logo

現地の人の知識や時間を利用したディープな旅体験を提供するairfriendリリース

株式会社レアリスタ 2016年10月20日 11時00分
From PR TIMES

株式会社レアリスタ(名古屋市中区、代表取締役 和田大輔、以下レアリスタ社)は10月20日に、現地の人の知識や時間を利用したディープな旅体験を提供するairfriend(エアフレンド)をリリースしました。また、airfriendのリリースに伴い株式会社サムライインキュベート (本社:東京都品川区 代表取締役社長:榊原健太郎) を割当先とする第三者割当増資を実施致しました。



[画像1: リンク ]



■サービス名
airfriend (読み:エアフレンド)
リンク

■airfriend(エアフレンド)とは?
airfriendは、旅行者と現地で暮らす人が簡単に繋がることができるプラットフォームです。 旅先に友人や知人がいなくても、現地フレンドが知識や時間をシェアしてくれるので初めて訪れる街でもすぐに溶け込め特別な時間が過ごせます。


■airfriendの利用ユーザー
対象都市に訪れる個人旅行者と対象都市に暮らす人達が利用ユーザーとなります。訪日外国人旅行者にも利用してもらえるように多言語化(英語版)や通貨変換など利用しやすい機能を提供しています。リリース時の対象都市は日本国内が東京、大阪、京都、名古屋、福岡、沖縄の6都市。海外はソウル、台北、上海、バンコクの4都市。対応言語並びに、対象都市は今後順次拡大していきます。


■3つの特徴
1. 現地のフレンドに質問できる
※旅先のディープな情報を現地のフレンドに質問できます。答えてくれたフレンドの詳細プロフィールが確認できるので、年代や性別、嗜好の違いによるミスマッチ等が防げます。

2. 現地フレンドと会話できる
※気になるフレンドとメッセージを通じて会話できます。会員登録いただいているフレンドは旅行者に親切な人ばかりなので共通の話題などで交流して下さい。(万が一、気に入らないフレンドがいた場合、事務局に通報する機能やアクセスを遮断するブロック機能があるので安心してご利用いただけます)

3. 現地フレンドの時間を購入できる
※フレンドの時間を購入して旅先で一緒に遊べます。ゲストとホストが直接会わない時間の購入も可能なので、「台北で食べたあのスイーツを東京に送って-!」なんて依頼にも対応可能です。


■他社サービスとの違い
他社サービスは、観光ガイドやオプショナルツアー会社が提供する現地体験の代替えサービスが多く見られますが、airfriendは現地で暮らす人への質問や会話等から生まれるコミュニケーションを通じて多様なつながりを創出するコミュニティです。旅行前、旅行中、旅行後の全てのシーンで利用することができるのが特徴です。また、旅行に行く予定が無い方でも海外の友人をつくるなどで幅広い目的でご利用いただけます。


■airfriendの将来
2020年までに対応言語を増やし、4000万人訪れると予想される訪日外国人旅行者と日本のフレンドがairfriend上で繋がり、たくさんの交流が生まれるサービスを目指します。その後、訪日時に利用した外国人が自国に戻った際にホストとして活躍してもらい、多国間で利用してもらえる国際的なサービスに成長させます。


■会社概要
会社名:株式会社レアリスタ
設立:2011年1月
代表者:代表取締役 和田ダイスケ
連絡先:hello@realista.co.jp


■写真
【TOP】


[画像2: リンク ]


【フレンド一覧】
[画像3: リンク ]


【プロフィール】

[画像4: リンク ]



【タイムシェア】

[画像5: リンク ]



[本件にするお問い合わせ先]
 株式会社レアリスタ
 カスタマーサポート
 hello@realista.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。