logo

YPO東南アジア、アジアのトップ経営者のためのInsights ASEAN Summit 2016を開催

YPO 2016年10月25日 05時00分
From JCN Newswire


SINGAPORE, Oct 25, 2016 - ( JCN Newswire ) - 世界中のトップ経営者のリーダーシップ組織である YPO 東南アジア地域は、第3次Insights ASEAN Summit 2016を11月17日から18日までシンガポールにて開催します。

Insights ASEAN Summitは年に1度、世界中のYPO会員と、業界のイノベーター、起業家、およびビジネスリーダーを結び、ASEAN地域における最新の課題とビジネス機会についてディスカッションを行います。本年のサミットでは、「Reshuffling the Deck」(カードを切る)のテーマに焦点を当て、企業が不確実な事業環境に直面するなか、変革の原動力およびビジネスのアジリティ、適応性、先見性の必要性を検証します。

出席者らは2日間にわたり、競争力を維持するためにビジネスモデル、価値、提案および組織体制をリシャッフルするなか、ビジネスリーダーが直面する課題を確認しながら、ASEAN地域にもたらされる機会について学びます。

YPOシンガポール支部会員の2名、Vietnam Trade AllianceのWalter BlockerとTetra Pak AsiaのMichael Zackaが率いる実行委員会は、次のように述べています。「Insights ASEAN Summitは、この新たな経済共同体で成功を収めようとする革新的なリーダーに向けて、教育、ネットワーク、リソースを提供する貴重なプラットフォームです。」

本サミットの開始にあたり、米国を拠点とするJ.P. Morgan Private BankのチーフマーケットエコノミストであるMichael Vakninをはじめとする主要な国際的な専門家が講演を行います。

本サミットでは、次にあげる影響力のあるスピーカーが講演する予定です。

- Tan Sri Rafidah Aziz、マレーシア元通産相、AirAsia Xマレーシア会長
- Jonathan Asherson、Rolls Royceシンガポール ASEANおよびアジア太平洋地域リージョナルディレクター
- Karl Morris、Ord Minnett(オーストラリア)執行役会長
- Anish Shah博士、Mahindra Group(インド)グループプレジデント(戦略担当)
- Dave West、Cisco シンガポール アジア太平洋地域および日本、バイス・プレジデントおよび最高技術責任者(CTO)
- Harjit Gill、Philips ASEAN Pacific 前CEO

本イベントはまた、ASEANの抱える課題についても探求し、経済共同体の役割、同地域の人材の保持から環境保全、破壊的技術のパワーなどさまざまなトピックに焦点を当てます。

本年のInsights ASEAN Summitにおいて、J.P. Morgan はビジネスリーダーがより持続可能なASEAN経済を構築するために強化、教育を実施し、新たな機会を生み出すための支援を行い、YPO会員と非会員のビジネスリーダーに独自の価値をもたらします。

YPO 東南アジア地域は、同地域9カ国の18支部に属する850名を超える会員に対して、ネットワーキングおよび教育の機会を提供します。世界的には、今日、YPO は130カ国以上の24,000名を超える会員とその家族向けに、世界的な機関との連携、またビジネス、コミュニティ、個人的なリーダーシップをサポートする専門的なネットワークを提供しています。世界全体で、YPO会員が運営する企業において、世界中で1,500万人以上の人々が雇用され、年間に6兆ドルを超える売り上げを記録しています。

YPOについて

YPOは経営者のグローバルコミュニティで、「Better Leaders Through Lifelong Learning and Idea Exchange(TM)」の実現に取り組んでいます。YPOはリーダーが集い、つながり、共有し、成長できる信頼できるスペースを創り出します。YPO は世界130カ国以上において多種多様な業界業種で活躍する24,000名を超える会員向けに、莫大な教育機会へのアクセス、世界的な機関との連携、またビジネス、コミュニティ、家族をサポートする興味・関心に基づくコミュニティを提供しています。詳細については、 www.ypo.org をご覧ください。

press@ypo.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。