logo

東京証券取引所本則市場への変更申請予定に関するお知らせ

株式会社エボラブルアジア 2016年11月14日 15時15分
From PR TIMES



 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、東京証券取引所本則市場への変更申請予定についてお知らせいたします。

 当社は、平成28年11月14日開催の取締役会において、現在上場している東京証券取引所マザーズ市場から本則市場への変更申請を、今期(平成29年9月期)中を目標に行う旨の決議をいたしましたのでお知らせいたします。
 なお、当社の申請が東京証券取引所の承認を受けられるかは不確定な要素を含むものであり、何らかの理由で本則市場への変更要件が満たされない場合は、市場変更が認められない場合があります。

■市場変更の申請を行う理由
 当社は、平成19年に株式会社旅キャピタルとして創業後、平成25年に株式会社エボラブルアジアと商号変更し、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業の3事業を主軸として発展を遂げ、平成28年3月31日に東京証券取引所マザーズ市場へ上場いたしました。
 マザーズ市場上場後は、上場によるメリットも生かしながら業容拡大をしてまいりましたが、さらなる社会的信用・知名度の向上や優秀な人材の確保等により経営基盤の強化を図る目的で、早いタイミングでの市場変更を考えて参りました。
 平成28年9月期の業績の進捗状況等から、一般投資家に対して十分に当社グループの収益性と成長性をご説明できると判断したため、前期(平成28年9月期)を直前期とし、今期(平成29年9月期)中を目標に本則市場への変更申請を行うことを決議いたしました。

 今後も当社はより良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。


【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:1,019,927千円(払込資本 1,844,853千円)
URL:リンク

【当社サービスサイト】
総合旅行サービスプラットフォーム AirTrip  :リンク
綜合旅行販売サイト TRIP STAR       :リンク
国内航空券予約サイト 空旅.com     :リンク
BTM(ビジネストラベルマネジメント)事業   :リンク
ITオフショア開発事業          :リンク
【当社IRサイト】    :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。