logo

Honda、Lego、Trigger GlobalがオートモビリティーLAで受賞

Los Angeles Auto Show 2016年11月18日 17時29分
From 共同通信PRワイヤー

Honda、Lego、Trigger GlobalがオートモビリティーLAで受賞

AsiaNet 66593 (1497)

【ロサンゼルス2016年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*多業種間の協業を通じて2050年の交通、輸送を視覚化した「明日のビルダー(Builders of Tomorrow)」構想が2016 Design & Developer Challengeで受賞

*一般人と専門家がオンラインあるいはロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(TM))会場で2016年Design & Developer Challengeの業界選抜賞(Industry Pick)と一般選抜賞(People’s Pick)に投票する

ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R))(リンク )とオートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))(リンク )の開催者は今年のDesign & Developer ChallengeでHonda、Lego、Trigger Globalの自動運転車両の構想が審査委員選抜賞(Judge’s Pick)を受賞したと公表した。この構想は11月16日(水)、ロサンゼルス・オートショーのオートモビリティーLAで世界中から集まったメディアと業界の専門家に向けて発表された。審査委員選抜賞に加え、参加チームには他の2つの栄誉を得る機会が用意されている。「業界選抜賞」では2万人以上のデザイナー、自動車メーカー、ジャーナリストその他の専門家が参加者のコンセプト・ビデオを(リンク )で視聴、チェックし、好みのチームに投票することができる。「一般選抜賞」ではロサンゼルス・オートショー訪問者と世界中のデザインのファンが好きなチームに(リンク )から投票できる機会を提供する。オンライン投票は11月27日まで実施される。

11の自動車メーカー、エンターテインメント、コンシューマーブランドが5つのチームを作り、今年のテーマ「Autonomous Vehicles: A Redefined User Experience for 2050(自動運転車両:2050年の再定義されたユーザー体験」で協力した。現職のデザイナー、ソフトウエア・デベロッパーで構成された各チームは、新世代のパッセンジャーにとってテクノロジー、データ、コネクティビティーの融合が自動車のインテリア/エクステリア・デザインにどのような変革をもたらすか、その潜在力について探求した。今年の受賞チームは2050年の自動運転車両がどのようになるかについて深く掘り下げた。ロサンゼルス近隣に住む子どもたちに向け、Lego Creative Play Lab(Lego創造的遊びの実験場)を開設した。子どもたちには自分自身の自動運転車両をデザインする任務が与えられ、専門家の創造的インスピレーションを刺激する。そこからデザイナーとデベロッパーのグループは、子どもたちの創造力に富んだ作品を自動車の現実的なインテリア/エクステリア・デザインに変えた。

Honda R&D Americasのリッキー・シュー氏は「Trigger、Legoとパートナーを組んだ体験によってチームの創造力が私の予想を大きく超えて広がった。われわれはTriggerによって世界がバーチャルな方向に向かっていることを思い出し、Legoとの協業は自分の2つの手を使って経験する重要性を再確認させてくれた。こうしたことを並列思考し、未来のクライアントの声を聞くことで、われわれはオートモビリティーLAのDesign & Developer Challengeで審査委員選抜賞の栄誉を得た」と述べた。

Honda、Lego、Triggerに加え、今年のDesign & Developer Challengeに参加したチームは以下の通り。
*CH Auto、Creative Mobile
*Crayola、Qoros Auto
*Fandango、Jaunt VR
*Kiska、KTM

各デザイナーとデベロッパーは以下の質問に答えるショートフィルムを作成した。

*ロサンゼルス市が自動運転を受け入れるためにはどのように進化すればよいか
*人々が自動運転車両でどのような体験をすることができるか
*この体験に似たものを実現する車両は何か
*車両および車載体験は人々の生活をどのようにして根本的に変革するか

優勝チームは次の基準によって選抜された。それは美しさと機能、コンセプトの独創性、適応性とカスタム化の可能性、現行テクノロジーの活用、多様モデル輸送システムにおける道路上での車両の立場である。また専門家の審査委員は2016年Design & Developer Challenge審査委員選抜賞の優勝者を選ぶにあたり、ビジネスモデルと、2050年までに市場参入できるコンセプトの実現可能性を考慮に入れる。

