logo

「英検CSE2.0スコア確認システム」サービス開始のお知らせ

公益財団法人日本英語検定協会 2016年09月20日 17時44分
From Digital PR Platform


公益財団法人 日本英語検定協会 (理事長:松川孝一、所在地:東京都新宿区、以下 「英検協会」)は、本日9月20日より、過去に実用英語技能検定を受験された方々(2005年度~2015年度の10年間に受験された方が対象)が、ご自身の成績を英検CSE2.0スコアに換算できるサービス、「英検CSE2.0スコア確認システム」をウェブサイト上にて開始いたします。

今後、入試に実用英語技能検定を採用し、その基準を英検CSE2.0スコアで掲示する大学がますます増加していくことが予想されます。過去に実用英語技能検定を受験された方がご自身の成績を英検CSE2.0スコアに換算することにより、過去からの英語能力の伸長度を客観的に把握し、より定量的に目標設定することができます。

<「英検CSE2.0スコア確認システム」 トップ画面>  
※下記URLをご参照ください。
リンク

【新サービス:「英検CSE2.0スコア確認システム」の使用方法】  
前述記載の「英検CSE2.0スコア確認システム」のトップ画面に、受験当時の“試験年度”、“回次”、“技能別の素点”をそれぞれ入力し、確認ボタンを押すと、英検CSE2.0スコアが表示されます。なお、本システムは、2004年度以前に受験された方はご使用いただけません。(2004年度に一次試験免除で、二次試験を2005年度に受験された方は利用可能です。)
詳細は、リンク をご参照ください。

また、本年11月より、実用英語技能検定の受験者の英検CSE2.0スコアを記載した、公式の「英検CSE2.0スコア証明書」の発行サービスも開始する予定です。このたびの新サービス「英検CSE2.0スコア確認システム」とあわせてご活用いただくことで、志望大学が出願基準にて「英検CSE2.0スコア証明書」の提出が必要としている場合に、不合格の方でも、また2015年度以前に受験した方でも、出願いただけるようになります。

英検協会は、今後とも実用英語技能検定のさらなる良質なる問題提供と、このたびのサービス同様、実用英語技能検定を受験される皆様に、目的に応じた、より高品質なサービスのご提供を行ってまいります。

【「英検CSEスコア」とは】
「英検CSEスコア」とは、国際基準規格CEFRと関連性をもたせたユニバーサルなスコア尺度であり、2014年の9月、まずは「1.0」版として英検協会と一般財団法人 日本生涯学習総合研究所と共同開発いたしました。以来、精緻化に努め、翌2015年12月、入試にも対応し得る、「2.0」版へと精度向上いたしました。それに伴い、本年度2016年度第1回検定から、受験者の皆様の成績表に「英検CSE2.0スコア」をご掲示させていただいております。※

国内の主要大学で各々の入試に実用英語技能検定を採用いただいていますが、この英検CSE2.0スコアの発表以来、入試基準に「英検CSE2.0スコア」をご掲示いただくようになりました。


プレスリリース:「英検CSE 2.0スコア」
リンク
プレスリリース: 「英検CSEスコアに伴う成績表示の変更」 
リンク



■公益財団法人 日本英語検定協会について
公益財団法人 日本英語検定協会は、「実用英語の普及と向上」を目的に1963 年に設立されました。以来、実用英語技能検定の実施・運営のほか、児童向けの「英検Jr.(旧・児童英検)」やビジネスパーソン向け英語能力テスト「BULATS(ブラッツ)」、留学・海外移住のための英語運用能力試験である「IELTS(アイエルツ)」、さらには英語教育に関する優秀な研究企画に助成金を交付する「英検研究助成」制度など、実用英語の普及・向上に向けた様々な取り組みを展開しています。2012 年4 月、内閣府からの認定書交付を受けて正式な団体名称を「公益財団法人日本英語検定協会」に改めています。
英検協会ウェブサイト:リンク

<本件の問い合わせ先>
公益財団法人 日本英語検定協会 広報課 板津 敏
TEL:03-3266-6840 FAX:03-3266-6570   E-mail: kouhou21@eiken.or.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事