logo

eラーニング「Microsoft Access 2010使い方講座」を動学.tvに公開

オンライン学習サイト「動学.tv」運営、eラーニング制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、データベースソフトウェア「Microsoft Access 2010」の使い方が学べる講座「誰でもわかるMicrosoft Access 2010」を2巻構成で、11月22日に公開します。(月額2,800円(税込)で様々な動画講座が視聴し放題のクラウドeラーニングサービス「動学.tv(リンク)」で)

Microsoft Accessは、専門知識がなくてもアプリケーション構築ができる、データベース管理システムのソフトウェアです。

本講座では、これからAccess 2010を利用される方を対象に、その使い方を、基本からわかりやすく解説していきます。教材の具体的な内容としては、上巻ではAccessのデータベースを構成する6つのオブジェクトのうち、テーブル、クエリ、フォームの作成を行います。下巻では実用的な入力フォームになるように、様々な設定を行ったり、マクロやプロシージャを使った処理の自動化などについて学ぶことができます。
さらに、動画講座内で使用している演習ファイルが付属します。これによって動画講座を見ながら、実際のアプリケーションで実習することができます。

・内容

・誰でもわかるMicrosoft Access 2010 上巻(約67分)
1.データベースの新規作成とオブジェクト
 データベースを開く
 データベースの新規作成
 Accessの6つのオブジェクト
2.テーブル
 テーブルの作成とフィールドの定義
 レコード
 Excelのワークシートをテーブルに変換
 テキストファイルをテーブルに変換
 デザインビューとデータシートビュー
 フィールドプロパティの設定
 入力規則の設定
 集計の設定
3.リレーションシップ
 リレーションシップの設定
4.クエリ
 クエリの作成
 演算クエリフィールド
 パラメータークエリの作成
5.フォーム作成の基本
 単票フォームの作成とビュー
 フォームウィザード

・誰でもわかるMicrosoft Access 2010 下巻(約73分)
1.フォームの詳細設定
 フィールドの追加と削除
 フォームの配置を整える
 コンボボックスによる入力の効率化
 その他のフォーム
 ボタンでフォームを開く
2.レポート
 レポートの作成
3.マクロ
 単一アクションのマクロの作成
 複数アクションのマクロの作成
4.プロシージャ
 マクロからのプロシージャの書き出し
 プロシージャの作成
 プロシージャの割り付け
5.データベースの仕上げ
 メインフォームの作成
 起動時の設定


・下記URLでサンプル視聴できます。
リンク

・You Tubeにもサンプル映像を公開中
リンク


※本教材動画の解像度は1280×720となっており、全体を把握し易く、細かい操作も見易くなっています。


---------- 「動学.tv」特長 ----------
■月額2,800円(税込)で様々な動画講座が視聴し放題
■15年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
■インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
■クラウド型のオンデマンドストリーミング配信なので、時間、場所に束縛されない
■Word・Excel・CAD・DTP・DTM・映像編集・サーバー・データベース・システム開発・コンピュータ知識(ネットワーク等)・開発言語・TOEIC(R) TEST、ビジネスマナー・情報セキュリティ・決算知識・財務諸表読み方・クレーム対応・メンタルヘルスまで幅広い分野のコンテンツ
■字幕対応による聴覚障害者向け講座も多数公開
■ナレーターがテロップ入りで懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
■自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
■常に最新の情報を、最適な方法で提供
■講座数は約600
■1講座約60分前後なので600時間前後がインターネットで学び放題
掲載されている会社名・商品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。



このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 広報 安藤亜樹
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 リンク
E-mail info@attainj.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事