logo

LoRa(TM)に対応したIoT機器の開発を促進するSTM32搭載開発キットを発表

STマイクロエレクトロニクス 2016年09月27日 09時20分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、省電力広域ネットワーク(LPWAN)無線通信技術であるLoRa(TM)に対応したIoT機器の試作を可能にする、低価格の開発キットを発表しました。この開発キットは、STの32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32の開発エコシステムを活用しています。

わずか40ドルの開発キットであるP-NUCLEO-LRWAN1は、超低消費電力マイコンのSTM32L073を搭載したNucleo(NUCLEO-L073RZ)ボードと、Semtech社の実績あるLoRaトランシーバICのSX1272を搭載したRF拡張ボード(I-NUCLEO-SX1272D)で構成されています。STM32L073は、電力効率に優れたARM(R) Cortex(R)-M0+プロセッサとST独自の超低消費電力技術を採用しており、公共料金メータ、警報システム、測位機器、追跡装置、リモート・センサなどのホスト・マイコンに最適です。さらに、モーション・センサと温湿度センサを搭載したX-NUCLEO-IKS01A1など、各種拡張ボードを追加して機能を拡張することもできます。

長距離通信が可能なLoRaは、従来のセルラー通信方式よりも低消費電力、低コストなどのメリットがあります。さらに、多重通信モード、屋内外での高精度な位置認識、AES-128セキュリティなど、多様な機能を搭載しています。

新しい開発キットは、LoRaWAN(TM)バージョン1.0.1に準拠し、クラスA / Cプロトコルに対応する双方向通信機器の開発に必要な要素をすべて含んでいます。これらの双方向通信機器は、Over-The-Air Activation(OTAA)またはActivation-By-Personalization(ABP)で作動させることができます。また、この開発キットは、LoRaWAN規格認証試験の認証を取得しており証明書も同梱されます。さらに、LoRaWAN用ソフトウェア・パッケージであるI-CUBE-LRWANを リンク より入手することも可能です。

STM32の開発エコシステムは、STM32Cubeのツールやソフトウェア・パッケージ(サンプル・コード、ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)など)を含む充実した開発リソースを提供します。これらの開発リソースは、性能・消費電力・パッケージ・価格に関して幅広い選択肢を持ったSTM32ファミリのすべてのマイコン(約700品種)に移植することができ、短期間かつ低コストなシステム構築をを可能にします。また、使い慣れた統合開発環境やARM mbed™オンライン・ツールも利用できます。

低価格のP-NUCLEO-LRWAN1は、高性能なLoRa機器を開発する設計者、学生、ホビー・ユーザなど、さまざまなエンジニアに最適な開発キットで、現在、STのウェブサイトおよび販売代理店より入手可能です。詳細については、リンク をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2015年の売上は69.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事