logo

霧島市の黒食材が一堂に!「霧島BLACK」を東京と大阪で開催~食を通じて霧島市の魅力をアピール~

鹿児島県 霧島市 2016年11月28日 16時59分
From 共同通信PRワイヤー

2016年11月28日

鹿児島県霧島市

<イベント事後レポート>
霧島市の黒食材が一堂に!
AWkitchen(エーダブリューキッチン)オーナーシェフ渡邉明
×シニア野菜ソムリエ西村有加コラボイベント
“スゴベジ“スペシャルランチセミナー「霧島BLACK」を
東京と大阪で開催
食を通じて霧島市の魅力をアピール

  鹿児島県霧島市は、AWkitchenで行われているランチイベント“スゴベジ”に協賛し、11月26日(土)AWkitchen TOKYO 新丸ビル店、11月27日(日)AWkitchen OSAKA あべのハルカス店にて、スペシャルランチセミナー「霧島BLACK」を実施しました。
“スゴベジ”とは「スゴいベジタブル」の略称で、AWkitchenオーナーシェフ・渡邉明さんと、「野菜でキレイ・プロジェクト」主宰/シニア野菜ソムリエの西村有加さんとのコラボレーション企画で、野菜の知られざるチカラを伝えるイベントです。毎回セミナー形式で開催され、参加者はテーマに沿った料理を楽しみながら、野菜について学ぶことができます。過去29回開催してきましたが※、野菜好きの方々で毎回満員御礼の大人気セミナーです。
※2013年までは「野菜でキレイ・プロジェクト」という名称で開催しておりました。

  今回のテーマは、「霧島BLACK」。開催にあたり、渡邉シェフと西村さん、AWkitchenの料理長が霧島市に赴き、生産者の方々と交流をしながら霧島市の食材を吟味したところ、霧島市は黒にんにく、黒酢、黒豚、黒さつま鶏といった「黒食材」を愛情込めて生産していることを知り、このテーマに決まりました。当日のイベントでは、霧島の「黒食材」の魅力を最大限に引き出したAWkitchenならではのメニューをご提供。渡邉シェフも感動したと言う色とりどりのさつまいもや、今しか食べられない絶品の霧島市の素材を贅沢に使ったメニューでお客様をおもてなししました。また、当日は霧島市より前田市長をはじめ、生産者の久保竜也さん(小松菜)、地村知之さん(黒酢:坂元醸造)、永峯真一さん(黒にんにく)もイベントに参加し、霧島市の風土から食材に対する熱い思いを“スゴベジ”名物 渡邉シェフと西村さんによる軽快なトークを交えながら、お客様にプレゼンテーションしました。笑いあり、感動あり、美味しさありの3時間。食を通じて霧島市の魅力をお伝えするイベントとなりました。


「霧島BLACK」 メニュー
●えくぼファーム 久保さんの有機小松菜とりんご黒酢のスゴベジスムージー
  霧島市食材:有機小松菜、りんご黒酢
  濃厚な小松菜の味のあとに坂元醸造さんのりんご黒酢の爽快さが口に広がる、飲み口の柔らかいスムージー。
●坂元醸造さんの黒酢で食べる!田代さんの霧島サーモンと大根とみかんのカルパッチョ
  霧島市食材:霧島サーモン、大根、みかん、黒酢
  あっさりとしたコクの霧島サーモンと歯ごたえのある大根を黒酢でスッキリと。黒酢を引き立たせるみかんがアクセント。
●霧島黒豚のベーコンと高橋さんの黄芯白菜のとろとろ煮込み
  霧島市食材:霧島黒豚、黄芯白菜、黒酢
  じっくりと煮て甘みを引き出した黄芯白菜に、自家製の霧島黒豚ベーコンのジューシーなコクがぴったりの一皿。
●久木田さんのカラフルさつまいものニョッキ ヘンタ製茶さんの黒茶のチーズクリーム
  霧島市食材:紅はるか、黄金千貫、紫娘、人参芋、パープルスウィートロード、黒茶
  もっちりとした甘みのあるさつまいものニョッキを、茶葉の入ったチーズクリームで爽やかな後味に。
●黒さつま鶏のロースト エコ・スマイルさんの雑穀と永峯さんの黒にんにくライス
  霧島市食材:黒さつま鶏、雑穀、黒米、黒にんにく、原木しいたけ、黒酢
  弾力のある黒さつま鶏のローストと、鶏もつで作ったアメリカンドッグを甘みのある黒にんにくのペーストで。
●西製茶工場さんの有機抹茶のニューヨークチーズケーキ
  霧島市食材:有機抹茶、焼酎、蔓無源氏、黒酢
  渋みの少ない有機抹茶をふんだんに使ったデザート。チーズケーキには蔓無源氏のスイートポテトを入れ濃厚さをプラス。
●ヘンタ製茶さんのほうじ茶のハーブティー
  霧島食材:ほうじ茶
  濃厚なデザートに合うよう、ローズマリーをプラスした爽やかなほうじ茶。
●霧島ブレッド:黒にんにくのブリオッシュ・人参芋のあんぱん
  霧島食材:黒にんにく、人参芋
 黒にんにくの濃厚な甘みがアクセントのブリオッシュと、人参芋に白味噌を加えただけの砂糖を一切使っていないあんぱん。


