logo

ハイセンスがIFA 2016で世界初のトリプルドラム式の洗濯機を発表

Hisense's Washing Machine Business Department 2016年09月13日 14時20分
From 共同通信PRワイヤー

ハイセンスがIFA 2016で世界初のトリプルドラム式の洗濯機を発表

AsiaNet 65700(1143)

【青島(中国)2016年9月12日PR Newswire=共同通信JBN】ハイセンス(Hisense)は、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス・トレードショーの1つである今年のベルリンでの2016年国際コンシューマー・エレクトロニクス展(IFA)で、世界初の革新的なトリプルドラム式洗濯機を発表した。ハイセンスはこのイノベーションで世界中の注目を浴びた。世界各地からやってきたコンシューマー・エレクトロニクス分野の競合企業数社の関係者らが新型洗濯機を一目見ようとハイセンスのブースを訪れた。

Photo  - リンク

従来のシングルドラム式洗濯機とは異なって、ハイセンスのトリプルドラム式洗濯機は、こうしたおなじみの家庭用製品に対する中国家電大手による新規なアプローチである3つのドラムを備えている。このため家事担当者は通常の衣類、下着、靴下をそれぞれ専用の3つのドラムに分けて洗濯することができるようになる。ユニークなデザイン・アプローチにより、消費者は洗う前に洗濯物を分類するというかつてない選択肢が可能となり、またこれまではプロのクリーニング・サービスでしか得られなかったような洗濯体験を得ることが可能となった。この多目的のトリプルドラム式洗濯機は、高品質な家庭用製品を求める中国消費者の高まる需要への対応で、先鞭をつけるものになるとみられる。

この革新的な製品により、そして当社のイノベーション精神と優秀な国際的な技術開発チームと相まって、ハイセンスはその広範囲な専門技術と長年の経験を立証して見せることができた。その成果は、業界破壊的な革命的な製品、すなわち最適化されたシステム・マッチングを伴う再設計のプラットフォームに基づくフロントローディング(前部投入)型洗濯機の創造である。この製品は、構造形態および動力、衝撃吸収システムの設計の面でいくつかの画期的な改変が加えられており、製品の幅や高さを拡大することなく、3つのドラムを1つの製品の中に収めることが可能な洗濯機になっている。ハイセンスは洗濯機の定義を改めたのである。

ハイセンスはまた今年のIFAで、従来のフロントローディング型洗濯機のデザインを新たな洗濯漕と組み合わせたHuanxi洗濯機を展示した。省スペースのHuanxiは、多目的機器で、コンパクトな現代のキッチンやバスルームにぴったり納まる機器を求める需要に応えたものである。

これまで中国では入手できなかったハイセンスのオリジナルのPin-ZhijingおよびHuanxi両洗濯機がIFA 2016に初出展された。これらのハイセンスからの新展示製品は、同社が国際高級家庭用品市場へのプレゼンス拡大に向けた同社のビジョンとコミットメントを示したものである。ハイセンスは世界市場で、特許を有するイノベーションと先端技術による製品で特徴づけられた中国製洗濯機の新たなアイデンティティーを樹立することを目指している。

ソース:Hisense's Washing Machine Business Department


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。