logo

独立系ファイナンシャルアドバイザーを通じた対面型ラップサービス“楽天IFAラップ”の提供開始!

楽天証券 2016年09月14日 16時15分
From PR TIMES

~お客様に寄り添う資産運用コンサルティングをより多くの方へ~

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、投資一任型運用サービス「楽天証券ラップサービス」を、独立系ファイナンシャルアドバイザー(以下「IFA※1」)を通して、2016年10月1日(土)からご提供開始することをお知らせいたします。



近年、NISAの開始など、長期安定的資産形成のための運用ニーズがより一層高まっております。しかしながら、個人のお客様にとって、多様な金融商品の中から自分に合ったものを選択することや将来にわたって適切にマネジメントをしていくことが困難な場合もあります。

このような声にお応えするため、楽天証券では、2016年7月にインターネットを使ったロボ・アドバイザー・ラップサービス“楽ラップ”の提供を開始いたしましたが、今回、専門家と直接相談をしながら将来の資産形成を考えたい、といったニーズにもお応えするため、IFAを通じた対面型ラップサービス“楽天IFAラップ”の提供を開始します。

“楽天IFAラップ”では、まず資産形成の専門家であるIFAがお客様との面談を行い、資産形成のゴールとお客様の投資選好の両方の観点をお伺いいたします。そのうえでIFAがお客様に寄り添う資産運用コンサルティングを行い、それぞれのお客様に最適な運用コースをご提案致します。

対面型ラップサービスにもかかわらず手数料が最大年率1.728%(税込)※2と相対的に安く、また最低投資金額も100万円からとより多くの方にご利用いただける環境を整えました。更にお客様ご自身で運用状況をPCやスマートフォン等でいつでも確認できる利便性の高い革新的なサービスです。加えて、グローバルで活躍する運用会社やコンサルティング会社と連携することで、高品質の運用サービスを提供します。

楽天証券は、“楽天IFAラップ”の展開を通じて、お客様の多様なニーズにお応えし、長期の資産形成のお役に立ちたいと考えております。今後も「スピード」と「イノベーション」を旨とし、お客様のためになる商品・サービスのご提供に努めてまいります。
[画像1: リンク ]

1.IFAを通して提供するお客様に寄り添ったファイナンシャルアドバイスサービス
IFAは、お客様との面談等を通じて、どのようなライフイベントがあるのか、どのくらい資産があるのかなど、お客様の状況を把握し、資産運用方針等のコンサルティングを行います。そのうえで、金融商品で運用する資産について、“楽天IFAラップ”を提案します。IFAがお客様との面談を通じて運用コースを選択することで、リスクベースとゴールベースの両方からのアプローチを行い、お客様一人一人の資産形成プランに最適な提案をすることができます。

2.透明性の高い手数料(最大年率1.728%(税込)※2)と始めやすい最低投資金額(100万円)
対面型ラップサービスにもかかわらず、ラップサービスの運営・管理費用(別表1の投資顧問料および運用管理手数料)および組み入れるファンドの投資運用に係る費用(実質的な運用管理費用)を合計しても、最大年率1.728%(税込)※2となっており、相対的に低い水準となっています。また、従来、金融機関が提供しているラップサービスの多くは運営・管理費用のみを開示していましたが、“楽天IFAラップ”では、実質的な運用管理費用を含む費用を開示し、高い透明性を確保しました。加えて、100万円から1円単位で投資いただくことが可能となり、より多くの方にご利用いただける環境を整えました。

3.グローバルで活躍する運用会社が運用するファンドを厳選して採用
“楽天IFAラップ”が投資するファンド(別表2)は、楽天証券において流動性、価格の透明性、運用実績、運用手法、運用体制等を多角的に評価して選定されています。“楽ラップ”で採用されたインデックスファンドに加え、一般的には購入できないグローバルで高い実績のあるディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ※3やマサチューセッツ・ファイナンシャル・サービセズ・カンパニー※4が実質的な運用を行うファンドなど、アクティブファンドを組み入れました。

4.効果的な分散投資を実現するためのグローバル・トップ・プレーヤーと協働する運用体制
“楽天IFAラップ”は、“楽ラップ”と同様に、マーサージャパン株式会社※5からの助言をもとに、楽天証券のプロフェッショナルらが運用を行います。この運用体制により、お客様に安心してご利用いただける高い品質の運用サービスを提供するとともに、IFAが付加価値の高いアドバイスに専念することができる環境を提供します。

