logo

エキナカにペリエ千葉誕生!

株式会社 千葉ステーションビル 2016年08月29日 11時37分
From Digital PR Platform


株式会社千葉ステーションビル(本社:千葉県千葉市/代表取締役社長:椿 浩)は、東日本旅客鉄道株式会社との共同事業で推進する千葉駅・駅ビル建替え計画に伴い、2016年11月20日(日)、JR千葉駅エキナカにペリエ千葉の新ゾーンをオープンします。
株式会社千葉ステーションビルは千葉駅から発信する新しいライフスタイルステーションの創造「From 千葉」を合言葉に、2018年のグランドオープンを目指して新しい千葉駅の開発を推進しています。その第一弾が新しい千葉駅の中で展開する「ペリエ千葉エキナカ」です。

■今回の開業エリア
・開業日  2016年11月20日(日) 
・ショップ数  48ショップ
・場所  JR千葉駅改札内(下図参照)
・エリア名称  ペリエ千葉エキナカ


・概要
千葉の“いいモノ”と都市型のライフスタイルがミックスした豊かな日常を提案。海や山などの自然に満ち溢れた千葉の美味しい食材を扱い、都会的な嗜好を自分スタイルに取り入れられる場として、また通勤・通学の電車待ちの間の道草ポイントとしても便利で快適なエキナカ空間を「新千葉Local eats」、「アーバンDining style」、「チバラーstand」の3つのゾーンで構成します。

「新千葉Local eats」
▼空間テーマ:「活」いき - 新鮮・魅力豊かな商品が主役となる活気ある市場空間

エキナカでは初となる生鮮三品店舗や、和洋各種惣菜店舗が揃う千葉と都市型の食が融合したこれからのフードマーケット。各ショップによる地産メニューの提案、また、一部ショップではその場で出来立てを楽しむことができる便利で楽しいイートインスペースも設置します。通勤・通学のちょっとした合間はもちろん、忙しくて時間の無い方々を応援し、食卓を彩るもう一品を提供できるショップ構成で展開します。

「アーバンDining Style」
▼空間テーマ:「愉」たのしむ - 温もりと洗練さが調和したスタイリッシュなマルシェ空間

日常の食にプラスする都会的なダイニングエッセンスをコンセプトに、ご贈答はもちろんのこと、ご自宅でも楽しめる和洋スイーツ店舗、グロッサリー店舗、生花店舗、生活雑貨店舗などを集積し、“食”を通じたプラスワンの過ごし方を提案します。また、かねてより地元のみなさまに親しまれている千葉に根付いたスイーツのセレクトショップ、各地の良いものや都心で話題の「スイーツ」を期間限定で展開するイベントスペースなどがオープンします。

▼「チバラーstand」
空間テーマ:「彩」いろどり - 様々な商品やサービスに合わせて専門店の個性を豊かに表現したファサードが彩るストリート空間

便利さと楽しさ、都心クオリティを備えたショップが並ぶストリート。ちょっとした待ち合わせや軽く喉を潤すことができるカフェやバル、女性でも入りやすい角打ち、麺類などの軽飲食を提供する飲食店舗、ベーカリーをはじめとした食物販店舗、駅には欠かせないコンビニエンスストアやドラックストア等の物販店舗で構成されるこのゾーンではお客さまのクイックニーズに応えるだけでなく、地元人気店や新業態店舗の出店など千葉駅ならではの発見を提供します。


<参考>
■開発運営会社
 ・名称  株式会社千葉ステーションビル
 ・本社所在地  千葉市中央区富士見2丁目3番1号
 ・代表取締役社長  椿 浩
 ・資本金  2億円
 ・設立  1961年8月1日
 ・事業内容  主として店舗の管理及び運営、不動産の賃貸
 ・運営施設  ペリエ千葉、ペリエ西千葉、ペリエ稲毛、ペリエ津田沼、Dila津田沼、ペリエ稲毛海岸、ペリエ検見川浜、ペリエ海浜幕張、四街道駅ビル、アルカード茂原

※本プレスリリースは2016年8月26日時点の情報です。今後、変更の場合もございます。
※本プレスリリース内のパースは全てイメージです。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社千葉ステーションビル
ニューペリエ計画推進部 岩井、朽方、辰巳
電話:043-227-6824


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。