logo

飛騨移住を考える人のwebサイト「グッとくる飛騨」が「コロカル」と連携。移住・定住を促進する特集の発信と、地域編集部づくりのためのワークショップを開催。

飛騨地域創生連携協議会 2016年10月03日 15時06分
From PR TIMES

特集「あたなはなぜ飛騨を好きになったのですか?」をスタート!

飛騨の移住応援webサイト「グッとくる飛騨」は「コロカル」と連携し、特集記事の配信と、未来の地域編集部と題した編集ワークショップを開催します。



飛騨地域の4つの市村(高山市、下呂市、飛騨市、白川村)によって構成される飛騨地域創生連携協議会(会長:高山市長 國島芳明 事務局:高山市役所ブランド戦略課 以下、当協議会)は、飛騨地域への移住・定住促進のため、マガジンハウスが運営するローカルwebマガジン「コロカル」(リンク)との連携事業をスタートします。

[画像1: リンク ]


当協議会とコロカルがパートナーシップを結んだ本プロジェクトでは、webサイト「グッとくる飛騨」(リンク)とマガジンハウス社が運営するwebメディア「コロカル」の連携で、以下の事業を推進します。

1. 飛騨地域の移住・定住の特集記事を発信
2. 飛騨「未来の地域編集部」として編集ワークショップを開催

今年度は、メディアタイアップとしての特集記事発信だけに留まらず、地域編集部クリエイターの育成を行うことで、地域発の持続的な情報発信を実現する地域プロモーションに繋げていくことが目的です。そのためのスタートアップとしての位置づけとして、「未来の地域編集部(準備室)」と題した全4回の編集ワークショップも同時に実施することに決定致しました。

1. コロカル特集記事発信について
この特集を「あなたはなぜ、飛騨を好きになったのですか?」と題して、飛騨市、高山市、下呂市、白川村の4市村からなる飛騨地域の暮らし、仕事、子育て、ライフスタイルの魅力を掘り起こし、そのストーリーを発信していきます。移住というテーマで、自分には関係ないと思われてしまわないように、暮らしの側面を強く伝えていく記事からスタートし、徐々に各市村の移住・定住のストーリーに展開していく予定です。


2. 飛騨「未来の地域編集部」準備室 編集ワークショップについて
このワークショップでは、これからの地域プロモーションに必要な地域内クリエイターの育成が目的となります。地域住民や移住者をはじめとした次世代を担う若者を対象に、プロの編集者、フォトグラファー、ウェブディレクターが講師となり、平成29年3月までに全4回のワークショップを開催する予定です。

ワークショップを通して、webサイトや冊子の編集を学びながら、未来の地域づくりやその発信を行っていくネットワークづくりが始まります。これからの地域創生の課題となっている“地域での自立した発信力”づくりを、自治体とメディアが連携して行う新たな取り組みとなります。また、卒業制作としてコロカル上での記事掲載も可能となり、都市部より発信系の移住者獲得も同時に目指します。ぜひ、ご注目ください。

【飛騨「未来の地域編集部」準備室ワークショップ】

日程
第1回 2016年10月30日(日)13:00~17:00
第2回 2016年11月27日(日)13:00~17:00
第3回 2017年1月 15日(日)13:00~17:00
第4回 2017年2月 19日(日)13:00~17:00
※全4回予定

開催場所:co-ba HIDA TAKAYAMA
住所:岐阜県高山市本町3-7(高山印刷1F 宮川側入口)
アクセス:JR高山駅徒歩10分
リンク
料金:無料
定員:20名
申込み方法:以下フォームよりお申し込みください
リンク

ワークショップの内容について
第1回 編集とはなにかを知る
第2回 目次(取材プラン)づくり
第3回 記事制作について
第4回 編集部運営について
※内容については、変更になる可能性もあります。

[画像2: リンク ]

飛騨地域の移住・定住情報を発信するwebサイト「グッとくる飛騨」(リンク)。ワークショップ参加者は実際にこのwebサイトの記事制作をはじめ、コロカルの記事、その他広報宣伝物の記事制作などを行う。

■飛騨地域創生連携協議会とは
飛騨圏域の地方創生を進めるため、高山市、飛騨市、下呂市、白川村の連携によって設立された協議会。首都圏等在住者を対象に、広域的な取り組みによる移住・定住促進事業を効果的に展開することにより、飛騨地域への移住・定住者の増加を図るとともに地域の活性化に繋げる。


2016年度 業務委託先
株式会社 美ら地球(代表取締役:山田拓)
住所:岐阜県飛騨市古川町弐之町8-8
電話番号:0577-73-2104 URL:リンク


[画像3: リンク ]

■「コロカル」媒体概要
2012年1月から(株)マガジンハウスが運用を開始した、日本のローカル(地域)をテーマにしたウェブマガジン。観光、ライフスタイル、地域創生、アート、建築、ものづくり、食文化などさまざまな切り口で日本の地域の魅力と実践を発信している。月間UU約50万人、月間PV約100万PV

【本件に関するお問合せ先】
飛騨地域創生連携協議会(事務局:高山市役所ブランド戦略課 藤垣武史)
電話:0577-35-3001 メールアドレス:info@hida-iju.com
株式会社美ら地球 広報担当:白石達史
電話:0577-73-2104 メールアドレス:t.shiraishi@chura-boshi.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事