logo

SynAppsシナップス FAQ 「あるあるQ&A」が販売開始クラウドロボティクスサービス「SynApps」がロボアプリマーケット for Bizで初登場

株式会社ヘッドウォータース 2016年10月21日 12時00分
From PR TIMES

~Pepperが、音声コミュニケーションでFAQを行うロボアプリ~リンク

 日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介、以下 ヘッドウォータース)は、クラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」を活用したPepper用の店舗向けロボアプリ『あるあるQ&A』を初めてロボアプリストア「ロボアプリマーケット for Biz」に出品し、月額利用料5,000円(税抜)で2016年10月21日より提供を開始しました。



[画像: リンク ]


 『あるあるQ&A』は、店頭でよく聞かれる問い合わせへの対応に特化したPepper for Biz向けロボアプリです。例えばトイレの場所や、近隣施設など、よく聞かれる質問を店舗側が管理画面で設定をしておくことで、来店者が話しかけるとPepperがそれを認識し、案内をすることができます。

  ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボットであるPepperは、現在1500を超える企業の導入が進んでいる中で、導入企業からは「より簡単に、便利なアプリを使いたい」という声が多くあがっており、その中でも音声コミュニケーション機能の要望が多くあります。ヘッドウォータースではPepper向けロボアプリのラインナップ拡充に取り組んでいます。

 本アプリは、自社が開発するクラウドロボティクスサービス「SynApps」を活用する事で、実用的な機能性を持ちながら、低コスト化の両立を実現しています。本パッケージを利用することで、オリジナルロボアプリの独自開発や一からの難しい設定が不要になり、より気軽に店頭でPepperを活用することを可能にしています。(イメージ動画:リンク

 今後もヘッドウォータースは、Pepperを中心に、独自のロボットアプリを提供していくとともに、コミュニケーションロボットの更なる有効活用場面を創造していきます。

[動画: リンク ]



■『あるあるQ&A』概要
【特徴】
1.ユーザーが話しかけると、その言葉に紐づく情報を回答します。
2.聞き取りパターンを複数設定することで、ユーザーが尋ねる質問のゆらぎも吸収できます。 例:「スマートフォンケース」「スマホケースはどこ?」「スマホケースはどこですか?」を同じ質問情報として認識させられます。
3.CMS(コンテンツマネジメントシステム)機能付きで、QA情報を導入企業様のパソコンから かんたんに設定することができます。
4.よくあるQAは予めデータが入っているので、かんたんに導入が可能。
5.複数店舗、複数ロボットでも一括管理することができます。

▶サービス紹介ページ:リンク
▶ロボアプリストアページ:リンク
▶イメージ動画:リンク


■SynApps(シナップス)とは
日本マイクロソフトのパブリッククラウドMicrosoft Azure上で提供する Cognitive Services(コグニティブサービス)を中心に様々なクラウドサービスと連携し、運用性と拡張性の高いロボットアプリプラットフォームです。2016年4月より提供を開始しています。
紹介サイト: リンク


■会社概要
社 名:株式会社ヘッドウォータース
URL:リンク
所在地:東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル7F
設 立:2005年11月
資本金:1億 4,374万円
代表者:代表取締役 篠田庸介
事業内容:ロボットアプリ開発、システムインテグレーション

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。