logo

AIによる『将棋自動実況システム』を開発。認識精度90%を達成。

Liaro 2016年11月28日 10時00分
From PR TIMES

株式会社Liaro、将棋の中継映像から画像認識を用いて自動実況をするAIを開発

株式会社Liaro(東京都渋谷区、代表取締役:花田賢人)は、Deep Learningなどの画像認識アルゴリズムを用いたAIによる将棋の自動実況システムを開発いたしました。
今回のシステムはクローズドα版として開発し、21日(月)、22日(火)に行われた将棋のタイトル戦において生放送映像からAIが盤面の認識を行い、90%の精度を達成いたしました。



[画像: リンク ]


■開発の背景
Liaroでは、レコメンデーション・画像認識・自然言語処理などを用いたプロダクトを開発してきました。そうした取り組みの一環として、将棋の自動実況システムの開発をいたしました。

■将棋自動実況システム
本システムでは、対局の生放送映像から画像認識により盤面の状況を認識することで盤面の変化を検知し、変化に応じて自然文を生成することで自動実況を実現しました。今後は、さらなる精度向上と盤面解析などの機能追加を進めるとともに同様の技術を用いたプロダクトの開発を行っていきます。

■外部との連携による研究開発
さらに今後は、これらの技術を活かして外部企業やサービスと連携しAIによる機能向上や業務自動化などのプロダクト開発を積極的に請け負っていきます。
具体的には、以下のようなものを想定しております。
・将棋以外にも映像・スコア情報などからスポーツや災害などの速報自動生成システム
・グラフやログデータからのレポート自動生成システム
・画像認識による類似商品表示システム
・画像認識による嗜好解析エンジン
プロダクトの詳細などについては弊社のホームページからご覧になれます。

この他にも同様の技術を用いたシステムの開発を積極的に行ってまいりますので、開発のご相談などはお気軽にお問い合わせ下さい。

■本件に対する問い合わせ
会社名:株式会社Liaro
所在地:東京都渋谷区道玄坂2−10−12新大宗ビル3号館531号HiveShibuya
代表者:代表取締役 花田 賢人
Email: info@liaro.me
URL:リンク
­­­­­

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事