など多岐にわたります。今日では、ヤス島にはフェラーリ・ワールド・アブダビ、ヤス・ウォーターワールド、ヤス・リンクス・ゴルフコース、ヤスモール、ヤス・マリーナ・サーキット、ヤス・マリーナのほか、フラッグシップホテルのヤス・ヴァイスロイ等、7つのホテルがあります。詳細は、リンク をご覧ください。

シーワールド・エンターテインメント(SeaWorld Entertainment, Inc.)について

シーワールド・エンターテインメント(ニューヨーク証券取引所:SEAS)は、貴重な体験を提供し、ゲストに世界の動物と野生の奇跡を保護する気持を促す、テーマパークと娯楽のリーディングカンパニーです。同社は世界有数の動物学の組織であり、動物福祉、訓練、畜産、獣医医療における世界的リーダーです。病気やけがを負ったり、親を亡くしたり捨てられた海洋および陸生の動物たちを、野生に返すことを目標として救済し回復させています。シーワールド・エンターテインメントは、シーワールド、ブッシュ・ガーデンズ(Busch Gardens)(R)、シーレスキュー(Sea Rescue)(R)など有名ブランドのポートフォリオを所有、またはライセンス供与しています。その50年以上の歴史の中で、同社は米国に12の観光目的地と地域のテーマパークという多彩なポートフォリオを構築しました。同社のテーマパークには、ゲストの思い出に残る体験と価値ある提案で幅広い年齢層に訴えかける様々な乗り物、ショー、その他アトラクションがあります。シーワールド・エンターテインメントに関する詳細情報は、リンク からオンラインでご覧になれます。

メデイア問合せ先:

Aimee Jeansonne Becka
SeaWorld Corporate Communications
Aimee.Jeansonne-Becka@SeaWorld.com
1.407.226.5258

Ghaith Nazzal
communications@miral.ae
+971.50.611.7930

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。