logo

【藤田観光】ホテル業界初 「イクボス企業同盟」に加盟

藤田観光株式会社 2016年10月18日 14時03分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(本社:東京、代表取締役社長:瀬川 章)では、2016年10月18日(火)より、特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン(安藤哲也代表理事)が設立・運営する『イクボス企業同盟』にホテル業界として初めて加盟をいたしました。

当社では、「多様な人材の育成と働きがいのある職場作り」を中期経営計画(2015年~2019年)における全体戦略の一つに据え、「ワーク・ライフ・バランス」、「ダイバーシティ&インクルージョン」を推進しております。また2015年4月より「働き方改革プロジェクト」をスタートさせ、1人ひとりの多様性を尊重して「働きやすい会社、働きがいのある会社」を目指しています。
当社内における「ワーク・ライフ・バランス」「ダイバーシティ&インクルージョン」をさらに浸透させていくためにも、組織の要である管理職の価値観や仕事の取り組み方を改めて見直し、部下のワーク・ライフ・バランスのみならず自らの働き方を変革する必要があることから、この度の加盟に至りました。

サービスを提供する従業員の満足(ES)がお客さま満足(CS)に直接反映する業界であるからこそ、お客さまに一層質の高いサービスを提供するためにも、従業員一人ひとりが“自立した個人”としてワークとライフをマネジメントし、充実感を得て仕事に取組むことを目指してまいります。


「イクボス」とは
職場で共に働く部下、スタッフのワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します。

「イクボス企業同盟」とは
従業員の価値観が多様化する時代において、「イクボス」の必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の理想の上司を育てていこうとする企業のネットワークです。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事