logo

キャリア女性向け婚活サイト「キャリ婚」共働き世代の独身男性会員募集スタート!

株式会社ninoya 2016年09月07日 11時50分
From PR TIMES

株式会社ninoya(所在地:東京都港区、代表取締役:古越 幸太)は2016年11月初旬にβ版をリリース予定の、キャリア女性向け婚活サイト「キャリ婚」の男性会員募集を2016年9月7日(水)より開始します。



[画像: リンク ]



■キャリ婚とは
結婚しても自分らしく働いていたい。お互いの生き方を尊重し合えるパートナーと出会いたい。キャリ婚は、そんな女性のための結婚相談サービスです。結婚後は自分のペースで楽しく仕事をしていきたい方も、正社員でバリバリ働きたい方も、きっとぴったりの価値観を持った男性に出会うことができるはず。幸せなキャリアと、家族を作る幸せ。キャリ婚なら、その両方を手に入れることができます。

■キャリ婚の特徴
1)全員面接
女性が安心してサイトをご利用いただけるよう、すべての男性登録希望者に対して事前の面談を行っています。面談は男女関係のスペシャリストである以下の3名が直接行っています。

”女のプロ” 株式会社ninoya取締役 株式会社ジョヤンテ代表取締役 川崎貴子
”コミュニケーションのプロ” 株式会社ninoya取締役 株式会社はぴきゃり代表取締役 金澤悦子
”性のプロ” AV監督・文筆家 二村ヒトシ

2)独身誓約
男性会員登録時に、必ず「独身誓約書」の提出をお願いしています。これはご自身が独身であることを証明すると共に、万が一既婚者であった場合にはキャリ婚から違約金を請求する旨に同意をいただく書類になります。

3)共働き志向
男性会員への面談時に、必ず「共働きで構わないか」と「結婚したいと思っているか」の2点を確認しています。この質問に対して言葉が鈍ってしまう方の登録は行っていません。

4)価値観マッチング
男性・女性ともに登録時に約50個弱に上る、恋愛・結婚・家庭生活に関する質問にお答えいただいています。学歴や年収といったステータスによるマッチングではなく、価値観によるマッチングを行うことで長い目で生活を共にするのに相応しいお相手を見つけられるシステムです。

5)女性が選ぶ
女性が会費を支払い男性にアプローチする仕組みを採用しています。男性は無料である代わりに面談を必須とすることで、既婚者や遊び目的の会員を排除して安全・安心な出会いを提供できるように努めています。

6)遊び目的ゼロ
キャリ婚では約50個に上る価値観質問にお答えいただき、その回答内容をもって面談を行っています。また独身誓約書を提出していただくことで、情報の正確さの担保と、結婚対象外の男性の排除に努めています。

■面談について
今回2016年11月初旬のβ版リリースに向けて、はたらく女性との婚活にご興味のある男性を会員候補として広く募集します。条件は以下の2つだけです。
・結婚を希望している独身男性であること
・共働きを志向していること

なお、システム上、男性会員は面談終了後も女性にアプローチを行うことはできません。面談担当者がお伺いした内容をできる限り魅力的に「推薦コメント」としてシステム上に掲載します。そのコメントを見た女性会員が、あなたの価値観に触れてコミュニケーションを取ってみたいと考えマッチングした際に、はじめてメッセージのやり取りを行うことができます。

■面談のお申込方法
男性会員新規登録希望フォームよりお申込みください。キャリ婚事務局より2営業日以内に面談日時についてご連絡いたします。
リンク

■面談概要
日時:2016年9月7日(水) 以降の土日を予定
※お一人あたり約30分の個別面談になります
場所:株式会社ninoyaもしくは都心部のセミナールーム
東京都港区六本木7-18-6 六本木グランドール503
定員:50名 / 料金:無料
対象:結婚を希望される独身男性
※面談時に身分証明証の提示及びコピーの許可をいただいております
主催:株式会社ninoya

無料面談へのお申し込み:リンク

■面談担当者プロフィール
・川崎 貴子(かわさき たかこ)リンク
1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性誌での執筆活動や講演多数。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女のプロ」の異名を取る。9歳と2歳の娘を持つワーキングマザーでもある。著書に『結婚したい女子の為のハンティング・レッスン』『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』がある。

・金澤 悦子(かなざわ えつこ)リンク
1991年株式会社リクルート入社。同年新人MVP賞を獲得。2年連続トップセールスを記録。1994年株式会社キャリアデザインセンター設立にともない、転職。2001年「ワーキングウーマンtype(現ウーマンtype)」編集長就任。2005年働く女性のキャリアをサポートする、株式会社はぴきゃりを創業。著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』、『人見知りでも「人脈が広がる」ささやかな習慣』、『働くママの仕事術』がある。

・二村 ヒトシ(にむら ひとし)リンク
アダルトビデオ監督。1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒で慶應大学文学部中退。4つのAVレーベルを主宰・経営するほか、ソフト・オン・デマンド、エスワン、ムーディーズ、ベイビーエンターテイメント等からも監督作品を発売。ソフト・オン・デマンドでは若手監督に「エロとは何か」を指導する社外顧問にも就任。著書に『すべてはモテるためである』、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』がある。

<株式会社ninoya>
WebマーケティングやPRコンサルティングサービスを提供。装飾された広告や、虚飾を交えたエピソードではなく、企業ごとの「らしさ」を表現することでビジネスを成長させることをミッションとする。セミナーやninoyaブログにて、積極的にWebマーケティングの手法を開示・発信している。
代表取締役:古越 幸太
本社所在地:東京都港区六本木7-18-6 六本木グランドール503
サイトURL:リンク

<お問い合わせ>
株式会社ninoya(ニノヤ)
問い合わせフォーム:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事