logo

新しいPVQスコアにより、自動ビデオQCソリューションの誤判定を低減

テクトロニクス 2016年09月09日 10時00分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2016年9月9日


テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、ビデオ制作、ポストプロダクション、コンテンツ配信、放送局などで使用されるAurora自動ファイルベース品質管理システムの機能強化を発表します。これにより、膨大な量のコンテンツの効率的なテスト/モニタリングが可能になります。
(Aurora リンク

強化される機能の一つはAuroraに追加される機能である、PVQ(Perceptual Video Quality、知覚ビデオ品質)測定であり、ファイルベース・コンテンツの品質測定を正確にします。もう一つの機能強化が、AWS(Amazon Web Service)クラウド環境での動作と、フランスで求められるAS-10 PAD配信仕様のAuroraサポートです。

放送業界が多くのサービスをファイルベース配信へと移行し、マルチスクリーンまたはOver-The-Top(OTT)メディア・サービスが普及するにつれ、テスト/検証が必要なビデオ・コンテンツの量は急速に増加しています。すべてのコンテンツの効率的に維持するためには、自動QCツールの使用が適しています。このツールは、マニュアルでのQCに比べて速度、コストに優れていますが、自動ツールには、視聴者体感に実際に影響を及ぼさない誤判定を除外しなければならないという難しさがあります。

今回のAuroraの発表では、テクトロニクスはビデオ・ネットワーク・モニタのSentryファミリで実績のあるPVQ技術を取込むことにより、直接的にこの問題に対応しています。これにより、長年における現実の検証をベースにした正確な品質測定が可能になり、オペレータはファイルベースとライブ・ストリーム・モニタリング技術との相関性が得られます。Sentry同様、AuroraもQoE(Quality of Experience、ユーザ体感品質)に影響を及ぼす、ビデオ圧縮障害を検出するために設計された専用のアルゴリズムを使用して、ビデオ・コンテンツを解析できます。またAuroraは、MOS(Mean Opinion Score、平均オピニオン評点)と似たフォーマットにより、ビデオ品質をグラフ表示します。業界で知られている測定基準のMOSは、視聴者の視点で認識される、品質の数値表現です。

テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのチャーリー・ダン(Charlie Dunn)は、次のように述べています。「コンテンツ配信は、マルチスクリーンやABR(Adaptive Bit Rate)配信モデルに移行しているため、ファイルベース・コンテンツの品質維持は終わることの無い仕事になっています。Auroraに新たに追加された機能は、当社のお客様がすべてのコンテンツの品質を管理するために貢献します。従来、自動ツールにはPVQのような機能はありませんでした。これにより、効率、コスト低減、究極的な品質改善において大きな役割を果たすことになります」

<AmazonクラウドにおけるAurora>
クラウドベースのコンピューティングはすべての業界で急速に成長しており、ビデオ業界もその例外ではありません。クラウドベースのソリューションには、先行投資が不要、利用ベースの課金モデル、改善されたスケーラビリティとセキュリティなど、数多くの利点があります。AmazonクラウドでのAuroraでは、さまざまなソース、さまざまなビット・レートでのエンコード、SD/HD、VID、またはIPTVによる配信など、さまざまな圧縮規格で取込まれるファイルベース・ビデオ・コンテンツに対して、スケーラビリティに優れた自動解析が可能になります。

<AS-10 PAD配信仕様>
今回、AuroraはAS-10 PAD配信仕様サポート機能を含んでおり、コンプライアンスのためにフランスの放送局に配信されるコンテンツをテストすることができます。さまざまな地域の放送局は、ポストプロダクションから配信されるファイルに対して新しい規制を義務化しており、フランスの最新版がAS-10 PADです。UK-DPPと今回のAS-10のサポートにより、ポストプロダクションにおいてコンテンツが配信仕様に適合することをテストし、コンテンツ品質を確認することが可能になります。

Auroraは、IBC 2016の展示会で発表される革新的なビデオ・テスト・ソリューションです。エンタテインメント、ニュース・コンテンツの制作、管理、配信に携わるプロフェッショナル向けのイベントであるIBC 2016は、8月9~13日、オランダ、アムステルダムで開催され、世界170ヶ国から55,000人以上の参加が見込まれ、1,600以上のメーカが製品を出展します。テクトロニクスのブース(10 D41)までお立ち寄りください。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。