イベント実施概要
名 称 : “スゴベジ”スペシャルランチセミナー「霧島BLACK」
日 時 : 東京 2016年11月26日(土) 11:30~14:30
大阪 2016年11月27日(土) 11:30~14:30
会 場 : AWkitchen TOKYO 新丸ビル店、AWkitchen OSAKA あべのハルカス店
内 容 : 霧島市の「黒食材」を使ったスペシャルランチセミナー
参加者: 160名(東京・大阪各会場)
出 演 : AWkitchenオーナーシェフ・渡邉明(わたなべ あきら)さん
   「野菜でキレイ・プロジェクト」主宰/シニア野菜ソムリエ 西村有加(にしむら ゆか)さん
主 催 : 株式会社イートウォーク、野菜でキレイ・プロジェクト
協 賛 : 霧島市


インタビュー

「霧島の豊かな食材は、霧島の大地からの贈り物です。」
AWkitchenオーナーシェフ 渡邉明さん
鹿児島県は海のイメージが強かったのですが、実際に霧島市に行くと霧島山をはじめとした大地のパワーを強く感じました。また霧島山の湧き水も美味しく、そういうところで作られた農作物は素晴らしいものができるのだと実感しました。今回は野菜もさることながら、黒酢とお茶のインパクトが強かったので、すべての料理に黒酢もしくはお茶を絡ませることで、霧島市の魅力を余すことなく表現できたと思っています。

「過酷な環境もすべて受け入れる、その懐の深さが霧島の野菜の魅力です。」
「野菜でキレイ・プロジェクト」主宰/シニア野菜ソムリエ 西村有加さん
今回「霧島BLACK」というテーマでメニューを考えましたが、当初は黒い野菜がなくメニューが成立するか心配でした。しかし、実際に畑へ行ってみると火山灰を使った“黒い土”で育てている野菜たちが多いのに驚き、このテーマで大丈夫だと確信しました。霧島市の生産者さんは、火山灰という過酷な環境も、霧島山の美味しい湧き水もすべてを受け入れています。だから霧島の食材からは、“神のパワーは大地に宿る”と言うように、底知れぬパワーを感じるのかもしれません。

「霧島市は食材の宝庫です、ぜひお越しください!」
霧島市長 前田 終止
今回は食をテーマに霧島市の良さを見事に演出していただいた、本当に素晴らしい会になったと思います。このような形で霧島市の食材を皆さまに美味しく召し上がってもらえたのが本当に嬉しいです。霧島市は、農業だけでなく、観光、商業、そして工業とバランスのとれたまちでもあります。今後もイベントなどを通じて霧島市の魅力を12万7000人の市民で力を合わせながら情報を発信し続け、多くの方々に霧島市を評価していただきつつ、観光そして移住増加へとつなげていきたいと思っています。

「キリシマイスター」について
“褒め合うまち”をコンセプトに、霧島市の人やモノ、すべてを対象に市民みんなでいいところを見つけ、「□□□(笑顔、思いやり、お茶、温泉など)マイスター」と褒めて、その良さをさらに伸ばしていく、霧島市民による霧島市民のための認定制度です。平成28年9月に「キリシマイスター制度」のスタートを宣言するPR動画を配信し、「拡散市内(しない)PR動画」として話題を呼びました。霧島市内に設置されているマイスターカードや公式サイトを使い認定し、霧島市の魅力を市民自ら情報発信を行っています。
「キリシマイスター」公式サイト:リンク 
(PR動画『キリシマイスター THE MOVIE』もこちらのサイトからご覧いただくことができます)






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。