logo

アクティブコア、機械学習/人工知能(AI)活用により、個々のユーザーに合わせた「メール配信時間の最適化」を実現!

データ分析・アクションで経営を支援する株式会社アクティブコアは、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」のメール配信機能に、新たに機械学習を活用した「メール配信時間の最適化」を実現する機能を追加しました。本機能はメール開封時刻や商品購入時刻といった、これまで蓄積されてきたデータを基に、顧客毎に最も好ましいとされる時刻にメールを自動送信することができるため、今まで以上に精度を高めたメール配信が実現可能となりました。

~プライベートDMPに蓄積された情報から、一人ひとりに最適な時刻での自動メール配信を可能に~

データ分析・アクションで経営を支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田賢治、以下 アクティブコア)は、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」(アクティブコア マーケティングクラウド)」※1のメール配信機能に、新たに機械学習※2を活用した「メール配信時間の最適化」を実現する機能を追加しました。本機能はメール開封時刻や商品購入時刻といった、これまで蓄積されてきたデータを基に、顧客毎に最も好ましいとされる時刻にメールを自動送信することができるため、今まで以上に精度を高めたメール配信が実現可能となりました。

※1)activecore marketing cloud:ERP(基幹業務システム)やCRM(顧客関係管理)、DWH(データウエアハウス)、コールセンターやWebサイトによる企業内データおよび、その他の外部データに対して「データ統合・収集・蓄積・抽出」とともにデータ分析(データマイニング)を行い、企業の事業活動支援に直結する「アクション」を導く、クラウドベースのソリューション。
※2)機械学習(Machine Learning):人工知能(AI)研究の一環として、コンピュータに過去のデータを分析させ、未来のデータを予測させる技術。

■機械学習により、「activecore marketing cloud」のプライベートDMPに蓄積されたデータが顧客一人ひとりに合わせて一時間単位で最適化

「activecore marketing cloud」では、顧客行動データの収集・分析から、パーソナライズされた一人ひとりへのアプローチまでを同一プラットフォーム上で実現しています。これまでもマーケティングシナリオのビジュアル化された設計画面や、精緻なターゲットの抽出から連動したメール配信に至る過程を同一システム上で実現してきました。
今回の新機能では、分析結果や経験値を基に、これまでマーケティング担当者自身が設定していたメール配信時間において、機械学習/AI技術を利用することで、個の傾向にあわせたメール配信時刻の設定を「最適化ボタン」を押すだけで実現できます。
「メールをいつ開封するのか、メール内のリンクをいつクリックするのか、或いはいつ購入することが多いのか」といったデータは、すべて「activecore marketing cloud」のプライベートDMPに蓄積されています。そこで機械学習/AI技術により、「どの時刻やタイミングで、クリックや開封、購入といった「アクション」をとる傾向があるか」が分析され、抽出された顧客一人ひとりにあわせて1時間単位で最適化し、メールが配信されていきます。


[資料: リンク ]


開封されやすい時間にメールを配信することで、メールが埋もれる確率を減らし、より高い開封率、さらにはCV(コンバージョン)率を目指すことが可能です。
また本機能では、メールの配信結果をフィードバックしデータを積み重ねることで、さらなる学習を行い、精度が上がっていきます。結果として、メール配信経験を重ねれば重ねるほど、より最適化された精緻なメール配信に近づくことができます。(例えば、午前に開封する傾向にある人が、午前配信のメールを午後に開封・クリックし、夜にCVした場合などは、そのデータが次回の配信時間に反映されていきます。)
過去にメール開封のなかった顧客に対しては、開封時刻のデータが存在しませんが、Webサイトの訪問時間データから、よく「アクション」を起こす時間帯としての傾向を学習し、その時刻にあわせてメール配信を行います。Web訪問履歴やメール開封データのない顧客については、配信時間をデフォルトで設定したり、ランダムで設定したりすることが可能です。
またメールの自動配信後には、マーケティング担当者が配信レポートを確認することができるので、実際にどの時間帯に何名の配信があったかの詳細を知ることができます。
これまで自動で行うことが難しかった、個の傾向にあわせた最適な時間指定が、機械学習/AIにより簡潔かつ高精度で実現できるため、担当者の手を煩わせることなく、メール配信が効率的かつきめ細やかなものになり、実質的な成果へとつながります。

■販売促進や事業拡大のみならず、企業の意思決定や経営支援につながるマーケティングクラウドソリューション

アクティブコアの「activecore marketing cloud」は、企業の事業活動において、ERP(基幹業務システム)やCRM(顧客関係管理)※3、DWH(データウエアハウス)※4、コールセンターやWebサイトによる企業内データやその他、外部データに対して「データ統合・収集・蓄積・抽出」をするとともに、エンタープライズデータ分析(データマイニング)を行い、その結果に、独自のレコメンド機能「エンタープライズレコメンド」(特許取得済:特許番号:5669330号)を行いながら、企業ユーザ(B to B)やコンシューマ(B to C)に対して、広告、メール、DM(ダイレクト・メール)といった手法とSFA(営業支援システム)※5を用い、「アクション」として事業活動支援や営業活動支援を行うクラウドベースのソリューションです。
昨年3月末の提供開始以来、プライベートDMP基盤として各企業での導入※6が進み、マーケティングや営業担当者はもちろん、CMO(最高マーケティング責任者)やCEO(最高経営責任者)、COO(最高執行責任者)等の経営層の方々にとっても、販売促進や事業拡大のみならず、企業の経営支援につながるマーケティングクラウドソリューションとして、企業内外におけるビッグデータを基にした持続可能な事業戦略を練る上での強力な意思決定ソリューションとして期待が寄せられています。

※3)CRM(Customer Relationship Management):既存顧客との関係を管理する情報システムやソフトウェア。顧客の属性や行動履歴を記録・管理し、顧客ごとにきめ細かい対応を行いながら、良好な顧客関係を構築し、CS(顧客満足度)を向上させる。
※4)DWH(Data WareHouse):時系列に蓄積された大量の業務データの中から、各項目間の関連性を分析するシステム。
※5)SFA(Sales Force Automation):営業活動を支援して効率化する情報システムやソフトウェア。
※6)昨年提供開始以来、リリース発表したものだけでも以下の企業に導入されました。(敬称略)
・キャリアデザインセンター、バイクブロス、大地を守る会、JIMOS、ブックオフオンライン、キタムラ、MTG等。

【株式会社アクティブコアについて】
「自社独自のソフトウェア・技術を用いて、データ分析とアクションの連動を実現するためのソリューション」をコア技術とした独立系ベンチャー企業です。Webの行動履歴をベースにした分析・レコメンドサービスに加え、Web以外の企業内データ(顧客データや販売データ、営業活動記録など)を統合したデータ分析+アクションを実現できるシステムをコアソリューションとして、あらゆる企業の経営に貢献できるソリューションを提供しています。
●今回のプレスリリースに関する情報は以下のサイトに掲載しています。
リンク

■一般の方のお問い合せは・・・
株式会社アクティブコア 営業部
〒108-0075 東京都港区港南2-4-15 品川サンケイビル8F
TEL:03-6712-8601 FAX:03-6712-8605
E-mail:info@activecore.jp
URL:リンク
Facebook:リンク

※activecore marketing cloudは、株式会社アクティブコアの商標または登録商標です。
※その他の社名または製品名は、各会社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。