logo

日本初登場! 「フェアトレード×オーガニックコットン×障害者アート」OEMを開始

株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ 2016年09月09日 16時08分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月9日

株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ

開発途上国の課題解決+障害者の自立を支援

株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ(東京千代田区)は、社会福祉法人東京コロニー アートビリティ(東京中野区)と協業し、障害者アートを使用したコットン製品のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を10月より開始します。本製品は国際フェアトレード認証とGOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)認証を受けています。9月26日から28日まで東京ビッグサイトで開催される「JFWインターナショナルフェア」にて展示します。
 フェアトレードとは、開発途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の自立を支える仕組みです。国際フェアトレード認証(ラベル)とは、製品が国際フェアトレード基準に従い認証を受けていることを保証するものです。しかし、国際フェアトレード認証ラベル製品の市場規模は世界第1位の英国の約2,900億円に対し日本が2015年にようやく100億円に達したところです。2020年の東京五輪を控え自治体や大手企業の動きは活発な反面、一般消費者の意識は低いのが現状です。 
 株式会社フェアトレードコットンイニシアティブは「フェアトレードをもっと身近に感じてもらいたい」という想いから、中間業者を介さず生産者と直接つながることによって適正な価格を実現。4月には、東京都墨田区の老舗バッグ企業とのコラボレーションにより、途上国の課題解決と同時に日本の伝統技術の承継に貢献するトートバッグを販売開始しました。
 今回は、社会福祉法人東京コロニーが運営する障害者アーティスト専門のアートライブラリー「アートビリティ」とのコラボレーションにより、途上国の課題解決と同時に障害者アーティストの自立支援に貢献します。「アートビリティ」は、全国から応募された作品を「審査→合格した作品のみをデータの形で保存→企業や団体などに有料で貸出→使用料の一部を作家へ還元」するというシステムです。この障害者アートを国際フェアトレード基準で調達されたオーガニックコットンに使用した製品は初登場です。

 製品化にあたっては、デザインの力でフェアトレード&オーガニックコットンを日本に普及させる活動を行っているNPO法人EDUCARE(申請中)のグラフィックデザイナー福島治氏がデザイン、プロデュースしています。

※ 環境に配慮した「グローバルオーガニックテキスタイルスタンダード(GOTS)」で認証され、「国際フェアトレード認証」も受けたオーガニックコットン100%の生地を使用した製品です。本製品ではすべての商品に「国際フェアトレード認証ラベル」が付きます。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事