logo

女性は男性よりSNSで映画の評判を集める! Instagramで感想を書く人も2割

~社会人女性の映画鑑賞とWebマーケティングの実態調査~

株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一、以下「当社」)は、当社オウンドメディア「サチラボ」編集部にて、20~50代の女性における、映画鑑賞とWebマーケティングの関係を探る実態調査をいたしました。



[画像1: リンク ]


【調査背景】
サチラボでは、9月16日に社会人の男性を対象に映画鑑賞とWebマーケティングの関係を調査し、同サイト内にて分析結果を公開いたしました。その結果、鑑賞前の情報収集、鑑賞チケットの購入、そして鑑賞後の感想と、あらゆるプロセスにおいてWeb上の情報が深く関わっていることが明らかとなりました。その一方で女性に限定した場合どのような傾向が見られるのか、違いはどのような形で表れるのかを知るため、同様の調査を実施することといたしました。

調査結果の詳細は、下記URLにて公開しております。
リンク

【調査概要】
調査の目的 :映画鑑賞とWebマーケティング実態調査
調査方法   :Webアンケート
調査対象地域 :全国都道府県
調査対象者   :20歳~59歳の社会人女性
有効回答数  :115名
本調査属性  :過去1年間で「インターネット上の情報(※)」をきっかけに映画館
(シネコン、単館上映など)へ行かれた方。
※:「インターネット上の情報」は予告編等の動画コンテンツ、
ポータルサイトのニュース、ブログ、SNS、レビューサイト、バナーなどを含みます。

【主な調査結果】
■本調査に参加した社会人女性の場合、8割が映画作品を観る前にインターネットで評判を確かめる。主要な情報源は「ニュースサイト」と「映画ポータルサイト」だが、「Twitter」「LINE」「Facebook」などSNSでの評判も重視する傾向(下図参照)
[画像2: リンク ]


■映画作品のチケットは「リアルでの購入」が7割。その中でも「映画館での当日購入」が突出して高く、全体の4割以上を占めている。(下図参照)
[画像3: リンク ]


■社会人女性にとってもSNSは映画作品の情報収集と発信の場所として活用されている。今回の調査では、回答者のうちおよそ半数が「インターネットに感想を書きこむ」と回答した。SNSに限定すると「Twitter」に感想を書く人が最も多いが、「LINE」「ブログ」も支持されている。さらに、「Instagram」に書き込む人も2割存在し、男性よりも感想を投稿するときに活用するメディアが幅広い。(下図参照)
[画像4: リンク ]


前回調査における、社会人男性がWeb上で映画作品の感想を書く場所のグラフは下図を参照。
[画像5: リンク ]



■観るかどうか迷っている作品に対しては、女性のおよそ半数が「絶賛の口コミが多かったら観に行こうと思う」と回答。(下図参照)
[画像6: リンク ]


【今回アンケートを行った設問項目】

Q1:あなたは「映画館で映画を鑑賞する前に」インターネットで作品の評判を見るとき、具体的にどこで映画の情報を収集しますか。あてはまるものを全てお選びください。

Q2:あなたは「映画館で映画を鑑賞する前に」作品の公式サイトはチェックしますか。最もあてはまるものを一つお選びください。

Q3:映画作品の「公式SNSアカウント」に関連することで、あなたはこれまでどんな行動をしたことがありますか。あてはまるものを全て教えてください。

Q4:あなたが映画作品のチケットを購入するとき、どのように購入することが多いですか。最もあてはまるものを一つ教えてください。

Q5:あなたは映画を鑑賞した後、インターネット(SNS、ブログ、レビューサイトなど)に感想を書きますか?最もあてはまるものを一つお選びください。

Q6:(Q5で「感想を書く」選択肢のいずれかを選んだ方のみ) あなたはインターネット(SNS、ブログ、レビューサイトなど)で映画作品の感想を書くとき、主にどこで感想を書きますか。感想を書く頻度が高いものを上位3つまでお選びください。

Q7:あなたは、観るか迷っている作品について調べているとき、絶賛の口コミが投稿されていたら、観に行きますか?次のうち、最もあてはまるものをお選びください。

Q8:あなたは、観るか迷っている作品について調べているとき、酷評する口コミが投稿されていたら、観に行くことをやめますか?次のうち、最もあてはまるものをお選びください。

各設問の結果や詳細な考察については、サチラボの下記URLよりご覧いただけます。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。