logo

AIエージェント「あい」提供開始

自社開発のOKWAVE AI Knowledge「あい」が「検索」では実現できない「回答」をしてくれる

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(http://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、自社開発のAIエージェント「あい」の提供を2016年11月10日より開始します。「あい」は、自社開発のAI技術を用いて、利用者からの質問に最適な回答を提示するサービスです。

リンク

「あい」は、人のように情報を知識化し、聞かれた質問から最適な答えを見つける先進的AIエージェントです。
「あい」は「OKWAVE」の3,500万件以上のQ&AのAI分析、機械学習を行って誕生した人工頭脳を持っています。質問、回答の文章から概念、意図を読み取って知識化しています。質問を受ければ、質問の意図と最も適した回答が何かを考えます。この頭脳としての「概念知識エンジン」に加え、エージェントとしてユーザーとの応対を行うためのAI技術「感性エンジン」と「応答エンジン」によって、ユーザーの感情を読み取りながら最適な回答を提示します。
第一弾として、「美容・健康」に関する質問に「あい」が回答します。

当社は、Q&Aを土台にAIなどの最先端の技術を積極的に研究開発し、世界の発展に寄与するサービスを提供していきます。

■OKWAVE「AIラボ」が開発した独自のAIを搭載
当社は2015年7月より「AIラボ」を設置し、独自のAI「KONAN」の開発に取り組んでいます。「あい」は、「KONAN」をベースにしたサービスです。

■「あい」に搭載される技術
「あい」には、Q&Aデータを「質問」と「回答」に分離する当社が日米で取得した特許技術(特許番号 第5885689号)、ならびに当社独自の機械学習技術を用いて、AIが質問内容から言葉の持つ概念ならびに意図を捉えて、適切な回答を導き出す技術が使われています。

■膨大な情報量
「あい」は「OKWAVE」に投稿された3,500万件以上のQ&Aデータを学習し、知識化しています。また、単純な質問文や回答文だけでなく、どの回答がより適切な回答であるか、ユーザーが行った重み付けのデータも保有しています。
第一弾として「美容・健康」に関する質問に「あい」が回答します。今後、他のジャンルの質問にも回答できるように拡張していきます。

■企業での利用を想定
今後、当社では企業向けにも「あい」と同様の機能をもつ、『OKWAVE AI Knowledge』ソリューションを提供していく予定です。企業内の蓄積されたお問い合わせデータやFAQデータなど、企業独自のQ&Aデータベースを機械学習し、知識化させることで、企業に寄せられるお問い合わせへの最適な自動応答など、ユーザーサポート領域での活用を見込んでいます。

■一般的なサーチエンジンとの違い
サーチエンジンは、検索キーワードにマッチした結果を機械的に表示します。対して、「あい」は情報の意図、概念を利用して結果を見つけます。「あい」の頭脳では、過去の質問、回答を意図、概念化し知識として格納しています。さらに、知識は階層化しており、この階層をたどって最適な回答を見つけます。概念化のメリットとして、「映画」と「シネマ」、「ムービー」等の表現を同一なものとしてとらえることができます。また、「映画」に近い概念に「音楽」、「漫画」があるなども分かります。
さらには、人と同じように自信がある回答かどうかも分かり、自信がない場合には聞き返しを行います(この機能では何を聞くかが重要になるため、今後のサービス実装を予定しています)。

■『OKWAVE AI Knowledge』についての法人からのお問い合わせ先
リンク

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与することを目指し、利用者同士が助け合いを行う、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(リンク)を2000年1月より運営しています。また、利用者の質問に専門家や企業も回答する「OKWAVE Professional」(リンク)、各界の著名人に質問できる「OKWAVE Premium」(リンク)も提供しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基に、国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」、Q&Aコミュニティーの解決力を活用する顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」などを大手企業、自治体の400サイト以上に導入しています。
2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。楽天株式会社、米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結しています。
今後は3,500万件以上のQ&Aビッグデータと、AI、ブロックチェーン、チャットなどの先端技術を取り入れ、さらに問題解決に寄与するサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

AIエージェント「あい」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。