logo

PokemonGOが世界を席巻!過去最速スピードで6億ドル収益を達成 iOSの収益で中国が米国を抜き世界1位に!ゲームの伸びが影響 App Annie、2016年第3四半期アプリ市場レポートを発表

App Annie 2016年10月21日 11時03分
From PR TIMES

 アプリ情報プラットフォームを提供するApp Annie(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Bertrand Schmitt)は、2016年第3四半期アプリ市場レポートを発表しましたのでお知らせいたします。



レポートサマリー
■iOSの収益で中国が米国を抜き世界1位に!
 2016年第3四半期、中国のiOS App Storeの収益が17億ドルを超え、米国を抜いて世界最大の市場になりました。

■Pokémon GO過去最速スピードで6億ドル収益を達成!
 Pokémon GOの消費支出が過去最速のペースで伸びています。大成功を収めたClash of Clansの6.2倍以上のスピードで、わずか3ヶ月足らずで6億ドルを突破しました。

■エンターテイメントアプリ時代の到来、動画ストリーミングが好調
 2016年第3四半期には、「エンターテインメント」カテゴリーのアプリが 収益を伸ばしました。この主な要因として挙げられるのは、収益を上げる手段としてのアプリ内サブスクリプションの普及が、動画ストリーミングで進んでいることです。

▶レポート全文のダウンロードはこちら
 リンク


■iOSの収益で中国が米国を抜き世界1位に

[画像1: リンク ]


 2016年第3四半期、中国のiOS App Storeの収益が17億ドルを超え、米国を 抜いて世界最大の市場になりました。米国は2010年以降、iOS App Store市場で首位を維持していましたが、中国のiOSの
収益の驚異的な成長は、米国に 15%以上の差をつけるまでになっています。2016年第3四半期、中国の消費者がiOS App Storeに使った金額は、2年前の5倍以上に増加しました。この成長を牽引している最大の要素はゲームアプリです。
 しかし、アプリ内サブスクリプションなどによる収益源の多角化が、iOS App Store全体に重要な動きを引き起こしています。

 iOS App Storeではアプリの75%がゲーム以外のカテゴリーに属していますが、収益の75%は依然としてゲームから生み出されています。しかし、消費者行動の成熟化が続いているため、ゲーム以外のアプリの収益は2020年までに大幅に増加するとApp Annieでは予測しています。
 ゲーム以外に中国で2016年第3四半期に収益が上位となったカテゴリーは、 「エンターテインメント」「ソーシャルネットワーキング」「ブック」 「写真/ビデオ」で、いずれも前年の3倍以上に収益を伸ばしています。
[画像2: リンク ]


■Pokémon GOが世界を席巻
 Pokémon GOは世界収益とエンゲージメントで前代未聞の成功を成し遂げるとともに、モバイルにおける拡張現実(AR)の用途を社会の一般の人々に提示し、世界有数の人気ゲームIPを復活させたのです。Pokémon GOへの消費支出がこれまでのどのアプリよりも早く6億ドルを突破したことは、Pokémon GOが成功した証しです。このペースは、大成功を収めたClash of Clansの6.2倍以上のスピードで、その期間はわずか3ヶ月足らずでした。
[画像3: リンク ]


 しかし、Pokémon GOの功績として特筆すべきは、たった1つのアプリで、モバイルが使われていなかった莫大な時間を、モバイルが使われる時間に変えたことでしょう。Pokémon GOがほかのゲームやアプリから奪った時間は、それほど多くありませんでした。ARによる革新的なゲームプレイと伝説的な IPには、人々がモバイルデバイスに使う時間を全体的に増加させるだけの魅力があったのです。米国では、公開から3カ月で、利用時間で上位20ゲームの総利用時間の45%をPokémon GOが単独で占めるにいたりました。 当然ながら、3カ月目になると総利用時間は減少しますが、それでも Pokémon GOは、ほかのアプリと比べて途方もない長さの利用時間を獲得しています。
[画像4: リンク ]


■エンターテイメントアプリ時代の到来
 2016年第3四半期には、「エンターテインメント」カテゴリーのアプリが 収益を伸ばしました。2016年の第1四半期と第2四半期で見られたように、 エンターテインメントアプリはiOS App Storeと Google Playの両方で収益 を大きく伸ばしています。
[画像5: リンク ]


 両ストアにおいて、「エンターテインメント」カテゴリーの収益が2014年第3四半期と比べて3倍以上に増えている主な要因として挙げられるのは、収益を上げる手段としてのアプリ内サブスクリプションの普及が、動画ストリーミングで進んでいることです。いまやモバイルデバイスはコンテンツのストリーミングに使われるだけでなく、決済手段として一般的に使われているのです。このことは、ケーブルテレビのプロバイダーと契約するのが一般的であった従来の放送やテレビからの大きな変化を示しています。

レポートのより詳細な情報は以下よりご覧いただけます。
 リンク


App Annieについて
 App Annie(アップアニー)は、アプリビジネスを成功へと導く強力な市場データと深い洞察を提供する世界No.1の情報プラットフォームです。アプリ市場の情勢、自社アプリの競合優位性をより深く把握するため、70万を超えるユーザーに利用されています。米・サンフランシスコに本社を置き、世界15都市で450名以上の従業員が活躍しています。現在までにeVentures、Greenspring Associates、グレイクロフト・パートナーズ、IDGキャピタル・パートナーズ、Institutional Venture Partners、セコイア・キャピタルなどの世界中のベンチャーキャピタルから1億5,700万米ドルの資金調達を実施しました。

詳しくはwww.appannie.comまで。

[画像6: リンク ]


会社ホームページ : www.appannie.com
Twitterアカウント : @AppAnnieJapan
Facebookページ : リンク

レポートの調査手法と最新情報はこちらをご覧ください。(英文サイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事