logo

デルタ航空、機内誌ウェブサイト内に旅のブログを新設し、羽田の新路線をアピール

デルタ航空 2016年10月28日 16時04分
From PR TIMES

旅行のアイデア、観光名所の紹介、空港の施設情報など、アメリカの旅に役立つ情報を発信  www.deltasky.jp



【東京、2016年10月28日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、日本語機内誌スカイマガジン編集部と協力し、機内誌ウェブサイト内に「デルタ航空機内誌SKY 旅のブログ」を新設します。

このブログでは、デルタ航空の日本発着便を使ってアメリカやリゾートを旅する際の、旅の準備に役立つ情報、空港の施設情報、旅先の最新トピックなどを、スカイマガジン編集部員やトラベルライター、デルタ航空従業員が写真とテキストで紹介します。
[画像1: リンク ]


ブログ新設当初は、10月30日に新規就航する羽田-ミネアポリス線と、昼間の時間帯に移行する羽田-ロサンゼルス線に焦点を当て、中西部のハブ空港ミネアポリス/セントポール国際空港の施設や、ツインシティと呼ばれる両都市の魅力、ミネアポリス経由で行きやすくなる魅力的な渡航地の代表として、南部の音楽都市ナッシュビルの観光情報、ニューヨークのマンハッタンにほど近いラ・ガーディア空港の情報、およびロサンゼルス国際空港の施設を中心に紹介しています。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

デルタ航空日本支社長、森本大(もりもと・まさる)は次のように述べています。「デルタ航空では日本人向けのサービスを強化しており、日本語によるオリジナルの旅ブログの開設も、この一環と位置づけられます。機内誌の取材班が旅先で仕入れた豊富な情報のうち、機内誌に載せきれなかった写真やトピックを、ブログを通じて発信することで、より多くのお客様にデルタ航空のネットワークと、旅先の魅力を知ってもらうことができます。」

羽田-ミネアポリス便は、ミネアポリス/セントポール空港の立地の良さと広範な路線網により、米国とカナダの計110以上の都市への乗り継ぎを提供します。羽田-ロサンゼルス便は、ロサンゼルスから北米35以上の都市への乗り継ぎが可能です。羽田-ロサンゼルス、ミネアポリス両路線とも、ビジネスクラス「デルタ・ワン」37席、「デルタ・コンフォートプラス」が36席、エコノミークラス「メインキャビン」が218席、計291席のボーイング777-200LR型機を使用します。
[画像4: リンク ]


デルタ航空運航の羽田-ミネアポリス直行便(毎日1便)のスケジュールは次のとおりです。

[表1: リンク ]



デルタ航空運航の羽田-ロサンゼルス直行便(毎日1便)のスケジュールは次のとおりです。

[表2: リンク ]


*フライトスケジュールは季節(夏時間/冬時間)やその他の理由により予告無く変更される場合があります。

機内誌スカイマガジンについて
隔月発行の日本語機内誌スカイマガジンは、旅をコンセプトにしたライフスタイルマガジンです。旅、ビジネス、エンターテインメント、ファッション、トレンド分野の読み物に加えて、機内サービスや空港のターミナル情報など、渡航に際して役立つ情報を日本語でお届けしています。日本発の全てのデルタ航空便に搭載されているほか、年間購読(有料)も行っています。また、機内誌ウェブサイトでは特集記事や様々なオリジナルコンテンツを掲載しています。日本語機内誌スカイマガジンの発行元はパブリシタスジャパン株式会社、スカイマガジンウェブサイトはパブリシタスジャパンのもと、株式会社インフレームが製作しています。 www.deltasky.jp

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8,000万人近くの搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2015年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2015 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、6年間で5度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の5年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界57カ国、319都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。