5.PCやスマートフォン等で資産残高や運用履歴を24時間いつでも確認可能
“楽天IFAラップ”は、インターネット証券として培ってきたノウハウを活用し、PCやスマートフォン等を使ってお客様ご自身が24時間いつでも日々の資産残高や運用履歴を確認することができます。

※1 IFAとはIndependent Financial Advisorの略で、金融商品仲介業者のことです。特定の金融機関に属さず、独立、中立的な立場から、常にお客様の側に立ち、最適と思われる資産形成に関する提案を行います。中長期のスタンスでお客様の生涯設計に携わり、いわば金融商品による資産形成の「かかりつけ医」として活躍しています。

※2 固定報酬型の場合のラップサービスの運営・管理費用及び組み入れるファンドの投資運用に係る費用(運用管理費用)の合計の最大値です。ラップサービスの運営・管理費用は、標準的な手数料体系の場合で、サービス内容によっては手数料が異なる場合があります。ファンドの投資運用に係る費用は、最大年率0.486%(税込)で、これは組入予定のファンドの実質的な運用管理費用を予定投資比率で加重平均した場合の上限目標値です。実際は上限目標値を超えないように運用を行いますが、急激な相場変動等により、一時的にこれを上回る場合があります。また、その他にかかる監査費用、組入有価証券の売買委託手数料などは、実費を投資信託財産中から支払うものとし、これらの費用の中には運用状況などによって変動するものもあるため、事前に具体的な料率、金額、計算方法及び支払時期を記載できません。

※3 ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズについて
1981年創業以来、一貫した投資哲学の下に学術研究を実際の投資ソリューションとして提供し、世界の株式及び債券を主要対象とする運用残高は約46兆円(2016年3月末現在)有しております。資本市場の科学的な研究により信頼性の高いリターンの源泉を特定し、統合された運用プロセスを通じて幅広く銘柄分散されたポートフォリオを先進的なトレーディング手法によりコスト効率良く実装することで付加価値を高めてきた運用実績を備えております。

※4 マサチューセッツ・ファイナンシャル・サービセズ・カンパニーについて
1924年に米国で創業した米国最古の資産運用会社の1つです。世界に9つのリサーチ拠点を展開し、8つのグローバル・セクターチームによるボトムアップ・リサーチに基づき、株式や債券などの伝統的資産のアクティブ運用に特化した運用商品を提供しています。グループ全体で約70ヵ国の顧客から総額約47兆円(2016年3月末現在)の資産を受託し、運用しています。

※5 マーサージャパン株式会社について
組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野のグローバル・コンサルティング・ファームであるマーサーの日本法人です。140カ国以上で、25,000超のクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。日本においては、35年余の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対しサービスを提供しています。

以上

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問協会

別表1:運営・管理費用(すべて税込)※6
固定報酬型(I)と成功報酬併用型(II)の2種類から選ぶことができます。
(I)固定報酬型
[画像2: リンク ]

(II)成功報酬併用型
固定報酬部分(ア)に加えて、実質運用益に応じてかかる成功報酬部分(イ)が加算されます。
(ア)固定報酬部分
[画像3: リンク ]

(イ)成功報酬部分
成功報酬 = 実質運用益 × 5.40%(税込・円未満切捨て)
※6 標準的な手数料を記載しています。サービス内容によって、手数料が異なる場合があります。

別表2:“楽天IFAラップ”が投資するファンド
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

※7 マサチューセッツ・ファイナンシャル・サービセズ・カンパニーが実質的な運用を行っているファンドです。
※8 ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズが実質的な運用を行っているファンドです。
※9 実質的な運用管理費用とは、お客様が直接負担する運用管理費用に加え、間接的に負担することとなる運用管理費用を加えたものです。主に、ファンド・オブ・ファンズの場合、ファンド固有の信託報酬の他に、当該ファンドが投資対象とする他のファンドにおいても信託報酬等がかかるため、当該信託報酬等が加味された料率を表示しております。
なお、投資対象とする他のファンドの信託報酬や費用は、実際のファンドの組入れ状況によって変動するため、概算値にて表示しています。

(委託会社略称)
キャピタル: キャピタル・インターナショナル株式会社
スパークス: スパークス・アセット・マネジメント株式会社
SSGA: ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
DIAM: DIAMアセットマネジメント株式会社
ニッセイ: ニッセイアセットマネジメント株式会社
マニュライフ: マニュライフ・アセット・マネジメント株式会社
楽天AM: 楽天投信投資顧問株式会社
SMAM: 三井住友アセットマネジメント株式会社
BNYメロン: BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン株式会社

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事