logo

BiNDクラウドに、CMS「BiND Press」搭載でサイトのブログ化が可能に。9月27日(火)より提供開始。

株式会社デジタルステージ 2016年09月27日 16時38分
From PR TIMES

さらにオフラインでも編集可能、公開サーバーも自由。安心して選べるクラウドサービスへ



株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:熊崎隆人)は、オンラインウェブ制作サービス「BiNDクラウド(バインド・クラウド)」に新たにCMSを導入し、ブログ機能「BiND Press(バインド・プレス)」をはじめとする大幅な機能アップデートを2016年9月27日(火)より行います。

[画像1: リンク ]



今回BiNDとして初めてCMSを導入し、「BiND Press」として提供を開始いたします。BiNDで作ったサイトの一部やすべてをブログ化できるようになり、記事タイトルが自動で表示される新着情報や、記事リストをタイル状に並べる人気のレイアウトなど、一般のブログ提供サービスとは一線を画すオリジナルデザインのブログが作成できます。記事を投稿するだけでページが自動生成されるため更新作業を軽減するほか、スマートフォン(以下、スマホ)からの投稿に対応します。

さらに、BiNDクラウド・プロコース以上には、同日発売するウェブ制作ソフト「BiND for WebLiFE* 9(バインド・フォー・ウェブライフ9)」相当の機能が搭載されたローカルアプリケーション「BiNDクライアント」を提供いたします。クラウドとローカルで常にサイトデータを同期するため、ネット環境が不安定な場合でも作業ができるほかデータのバックアップも行え、より一層安心して使うことができます。また、サイトデータの公開先をBiNDクラウドサーバー上のほか、任意のサーバーを選べるようになりました。

BiNDは、制作環境を作り手が選択できる理想的なウェブ制作ツールを提案し続けてまいります。

---
【BiNDクラウドについて】
グッドデザイン賞 中小企業庁長官特別賞 受賞 特許取得番号 第5322403号
[画像2: リンク ]


BiNDは、HTMLやCSSなどのタグやスクリプトを記述しなくても、
デザイン性の高いテンプレートと特許取得のブロック編集によって、
自在にウェブサイトを作成できるオーサリングツールです。

リンク


for Windows/Mac起動画面
エントリーコース:初年度無料 2年目以降480円/月
プロコース:2,980円/月 29,760円/年(月換算2,480円)
ビジネスコース:9,800円/月 98,000円/年(月換算8,166円)


★同期機能「BiND Box」は安定した機能提供のためまずはβ版としての提供を経て正式リリースいたします。
★ブログ機能「BiND Press」のスマホからの更新は機能の提供時期を延期しています。決定次第、公式サイトでご案内いたします。


【スマホからの投稿・更新が可能に】
■ブログ機能「BiND Press」登場!スマホで更新性UP
[画像3: リンク ]


記事を投稿するだけでページが自動で生成されるCMSを導入しました。
記事タイトルが自動で表示される新着情報や、記事リストをタイル状に並べる人気のレイアウトにも対応。いわゆる外部のブログサービスで作るブログとは異なる、オリジナリティ溢れるブログが作成できます。
スマホでの投稿にも対応し、情報をアクティブに発信して集客を狙うオウンドメディア制作に最適です。
※PC/スマホのブラウザ編集はクラウド利用時のみ。スマホでの編集は記事投稿のみ。

【画期的!オフライン編集を実現】
[画像4: リンク ]


■オンライン/ローカルを選べるスタイルを主流に
BiNDクラウド・プロコース以上では、ローカル環境で利用できるBiNDクライアントを提供いたします。ネット環境が不安定な場所でも、インストールしたPCであればBiNDを利用できるため環境に左右されず安心です。同期機能BiND Boxにより、ローカルとクラウドそれぞれで作成したサイトデータを常に同期するため、両環境で気にせず最新のデータを編集できます。また、公開サーバーは任意のサーバーを選べるようになったため、ワークスタイルに合わせた自由なサイト運営が実現します。
[画像5: リンク ]



※同期機能のBiND Boxはベータ版を経て正式提供いたします。


【スクロールするたび驚きがプラス】
■トレンド色、満載!アニメーションの新機能が充実
[画像6: リンク ]


Webを見ながら楽しめるトレンドのアニメーション機能を多数搭載。ヘッダーがスクロールとともに現れる「ゴーストヘッダー」や、特定のブロックがスクロール時に上部に吸着して固定される「スティッキーブロック」のほか、ブロック内の要素をアニメーションで表示する「アニメーションブロック」では、上下左右からのスライドやフェードの動きも多彩に用意しました。コンテンツを注目させる効果はもちろん、利便性を保ちつつ必要な要素の邪魔にならないように配置できることも利点です。

【欲しかったあらゆる機能を搭載】
■スマホで見やすいテキストボタンや簡易パスワード
[画像7: リンク ]


導線として重要なリンクボタンは、さりげなく目立たせるフラットデザインが最近の主流。テキストボタンなら、画像化せずテキスト情報で作れるので、SEO対策に有効なのはもちろん、スマホで閲覧しても見やすく表示できます。
またページにパスワードを掛ける機能が加わりました。.htaccess対応のサーバーであればいずれのサーバーでも設定可能です。閲覧者を限定したいコンテンツの作成や、本番公開前に行うブラウザでの表示確認に非常に便利です。
その他かゆいところに手が届く、細かなブラッシュアップを多数行いました。

■動作環境 ※いずれの OSも日本語版のみ対応しています
【Windows】
Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10
※32bit /64bit 対応。ただし 64bit 版では 32bit モードで動作します
※Windows 8、Windows 10 では、「デスクトップモード」で動作します
【Mac】
macOS 10.9.5、macOS 10.10.5、macOS 10.11.4、macOS Sierra(10.12)
※全てサーバー版は除きます。
【共通】
CPU:インテルプロセッサ 2.4GHz 以上(Core i シリーズ 2.0GHz 以上推奨)
メモリ:2GB 以上(4GB 以上推奨)
1280x768ピクセル以上のモニタ(1440 × 900ピクセル以上を推奨)
5GB以上のハードディスク空き容量(10GB以上の空き容量推奨/RAID環境を除く)
その他の詳細については、製品ページに記載しています。

■閲覧環境
【Windows】IE11、Edge最新、Firefox最新、Google Chrome最新
【Mac】Safari9以上、Firefox最新、Google Chrome最新
【iOS】iOS 8.4.1以上の環境にインストールされたSafari 最新バージョン
【Android】Android 4.1以上の環境にインストールされたChrome 最新バージョン
【Webフォント閲覧環境】
・Internet Explorer 8 以上 ・Safari 5.1.10 以上 ・Firefox 最新 ・Chrome 最新
※ブラウザの種別や OS バージョンにより正しく表示できない場合があります。
※iPhone・iPad・Android(一部)を除く、携帯電話やその他スマートフォンでの Webフォント表示に対応しておりません。
※WordPress サイトでは、Webフォントはご利用いただけません。
※Webフォントの表示については、原則、フォントプラス、Google Fonts の仕様に準じます。

■お客様のお問い合わせ窓口/Email: contact@digitalstage.jp


---
※ 本プレスリリースに記載されている製品・サービス名は、デジタルステージおよび各社の登録商標です。
※ 記載の情報は予告なく変更になる場合があります。
---

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。