logo

3カ月間短期集中で英会話力向上に本気で挑戦するプログラム「レアジョブ本気塾 Workshop」リリース

「効果的な学習内容」を「クラス形式」できちんと「継続」して成果を出す

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 岳、以下「レアジョブ」)は、3カ月間短期集中で英会話力を伸ばす「レアジョブ本気塾 Workshop」をリリースし、本日より受講生を募集開始いたします。



[画像: リンク ]


レアジョブ本気塾は、3カ月間短期集中で英会話力の向上に本気で挑戦する、実践演習型ビジネス英会話プログラムです。2016年1月から約1年間、のべ150名のモニター受講生が英会話力向上に取り組んできました。この度、これまでの指導実績をもとに提供内容をリニューアルし、受講者の対象をビジネスで使える実践的な英会話力を求める中級者以上に絞ったプログラム、「レアジョブ本気塾 Workshop」として正式リリースし、以後定期的な募集を行っていきます。また、今後初級者をターゲットにしたサービスも提供を予定しております。

■「レアジョブ本気塾 Workshop」の強み
短期間での成果を求めるために必要な、「効果的な学習内容」「学習の継続」が鍵となる二点をサポートする仕組みを提供します。

・「効果的な学習内容」:独自のカリキュラムと毎日100分の英会話レッスン
英語を話せるようになるために効果的なラーニングサイクルに基づいた独自のカリキュラムで学習を進めます。
業界No.1(※1)の実績を誇る「オンラインレッスン」を毎日100分提供し、英会話力の早期向上を目指します。また、週1回の「Workshop」では外国人ファシリテーターによるビジネスシーンのロールプレイを英語で繰り返し行い、実践力を身に付けます。さらに、毎週用意される「ホームワーク」では、ライティングやリスニング力強化、ボキャブラリー構築を行い、英語の正確性向上を目指します。

・「学習の継続」:通学制の少人数クラス形式が英語学習の習慣化に繋がる
3カ月間、共に英会話力向上へ挑戦するクラスメイトの存在が、英語学習継続への強制力・モチベーションへと繋がり、またWorkshopのロールプレイでは、人前で英語を話す機会を得ることで、メンタルバリアの克服に効果を発揮します。

■サービス概要
・サービス名:「レアジョブ本気塾 Workshop」
・受講料金:243,000円(税込)
・提供開始時期:2017年1月9日より順次開始
・定員:各クラス14名(各クラス最小開講人数8名)
・会場:株式会社レアジョブ オフィス(東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2階)
・その他サービス概要、応募方法について:リンク

【株式会社レアジョブについて】
所在地: 東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者: 代表取締役社長 中村 岳
URL :  リンク
事業内容:オンライン英会話サービス事業
グループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」に基づき、世界中のより多くの人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会をめざし、「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」をサービスミッションに掲げ、マンツーマンオンライン英会話「レアジョブ英会話」を主たる事業として展開しております。「レアジョブ英会話」では、「安価・たくさん量を話せる・高品質」という強みを活かし、「英語を話せるようになるためのサービス」として、2014年6月に東証マザーズに上場、40万人以上のユーザー(※2)、1,000社以上の法人企業、90校以上の教育機関など多くの方へ提供し、国内No.1(※1)のオンライン英会話サービスへと成長しています。

■提供サービス
・個人向けオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」
リンク
・「レアジョブ英会話」法人向けサービス
リンク
・「レアジョブ英会話」教育機関向けサービス
リンク
・実践演習型ビジネス英会話プログラム「本気塾」
リンク
・ブラジル版オンライン英会話サービス「ENPOWER」
リンク
・レアジョブ英語学習アプリ「RareJob Apps」
リンク
・英語を手段にチャンスをつかむためのメディア「RareJob English Lab」
リンク
※1 MMD研究所「オンライン英会話の利用に関する調査」(2015.6.19)より
※2 ユーザー数は、当社の英語サービスすべてのユーザー数(オンライン英会話およびChatty)を記載

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事