logo

米フェノックス・ベンチャー・キャピタル、マネーフォワードの11億円のファイナンスラウンドにリード出資

株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン 2016年10月05日 12時00分
From PR TIMES

Fenox Venture Capital (本社:米国シリコンバレー、共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン、以下 「Fenox VC」)は、Fintech最大手のひとつ株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻 庸介、以下「マネーフォワード」)に、リードインベスターとして出資しました。今回のラウンドは、マネーフォワードにとって、海外展開を支援する米Fenox VCをはじめとする、銀行と大手金融機関等からの第三者割当増資と借入を合わせた総額約11億円となります。

お金のプラットフォームを提供するマネーフォワードは、個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」で、2016年9月に利用者数400万人を突破いたしました。これからの事業展開をより加速させるために、北米やアジアなど世界各国に拠点を置き、グローバルネットワークを持つFenox VCは、引き続きマネーフォワードをサポートしてまいります。

<マネーフォワード代表取締役社長CEO 辻 庸介氏のコメント>
「当社のグローバル展開を今後推進するにあたり、投資先の海外展開支援を多く手掛けた実績を持たれるFenox VCにご支援いただきたいと考え、昨年の資金調達時にご参画いただきました。Fenox VCが昨年に引き続き当社の成長性・実績を評価いただき、追加出資を行っていただいたことは、非常に嬉しく思っております。Fenox VCはすでに数多くの日本のトップベンチャー企業に投資し、彼らのグローバル戦略をサポートしています。Fenox VCのサポートにより、より幅広い視点で世界規模の事業展開を今後進めていきたいと考えています。」

<Fenox VCの共同代表パートナー兼CEO アニス・ウッザマンのコメント>
「今回がマネーフォワードへの2回目の出資となりますが、同社に出資させていただいて大変光栄に思っています。これからもマネーフォワードのさらなる成長を応援していきます。私たちFenox VCは、3~5年で日本のスタートアップに対して、200億円を投資する計画を持っており、去年(2015年)だけで総額約24億円の投資を完了しています。我々Fenox VCは、これからも投資とサポートを加速させ、グローバル展開を狙う日本のベンチャー企業に投資していきたいと思います。」

■株式会社マネーフォワードについて
マネーフォワードは、個人向け自動家計簿・資産管理サービスとビジネス向けクラウドサービスの開発・提供を行っています。個人向け自動家計簿・資産管理サービスでは、銀行、クレジットカード、証券会社、年金、ポイント、マイルなどの情報を一度登録するだけで、残高や支出の情報を自動で取り込み分析します。いつでも、どこでも、簡単にお金を管理できるようになります。また、ビジネス向けのMFクラウドシリーズでは複雑なバックオフィス業務に対し、取引入力や仕訳の自動化で作業時間を大幅削減できます。

■Fenox Venture Capitalについて
Fenox VCは、米国シリコンバレーに本社を構え、これまでに北米、日本、東南アジアにて85社以上のスタートアップへの投資を実施しているベンチャーキャピタルです。日本では、株式会社エボラブルアジア(東証マザーズ上場:2016年3月31日)、株式会社メタップス(東証マザーズ上場:2015年8月28日)や株式会社ディー・エル・イー(東証マザーズ上場:2014年3月26日、東証一部へ市場変更:2016年4月15日)といった既に上場した企業のほか、テラモーターズ株式会社、株式会社ZUU、株式会社FiNC、株式会社ジーニー等への投資を行っており、これら投資先の海外展開支援を手掛けた実績を有します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事