logo

日本と韓国への旅行者に朗報  Transatel DataSIM を使えば、ネット接続を継続できます!

Transatel DataSIM 2016年11月29日 17時51分
From 共同通信PRワイヤー

日本と韓国への旅行者に朗報  Transatel DataSIM を使えば、ネット接続を継続できます!

AsiaNet 66687

報道関係者各位

2016年11月28日 パリ

日本と韓国への旅行者に朗報
Transatel DataSIM を使えば、ネット接続を継続できます!


パリ
Transatel DataSIM は、通信サービスエリア(注1)内に合計で80か所の目的地を設けて、高速に拡大しつつあるそのフットプリントに、この度、日本と韓国を追加しました。現在、これらは、一定のコスト削減バンドルを提供するために、地域ごとに最適な形で組織されています。例えば、アジア16か国に対して、アジアバンドルは1GBを39ユーロにて提供いたします。
Logo - リンク
長年、現地のデータSIMカードに登録する多くの旅行者は、厳しい規制や行政的なハードルに直面するのが実情でした。しかし、Transatel DataSIM の革新的なサービスにより、旅行者は、ストレスを感じることなく、到着直後から全滞在期間中、現地のデータ条件の適用を享受しながら接続することができるようになります。旅行者は、1つのSIMカードで、日本のKDDIネットワークから、たったのEUR 0.038/MBでインターネット接続を利用でき、韓国のSKテレコムネットワークからはEUR 0.083/MB で利用することができます。

(注1)データ通信可能エリア: オーストリア、アゾレス諸島、バレアレス諸島、ベラルーシ、ベルギー、ブルガリア、カナリア諸島(一部)、クロアチア、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マデイラ諸島、マルタ、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、セルビア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、ウクライナ、ブルネイ、カンボジア、香港、インド、イラン、日本、カザフスタン、マカオ、マレーシア、モンゴル、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム、アルジェリア、エジプト、コートジボワール、イスラエル、マダガスカル、トルコ、アラスカ、ブラジル、カナダ、ハワイ、メキシコ、プエルトリコ、米国、米領バージン諸島、仏領ギアナ、グアドループ、マルティニク、レ・サント諸島、サン・マルタン、シント・マールテン、サン・バルテミー島、ニュージーランド、パプアニューギニア、ソロモン諸島

日本と韓国へのスマートトラベルとは、ネット接続を維持するための最良の解決策を見つけ出すこと。
日本と韓国は、現地のSIMカード購入に関しては、厄介な国々となることがあります。手持ちの国外デバイスをネットワークに追加するにあたって、旅行者は、延々と続く事務書類や申請用紙の記入手続きに直面します。しかし、KDDIおよびSKテレコムと提携しているTransatel DataSIMを使えば、これらの旅行者や観光客は、ストレスを感じることなく、1つのSIMカードで現地料金の適用を受け、ネットワーク接続の自由を楽しむことが可能になります。Transatelのプリペイド・グローバルSIMカードは、最後のご利用から18カ月後に使用期限切れとなります。また、将来の旅行のために、カスタマーウェブアプリから簡単にチャージすることができます。このSIMカードはwww.transatel-datasim.comから購入可能なうえ、追加料金なしで、世界中にお届けいたしますので、旅立ちの準備が直ちに整います。
Transatelの 最高経営責任者であるジャック・ボニファイは、「私たちは、あらゆる場所の旅行者に革新的なソリューションを提供できることを誇りに思っています。とりわけ、この度は、経済的かつ文化的に重要な日本と韓国の二か国に対してです。ビジネスでもレジャーでも、この二か国を旅する価値は十分にあります。そして、接続性を維持できることは、あらゆる場所へのさらに上質な旅が確実になるということなのです」と述べています。

地域的な旅行のコスト効果を高める新データバンドル
Transatel DataSIM は、最適な形で大陸ごとに分類された、よりお得なバンドルを消費者に提供します。今日までに、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アメリカ、アフリカ、カリブ地域の6つのバンドルパスを提供しており、それぞれ1GBの容量を備えています。日本や韓国の訪問に関心のある人々は、アジアバンドル(注2)内のシンガポール、香港、台湾、マレーシア、その他10か国へのアクセスも利用可能であるため、アジア旅行の継続にも有用です。



(注2)アジアバンドルに含まれる地域:日本、韓国、ブルネイ、カンボジア、香港、インド、イラン、カザフスタン、マカオ、マレーシア、モンゴル、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム

Transatel’s DataSIMカードの仕組み

SIMスロットを搭載したあらゆるラップトップやタブレットに挿入するだけでお使いいただけます。このプリペイドのデータSIMカードは無料で国際的に配達され、それを使って、旅行者は世界中の永続的インターネット接続を利用することができ、しかも、その際には現地の料金が適用されます。
SIMカード用スロット搭載のラップトップやタブレットをお持ちでない旅行者に対しては、Transatelは、その代わりとしてWi-Fiのホットスポットを提供いたします。SIMカードに適合するように事前設定されたホットスポットを注文すると、それが配達されます。このホットスポットは、最多10個までの個別のディバイスで、インターネットアクセスを同時にシェアすることが可能です。これは、家族や友人、同僚との旅行の際に、Eメールのチェック、ネットサーフィン、ナビゲーションや動画のストリーミングのためのモバイルアプリの利用、ソーシャルメディアでのコミュニケーション、自宅やオフィスへの動画や写真の送信などを行うための理想的なソリューションです。

さらなる情報は、当社の新ウェブサイトwww.transatel-datasim.com にて、ご覧ください。

Transatelについて

過去15年間、Transatelはテクニカルプラットフォームや関連サービスを通して、携帯電話通信やデータ接続性の市場参与者の多様性を手助けするソリューションを提供しています。当社は、サードパーティとして活動し、多様なビジネスモデルに適合しながら、企業間取引におけるモバイルサービスのエネイブラー(モバイル・ビジュアルネットワーク・エネイブラー(MVNE))として、または、企業対消費者間取引の小売業において、モバイルオペレーター(モバイル・ビジュアルネットワーク・オペレーター(MVNO))としての位置を占めています。Transatelの5つの専門分野(MVNO、MVNE/A、マシンツーマシン、埋め込み接続性、および、マルチローカルデータ接続性)は、現在、170万個以上のSIMカードにデータ接続を提供しながら、幅広い通信時間の提供サービスに取り組んでいます。総利益の70%以上が国外で生み出され、フランス、イギリス、ベルギー、ルクセンブルグ、スイス、オランダ、米国に事業所を設立している総勢180人規模の企業です。


プレスお問い合わせ先(A+ コンサルタント)

Christelle ALAMICHEL 
christelle@aplusconseils.com
+33 (0)1 47 27 00 14
+33 (0)6 31 09 03 83

ジャックボニフェイは、11月28日から2016年11月30日に日本国内にあり、お会いできて幸せになります。
これは、任意の面接のためにあなたのために利用可能です。

ジャック・ボニフェイ
Transatelの最高経営責任者(CEO)
33664422290

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。