logo

ゾウやトラがいなくなる?消えゆく動物たちの物語

「絶滅動物園」とブラザーがコラボレーション

ブラザー工業は、環境スペシャルサイト「Brother Earth」において「絶滅動物園」プロジェクトとコラボレーションし、絶滅の危機に瀕する動物たちの物語を紹介する。



[画像1: リンク ]

絶滅動物園×Brother Earth~私たちが知らない物語~
リンク

「絶滅動物園」は、絶滅種および絶滅危惧種の動物たちを、架空の「絶滅動物園」というコンテンツとして紹介する佐々木シュウジ氏らのプロジェクト。2015年から、「東山絶滅動物園」という絶滅危惧種の動物をテーマにした写真集を刊行したり、動物園などでの講座を開催したりしている。
ブラザーでは「Brother Earth」という環境スローガンを掲げ、海洋生物の保護や熱帯雨林の保全など、世界各国での環境保全活動に取り組んでいる。親しみやすい動物たちの知られざるエピソードを通し、環境について考えるきっかけ作りができれば、との思いから今回のコラボレーションに至った。
[画像2: リンク ]

今回公開されたコンテンツに登場するのは、ゾウ、トラ、カバ、サイなど、動物園の人気者として広く親しまれている動物たち。STORY1では工業化や戦争など人間の都合で棲家を追われる動物たちの物語を、STORY2では人間の趣味嗜好のために命を奪われる動物たちの物語を紹介している。STORY3以降も順次公開される予定だ。哀しげにも見える彼らの瞳はどんな思いでこちらを見つめているのだろうか。

[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。