logo

マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」と BtoB顧客紹介サイト「ボクシル」が連携

ジーニー/Geniee 2016年11月02日 11時00分
From PR TIMES

シームレスな自動アプローチで高効率な新規顧客獲得を実現



株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下「ジーニー」)は、本日より、マーケティングオートメーションプラットフォーム『MAJIN』(URL : リンク 以下「MAJIN」)にて、スマートキャンプ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古橋 智史、以下「スマートキャンプ」)が運営するボクシル(URL : リンク 以下「ボクシル」)との連携を開始いたします。

[画像: リンク ]



『MAJIN』は、ジーニーが2016年7月に提供開始した新型マーケティングオートメーションプラットフォームです。BtoB向けには、シナリオメール配信やアクセス企業分析、エントリーフォーム作成、セミナー等のオフラインリードの取り込み、リスティング広告管理、名刺管理ツール連携など、幅広い機能をご提供しております。また、月額3,000円~と低価格でご導入いただけることから、営業改善やマーケティング改善ツールとして着々とご利用企業が増えております。

一方、『ボクシル』は、スマートキャンプが運営する法人向けサービスの口コミ・比較・紹介サイトで、効率的なリードジェネレーションを支援しています。2016年10月末現在、月間閲覧数80万件、サービス資料1,000件を掲載する成長著しいBtoBサービス紹介サイトです。

BtoB企業様の顧客獲得では、1商談あたりの案件単価が高いことや、1次接触からサービス申込・決裁までの期間が長いため、戦略的な中長期施策が重要になります。特に、獲得した見込み顧客に対し、顧客ニーズや関心度に合わせた効果的なマーケティングアプローチをシームレスに行うことが顧客獲得率向上に繋がります。

今回、MAJINとボクシルが連携することで、スマートキャンプは『ボクシル』で取得した見込み顧客のリード情報を、そのまま『MAJIN』に移すことが可能となり、『ボクシル』サイト閲覧ユーザーのスコアリング情報を活用してメール配信が可能になります。今後は、BtoBマーケティングにおいて高効率な新規顧客獲得を実現する、企業様向けの新たな機能開発を実施していく予定です。

ジーニーでは、今後も「ボクシル」を始めとするパートナー企業(サービス)との連携を拡大し、幅広い企業様のマーケティング課題を解決してまいります。


【株式会社ジーニー 会社概要】
設 立: 2010年4月
代表者: 代表取締役社長  工藤 智昭
資本金: 592百万円 (2016年3月末現在)
本 社: 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル25F
海外拠点:シンガポール、ベトナム、インドネシア、中国(上海)
事業内容:
国内No.1規模を誇るインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「Geniee SSP」(リンク)や、「Geniee DSP」(リンク)、「Geniee DMP」(リンク ) を独自で開発・運用・提供。広告主・広告代理店のマーケティング支援サービスの提供。マーケティングオートメーション「MAJIN」(リンク)の開発・導入支援。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事