Mattel, Incの上級副社長兼Hot Wheelsグローバル・ブランド・ゼネラルマネジャーのクリス・ダウン氏は「Honda、Lego、Trigger Globalは、コンシューマー体験が最も重要である自動運転車両の未来概念を提示し、審査員の全員が感銘を受けた。彼らは、将来的にそのテクノロジーを活用することになる子どもたちからインスピレーションを得た。プレゼンテーションは、2015年のカーオーナーになる人がこれから先を楽しみにできるという楽観的な未来を描いた」と述べた。

今年のDesign & Developer Challenge審査委員は以下の通り。
*クリス・ダウン氏:Mattel, Incの上級副社長兼Hot Wheelsグローバル・ブランド・ゼネラルマネージャー
*ダニー・スティリオン氏:IDEOのパートナー&エグゼクティブ・デザインディレクター
*ガブリエル・シュランバーガー氏:Disney Consumer Products & Interactive Mediaのエグゼクティブディレクター
*ジョン・S・カウチ氏:HuluのUX&デザイン担当副社長
*マーガレット・ビース氏:Volkswagen AGの総合ユーザー体験(Holistic User Experience)担当責任者
*リチャード・タイタス氏:Samsung Research Americaの顧客体験担当上級副社長
*スチュワート・リード氏:アート・センター・カレッジ・オブ・デザインの輸送デザイン学部学部長

Nokia Growth Partners のEIR(Entrepreneur in Residence、駐在起業家)でオートモビリティーLAの諮問委員会メンバー、そして2016年デザイナー&デベロッパー・チャレンジの司会を務めたブライアン・ビニアック氏は「業界の垣根を越えて協力することは未来の自動車産業のあるべき姿だ。オートモビリティーLAにおいて未来のモビリティーについての意見交換をし、そしてこのように力強く独創的な審査委員とチームと共に働けたことを名誉に思っている」と述べた。

オートモビリティーLAは、LAオートショーのコネクテッドカー・エキスポ(Connected Car Expo)とプレス&トレード・デー(Press & Trade Day)が長年かけて新しい自動車産業専用のトレードショーに進化して達成したものである。4日間のイベントには、自動車メーカー、メディア、テクノロジー企業、デザイナー、デベロッパー、スタートアップ、投資家、ディーラー、政府当局者、学者、アナリストなどで構成される全く「新しいモビリティー・エコシステム」が集まった。

The Foundry(リンク )とLacks EnterPrises (リンク )がスポンサーとなる2016年Design & Developer Challengeの参加者はLos Angeles Convention Centerの南ホール・テラスに11月18日から27日まで掲示される。今年のロサンゼルス・オートショーのチケットは laautoshow.comで販売中。今年のDesign & Developer Challengeのビデオも視聴できる。

オートモビリティーLAとロサンゼルス・オートショーの詳しい内容については(リンク )および(リンク )を参照のこと。

▽ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show)およびオートモビリティーLA(AutoMobility LA)について
1907年に始まったロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R))は、毎シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーである。2016年のLAオートショーのプレス&トレード・デーはコネクテッド・カー・エキスポ(CCE)と統合されてオートモビリティーLA(TM)になって登場した。オートモビリティーLAはテクノロジー業界と自動車業界を統合し、輸送の将来を取り巻く喫緊の問題を討議する業界初のトレードショーである。2016年のオートモビリティーLAは11月14日から17日までLos Angeles Convention Centerで開催され、併せてメーカーの新車も披露される。LAオートショーは11月18日から27日まで一般公開される。オートモビリティーLAは新興自動車企業がビジネスを行い、画期的な製品を公開し、世界中から集まるメディアの前で戦略を発表する場でもある。LAオートショーはロサンゼルス大都市圏(Greater L.A.)New Car Dealer Associationの後援を得てANSA Productionsが運営する。最新のショー関連ニュースや情報はLAオートショーのTwitter(リンク )、またはFacebook(リンク )をフォローし、アラート(リンク )に登録を。

オートモビリティーLAの詳細は(リンク )を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Sanaz Marbley/Natalie Hamlin
JMPR Public Relations
+1 (818) 992-4353
smarbley@jmprpublicrelations.com
nhamlin@jmprpublicrelations.com

ソース:Los Angeles Auto Show

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。