logo

「空間内を無限に歩く」体験型VR、デジタルコンテンツEXPOに展示決定

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 2016年10月03日 11時00分
From PR TIMES

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社と、バーチャルリアリティ技術を端緒として様々な角度からサイバネティック・インタフェースの研究を行っている東京大学大学院情報理工学系研究科の廣瀬・谷川・鳴海研研究室の共同研究成果である「Unlimited Corridor」が経産省のコンテンツ技術イノベーション事業の一環として優れたコンテンツ技術を発掘・評価する「Innovative Technologies 2016」に採択されました。

Unlimited Corridorは2016年10月27日から30日まで日本科学未来館にて行われる「デジタルコンテンツEXPO2016」のInnovative Technologies 2016エリアにて展示されます。入場は無料となっておりますのでぜひこの機会にUnlimited Corridorをご体験ください。



[画像1: リンク ]


Unlimited Corridorとは

[画像2: リンク ]

Unlimited Corridorは、広大なVR空間を自らの足で歩いて探索する体験を、狭いトラッキングスペースでも実現可能にする新しいエンタテインメントVRシステムです。体験者はHMDを装着し、6m四方の空間に建てられた円形の壁に触れながら歩くことで、工事中の高層ビルの足場の上を自分の足で探索して、子供が飛ばしてしまった風船を拾いに行くミッションをVRで体験できます。

人の空間知覚をコントロールする新技術を利用

[画像3: リンク ]

本研究では新技術「視触覚リダイレクション」を利用しており、現実世界の曲がった壁に触れると同時にVR世界で平面の壁を視覚的に提示することで、平面の壁に触れながら直進している感覚を生じさせます。これによりユーザの空間知覚を強力に操作し、従来の1/50以下のスペースで無限に歩けるVR体験を実現可能にしました。

視触覚リダイレクションは以下の2つの技術を組み合わせた新技術です。


[表: リンク ]



この基本原理に加え、円形の壁の中央に通路を配置することで、三叉路を含む複雑な構造のVR空間を無限に探索できるようにし、実現できるVRコンテンツの幅を拡げる工夫を実現しました。

Unlimited Corridorの基礎理論は東京大学大学院情報理工学系研究科助教、鳴海拓志とユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの簗瀬洋平によって作られ、東京大学大学院情報理工学系研究科松本啓吾らによって実装されました。

デジタルコンテンツEXPOについて
今年で9回目の開催となるデジタルコンテンツEXPOは、コンテンツ分野で活躍する研究者やクリエイター、企業関係者等が最新情報を交換しながら、コンテンツ産業の5年後、10年後の将来像を描き出すことをテーマとしたイベントです。コンテンツ技術に関する様々なプログラムやシンポジウム・ステージ、展示が行われます。

デジタルコンテンツEXPO2016 公式サイト
リンク

開催概要
開催日時
2016年10月27日(木) 開場 13:00 ※招待デーのため、事前予約が必要です。
2016年10月28日(金) ~ 2016年10月30日(日) 開場 10:00

会場
日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

入場料
無料 ※一部のシンポジウム、セミナーで有料となる場合があります。

事前予約
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。