logo

音声認識キーボード入力システム「AmiVoice(R) keyboard」にディープラーニング技術を実装。11月1日より販売開始

ハンズフリーでキーボード入力。高騒音環境下での認識精度が更に向上

 株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木清幸 以下、アドバンスト・メディア)は、日本語109キーボードを声でコントロールできる、音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard(アミボイス キーボード)」をバージョンアップし、音声認識エンジンにディープラーニング技術※1を実装いたしました。11月1日より販売開始いたします。



 音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard」は、キーボード入力の代わりに、音声認識技術を活用することで、キーボード上の数字キー・英字キー・ファンクションキー・コントロールキーなど、全てのキー操作を声で行う事ができるソフトウェアです。2010年の発売以来、物流・製造・流通現場を中心に、検品結果の入力、伝票入力、検査結果の入力などの業務にて幅広くご活用頂いております。
 声だけで、キーボード入力が完結するため、作業の手を止めることなく、ハンズフリー・アイズフリーで、効率的なデータ入力を行う事が可能です。Microsoft WordやExcel等、既存のソフトに対しても、組込み開発をすることなく、音声認識キーリストの登録を行うだけですぐにご利用頂けます。また、端末内にて音声認識を行うため、インターネット回線が必要ありません。販売価格は20万円(税抜)です。

 この度、音声認識エンジンにディープラーニング技術を実装いたしました。これにより、認識精度が大きく向上し、騒音下での発話が、より正しく認識できるようになりました。従来の音声認識エンジンと比較し、誤認識が約25%(自社調べ)改善いたしました。
 また、市販のマイクに加えて、高騒音環境下でも正確な音声入力が行える、音声認識・音声対話専用のウェアラブル端末「AmiVoice Front WT01」と連携して使用することが可能です。

[画像1: リンク ]


【AmiVoice Keyboardの特徴】
1. 事前のリスト登録で自由に発話キーワードを設定
音声認識させたい言葉のリストを登録することで、漢字・カタカナ・英数字など、利用者が決めた発話キーワードを自由に認識することができます。また、キーに対して2個以上の発話コマンドを割り当てることも可能です。

2. 高騒音環境下でも高精度な音声認識を行う事が可能
音声認識・音声対話専用ウェアラブル端末「AmiVoice Front WT01」との連携利用が可能です。「AmiVoice Front WT01」は、2マイクを用いた高指向性のマイクアレイ※2とノイズキャンセル機能を搭載しており、高騒音環境下でも高精度な音声認識を行う事ができます。
※AmiVoice Front WT01とペアリングする推奨のBluetoothドングルを併用してご利用下さい。
[画像2: リンク ]

3. 利用用途にあわせた複数のエンジンモードをご用意
ウェアラブル端末「AmiVoice Front WT01」専用のエンジンの他、認識率重視、スピード重視など、利用用途にあわせて複数のエンジンモードをご用意しています。

アドバンスト・メディアは、物流・製造・流通市場での更なる音声入力の普及を目指し、今後も積極的な製品開発やサービス提供に取り組んで参ります。

※注釈 
1: ディープラーニングとは、機械が人間の脳の構造をソフトウェア的に模倣し、データの特徴を学習して認識や分類を行う「機械学習」の手法。
2: 複数個のマイクロホンを用いたデバイス

以上

【製品についてのお問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア クラウド事業部 山下
MAIL : info@advanced-media.co.jp
TEL:03-5958-1522
FAX:03-5958-1033
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。