logo

株式会社ロックオン、ネット&リテール業界日本最大級コンファレンス「ネットショップ担当者フォーラム2016」で “EC-CUBEが描く未来型ECのつくり方” をテーマにセミナー登壇



[画像: リンク ]


株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、2016年11月8日(火)、9日(水)の2日間に渡って開催される、ネット&リテール業界に関する日本最大級のコンファレンス「ネットショップ担当者フォーラム2016」に、登壇することを発表いたします。
9日のイベント当日は、ロックオン EC-CUBE戦略企画課 梶原 直樹が、「【推定稼動店舗数3万】10周年を迎えた日本No.1ECオープンソース「EC-CUBE」が描く、未来型ECのつくり方」と題したセミナーに登壇し、日本No.1のECオープンソース(※)である「EC-CUBE」が選ばれ続けている理由や、EC-CUBEが目指す11年目のビジョンについて、最新の構築事例を交えて解説いたします。

ネットショップ担当者フォーラム2016: リンク

■「ネットショップ担当者フォーラム2016」開催概要
【主催】株式会社インプレス
【日程】2016年11月8日(火)9日(水)9:30~18:00(受付開始 9:00)
【会場】東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階 虎ノ門ヒルズフォーラム
【参加費】無料
【申込】リンク

■11月9日(水)登壇情報
「【推定稼動店舗数3万】10周年を迎えた日本No.1 ECオープンソース「EC-CUBE」が描く、未来型ECのつくり方」

【日程】2016年11月9日(水)14:00~14: 45(45分)
【概要】モールやASP、スクラッチや有償パッケージなどネットショップを始める手法が数多く存在する中で、なぜEC-CUBEが10年間選ばれ続けているのか?推定3万店舗の日本No.1ECオープンソース「EC-CUBE」の特長や、EC-CUBEを選ぶメリット/デメリット、実際にEC-CUBEで店舗を構築/運営されている事例と、今、まさにEC-CUBEが目指している11年目のビジョンについてご紹介します。
【登壇者プロフィール】
梶原 直樹(かじわら なおき)
株式会社ロックオン コーポレート戦略本部 コーポレート戦略部 EC-CUBE戦略企画課 EC-CUBEマーケティングマネージャー
2008年ロックオン入社。入社当初から「EC-CUBE」の開発に従事し、「EC-CUBE」開発統括責任者や、会社全体の広報/IR担当としての活動を経て、現在は、EC-CUBEの企画/プロモーションの責任者として、国内外でのEC-CUBEの普及に努める。

■「EC-CUBE」について
ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※)推定30,000店舗以上で実際に稼働しております(ロックオン調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3」をリリースしております。

■関連サイトURL
「EC-CUBE」オフィシャルサイト:リンク
「EC-CUBE」開発コミュニティ:リンク
「EC-CUBE B2B」特設サイト:リンク
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
九州支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通ビル
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」


※独立行政法人情報処理推進機構「第3 回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。