logo

乾燥しらずな快適な冬を!アイリスオーヤマの人気「加湿器」が期間限定セール

株式会社アイリスプラザ 2016年11月16日 18時30分
From PR TIMES

加湿量、加湿方法、機能…何を見て選べばいいのかわからない。アイリスプラザではそんなお悩みを解決!

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)のグループ企業である株式会社アイリスプラザ(宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-7 アイリス青葉ビル TEL:0120-323-410)では、大人気の加湿器が2016年11月15日(火)10:00AM~2016年11月30日(水)10:00AMまで「加湿器SALE」にてセール価格で販売中です。アイリスプラザでは加湿方法や用途に合わせてお客様に合った加湿器をご紹介します。



[画像1: リンク ]

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)のグループ企業である株式会社アイリスプラザ(宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-7 アイリス青葉ビル TEL:0120-323-410)では、大人気の加湿器が2016年11月15日(火)10:00AM~2016年11月30日(水)10:00AMまで「加湿器SALE」にてセール価格で販売中です。アイリスプラザでは加湿方法や用途に合わせてお客様に合った加湿器をご紹介します。

加湿方法によって違う、それぞれの特徴
「加湿方法の種類について」


加熱式…湯船から上がる蒸気のような加湿イメージの「加熱式」は、衛生的・加湿量が一定という特徴があります。「短時間でパワフルに加湿したい」方におすすめです。
気化式…バスタオルを速い風で乾かす加湿イメージの「気化式」は、省エネ・安全性が高いという特徴があります。「電気代を節約したい・長時間加湿したい」という方におすすめです。
超音波式…細かい水滴(霧)を出すような加湿イメージの「超音波式」は、省エネ・加湿スピードが速い・吹き出し口が熱くならないという特徴があります。「電気代を節約したい・運転音が気になる」という方におすすめです。
超音波ハイブリッド式(超音波+加熱式)…湯船から上がる蒸気を霧状にして出すような加湿イメージの「超音波ハイブリッド式」は、衛生的・音が静か・吹き出し口が熱くないという特徴があります。「寝室やリビング等の広いお部屋で使いたい」という方におすすめです。
気化ハイブリッド式(気化式+加熱式)…バスタオルを温風で乾かすような加湿イメージの「気化式ハイブリッド式」は、比較的加湿量が多い・加熱式よりも電気代が安い・吹き出し口が熱くないという特徴があります。「電気代を節約したい・短時間で湿度を上げたい」という方におすすめです。



[画像2: リンク ]



\アイリスオーヤマの加湿器はここがちがう/
「搭載機能について」


肌ナビ…「お肌に適切な湿度をお知らせ」します。お部屋の温度と湿度を測定し、お肌に快適な環境かどうかをお知らせします。
ウイルスナビ…「ウイルスの生存しやすい環境をお知らせ」します。ウイルスの生存しやすい温度・湿度を感知して、空気中に含まれる水分量が適切であるかどうかをLEDランプの色でお知らせします。
イオン発生装置…空中浮遊菌に対して大きな効果が認められている株式会社村田製作所の「イオンシモ」を採用しています。(※「イオンシモ」搭載機種のみ対象)
Ag⁺抗菌…Ag⁺抗菌剤配合機種には、加湿タンクに銀系抗菌剤を配合し、いつでも清潔なミストで安心です。また、タンクのぬめりを防ぐ効果もあります。
アロマオイル対応…アロマオイル対応機種には、お好みのアロマオイルをご使用いただくと、水蒸気と一緒にアロマの香が広がります。
タイマー機能付き…切タイマー機能搭載機種には、設定した時間になると運転を停止して電源が切れます。



おすすめ商品1
「気化ハイブリッド式加湿器 ARK500」
パワフル加湿の「温風気化式」とヒーターを使わない省エネ加湿の「自然気化式」の2タイプの気化方式を目標湿度で自動切換えする「気化ハイブリッド式」で賢くしっかりうるおいサポートします。さらに「肌ナビ」と「ウイルスナビ」のWナビ搭載で、温度と湿度を検知してお知らせします。
[画像3: リンク ]



お客様のお声
海輝様 (男性) 投稿日: 2015/2/2
デザインもスタイリッシュで、大容量タイプなのにお部屋に置いても邪魔になることがなく、大活躍しています! 気化ハイブリッド式だからうるさいのかと思ったけど、実際気になりません。 フィルターのメンテナンスもそんなに手間ではないので、使いやすいです!

さくーにゃ様 (女性) 投稿日:2016/11/07
思ったより小さいし、音も静かで買ってよかったです(*^^*) 湿度の目安もわかりやすくていい!

