logo

2017年版「47都道府県の一番搾り」を発売

キリンビール株式会社 2016年11月17日 21時30分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、2016年に発売し大変好評いただいた全国の47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる「47都道府県の一番搾り」を、2017年の4月から8月にかけて順次発売を開始します。

「47都道府県の一番搾り」は、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、地域で暮らすお客様と一緒になって、地域の魅力を発掘しながらつくりだす、特別な「一番搾り」です。
全国9工場(※3)の醸造長(※4)および全国の支社長が、地域の食・文化・情報などに精通されているお客様と一緒に商品コンセプトやその楽しみ方などを共創し開発しました。

2017年版の「47都道府県の一番搾り」は、好評いただいている地元の気質や風土に合わせた47種類の味覚設計は基本的に継続し、より地域に親しみを持ってもらうため9工場所在県以外の商品名を「一番搾り ○○に乾杯」にブラッシュアップします。さらに、地元から離れているお客様からの「地元の商品を飲みたい」という声に応えるため、特定地域の商品をまとめた「地域詰め合わせセット」を新たに全国発売するほか、47都道府県のアンテナショップやネット通販などでの展開も検討していきます。また、地元のお客様と一緒に地元らしい楽しみ方を考える共創ワークショップを実施し、地元の誇り・良さを感じて元気になる“コト”を創っていきます。

今後も、キリンのものづくりを象徴するブランドとして、お客様のビールに対する関心を高めていく活動を展開するとともに、「一番搾り製法」の価値をより実感いただくことで、「一番搾り」ブランド全体の強化と、ビール市場の総需要拡大を目指します。
キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。


※1 ビール業界における特定銘柄での取り組みとして、日本初の試み(当社調べ)
※2 2016年は販売目標を260万ケース(大びん換算)に再上方修正しています。2017年はその目標の約2割増となる320万ケースを目指します。
※3 キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場
※4 商品開発から醸造までを担当している醸造開発責任者。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。