logo

KPMGコンサルティング、『グローバル法規制リスク管理支援サービス』を開始

KPMGジャパンのメンバーファームであるKPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森 俊哉、以下:KPMGコンサルティング)は、グローバルに展開する日本企業が直面する法規制リスク・コンプライアンスリスクに対応するために、従来から提供しているグローバルなコンプライアンスプログラムの展開支援に加え、法務部門・コンプライアンス部門における組織や業務プロセス設計、地域統括会社等への機能配置、危機発生時の対応支援等のアドバイザリーサービスの提供を開始します。この業務の提供に際しては個々の法令遵守に係る支援・助言を担う外部の弁護士・リーガルファームとも積極的に連携していきます。

【背景】

日本企業の海外進出支援ニーズの拡大:
日本国内の市場縮小傾向等に伴い、日本企業のグローバル展開はますます進んでいます。当然ながら、各企業においては、進出先国・地域の法規制への対応が必須です。さらに、世界的に、各国・地域当局による贈収賄規制や競争法・独占禁止法に基づく摘発を強化する傾向がみられます。また、著しい技術革新、事業上の付加価値の源泉や個人の権利意識の変化等を背景とする、情報管理に係る法規制の強化・変更等における世界的な潮流もあり、法規制リスク・コンプライアンスリスクは、その質と量の両面において変化し続けています。

法務機能・コンプライアンス機能のカバーエリアの拡大:
その一方、事業の展開スピードにコーポレート・管理部門の整備・運用が追い付いていない企業も多くみられます。特に、法務部門またはコンプライアンス部門の機能は、その傾向が顕著であり、海外現地法人のみならず、日本の子会社においても整備・運用を徹底しきれていない事例も少なくありません。加えて、法務機能・コンプライアンス機能として定義される業務範囲は、多くの企業で日本国内向けの契約書チェック業務にとどまるなど、いまだに限定的であり、企業が抱えているリスクに対して、十分に応える態勢が充分ではありません。

【提供サービスの概要】

上述の課題への対応を支援するべく、KPMGコンサルティングは、以下のサービスの提供を開始します。

 ・グループ法務部門・グループコンプライアンス部門の機能・管理態勢の現状評価
 ・法規制リスク・コンプライアンスリスクに対応する業務・組織設計支援
 ・海外地域統括会社による法務部門・コンプライアンス部門の機能整備支援
 ・法規制リスク・コンプライアンスリスクに係るモニタリング支援
 ・法規制リスク・コンプライアンスリスク発現時に備えたクライシスマネジメント態勢の整備・運用支援
 ・法規制リスク・コンプライアンスリスク発現時の対応に係るPMO支援
 ・法規制リスク・コンプライアンスリスク対応のための文書管理支援

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのナレッジアセットの活用に加え、外部の弁護士等の専門家や有力企業の法務部門・コンプライアンス部門等とも協議し、当該領域のベストプラクティスや先進的アプローチの研究を進めてきました。本サービスは、そのような研究と協力体制を背景に、法規制リスク・コンプライアンスリスク及びグループガバナンスやバックオフィス改革に係る専門性を有するプロフェッショナルを集結し、外部の弁護士とも連携した上で、最適なチーム編成の下で提供して参ります。また、世界各国・地域の法規制や実務慣行等にかかる最新情報を活用するため、引き続きKPMGの海外メンバーファームとも積極的に協業・連携していきます。

法規制リスク・コンプライアンスリスクへの対応に不安を持つ企業を対象に、10名体制で当サービスを開始し、初年度の売上は3億円を予定しています。


KPMGインターナショナルについて
KPMGは、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークです。世界155ヵ国のメンバーファームに174,000名以上の人員を擁し、サービスを提供しています。KPMGネットワークに属する独立した個々のメンバーファームは、スイスの組織体であるKPMG International Cooperative(“KPMGインターナショナル”)に加盟しています。KPMGの各メンバーファームは、法律上独立した別の組織体です。

KPMGジャパンについて
KPMGジャパンは、KPMGインターナショナルの日本におけるメンバーファームの総称であり、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野にわたる7つのプロフェッショナルファームによって構成されています。クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門的知識やスキルを活かして連携し、またKPMGのグローバルネットワークも活用しながら、価値あるサービスを提供しています。日本におけるメンバーファームは以下のとおりです。
有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社KPMG FAS、KPMGあずさサステナビリティ株式会社、KPMGヘルスケアジャパン株式会社、KPMG社会保険労務士法人

KPMGコンサルティングについて
KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクター等のインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。


本サービスに関するお問い合わせ先
KPMGコンサルティング株式会社
法規制・コンプライアンスアドバイザリー
担当:水戸
e-mail:kc@jp.kpmg.com
代表電話番号:03-3548-5307

本ニュースリリースについてのお問合せ先
KPMGコンサルティング株式会社
マーケティング担当:田口
e-mail: kc@jp.kpmg.com
代表電話番号:03-3548-5307

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事