「気化ハイブリッド式加湿器 ARK500」

商品サイズ(cm):幅約37.4×奥行約20.8×高さ約37.6
商品重量:約5.4kg
加湿方式:気化ハイブリッド
定格電源:AC100V
定格周波数/消費電力:50Hz/217W、60Hz/220W
適応床面積(目安):木造和室8.5畳/プレハブ洋室14畳
加湿量(ml/h):おまかせ・うるおい・強:500/静音・弱:290
運転音50/60Hz(約dB以下):おまかせ・うるおい:28~34/静音:28~29/強:34/弱:29連続使用(約時間):おまかせ・うるおい・強:10/静音・弱:17.2
タンク容量:約5L
動作温度:5~35度
切タイマー:2・4時間
コード長さ:1.5m
材質:ABS樹脂
URL:リンク


おすすめ商品2
「気化ハイブリッド式加湿器 EHH-500」
フィルターにヒーターで暖めた風を当てて加湿する「温風気化式」と室温の風を当てて気化させる「自然気化式」を、自動で切り替え運転する気化ハイブリット加湿器です。温湿度ナビ搭載で、室内の湿度・温度を測定して、ウィルスが活動しやすい環境かどうかをLEDランプでお知らせします。
[画像4: リンク ]


お客様のお声
ふなっしー様 (女性) 投稿日: 2015/12/28
以前は北欧製品の6万円の自然気化式を使っていましたが、接触が悪くカルキが付きやすく重くて大きくて使いにくかったです。その経験から今回は日本メーカーで使いやすい気化式でこちらを選びました。値段が安かったので正直期待はしていなかったのですが、これはいい!湿度計を見てもしっかり加湿はされているし音が静か。シンプルな作りに使いやすい! 乾燥する季節にはありがたいです。

じぇしか様 (女性) 投稿日: 2015/1/24
タンク容量が5Lでたっぷりなのが良いです。温湿度ナビで部屋の湿度がどれくらいなのか分かって良いと思います。
「気化ハイブリッド式加湿器 EHH-500」

商品サイズ(cm):幅約37.4×奥行約20.8×高さ約37.6
重量:約5.4kg
加湿方法:気化ハイブリッド式
定格電圧:AC100V
定格周波数/消費電力:50Hz/217W、60Hz/220W
適用床面積(目安):木造和室8.5畳、プレハブ洋室14畳
加湿量(ml/h):おまかせ/うるおい:500、静音:290、連続(強):500、連続(弱):290
運転音(dB):おまかせ/うるおい:最大34、最小28、静音:最大29、最小28、連続(強):34、連続(弱):29
連続加湿時間(約時間)(※最大加湿量で連続加湿を行った場合):おまかせ/うるおい:10、静音:11.1、連続(強):10、連続(弱):11.1
タンク容量:約5L
切タイマー:2・4時間
コードの長さ:1.5m
材質:ABS樹脂
URL:リンク


おすすめ商品3
「ハイブリッド式加湿器 UHM-350U」
インテリアにマッチするスリムデザインで吹き出し口が熱くならないハイブリット式加湿器(ヒーター加熱+超音波)です。ヒーター内で約70℃に温められた水が超音波振動で霧状(ミスト)にして加湿するので運転音が静かです。
[画像5: リンク ]



お客様のお声
さぁさ様 (女性) 投稿日: 2015/12/7
とてもいいです。 石油ファンヒーターを使い始め、加湿空気清浄器では加湿が十分追いつかず、かなり乾燥を感じたのでこちらを購入。 すごくいい感じで加湿してくれます。肌に感じていたピリピリ感も緩和され快適です。 水の入れ替えの際にこぼれ易いのが改善されればいう事なし。

はなはな様 (男性) 投稿日:2015/11/09
水を入れてスイッチをオンにしたらすぐ、蒸気が出てきて即効性に驚きました。この冬が楽しみです。

「ハイブリッド式加湿器 UHM-350U」

商品サイズ(cm):幅約18.1×奥行約15×高さ約36.4
重量:約1.9kg
加湿法法:ハイブリッド式(超音波+加熱)
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:80W
最大加湿量:約350ml/h(最大運転時)※室温20℃湿度約50%の場合の目安
加湿時間:約7時間(最大運転時)
適応床面積:木造和室6畳(10m2)、プレハブ洋室10畳(16m2)
タンク容量:約2.5L
コードの長さ:約1.8m
電気代:約2.2円(1時間あたり)※電気代は新電力料金目安単価:27円/kWh(税込)で算出。
材質:ABS樹脂
カラー:ホワイト、レッド、ネイビー
URL:リンク



「加湿器SALE」

[画像6: リンク ]



期間:2016年11月15日(火)10:00AM~2016年11月30日(水)10:00AM
URL:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。