logo

プロおよびハイアマチュア層向けの標準ズームレンズおよび超広角ズームレンズの2機種を発売

キヤノンは、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズとして、描写性能や操作性、堅牢(けんろう)性などにおいて最高水準の性能を追求したプロ向けの「L(Luxury)レンズ」“EF24-105mm F4L IS II USM”と“EF16-35mm F2.8L III USM”を10月下旬より順次発売します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



“EF24-105mm F4L IS II USM”は、新製品の“EOS 5D Mark IV”(2016年8月25日発表)のキットレンズとしても販売される標準ズームレンズで、“EF16-35mm F2.8L III USM”は、画面周辺部まで高画質を実現する超広角ズームレンズです。両機種ともに、従来機種と比較してさらなる高画質を実現しています。

■定番の標準ズームレンズ“EF24-105mm F4L IS II USM”
“EF24-105mm F4L IS II USM”は、新製品の“EOS 5D Mark IV”(2016年8月25日発表)のキットレンズで、従来機種の「EF24-105mm F4L IS USM」(2005年10月発売)を11年ぶりにリニューアルした標準ズームレンズです。非球面レンズ4枚と、レンズ面に対して垂直に近い角度で入射する光に対して大幅な反射防止効果を発揮する特殊コーティング「ASC(Air Sphere Coating)」を採用しており、従来機種と比べてさらなる高画質を実現するとともに、歪曲収差の発生の抑制や周辺光量を改善し、フレア・ゴーストの抑制を実現しています。

■画面周辺部まで高画質を実現する超広角ズームレンズ“EF16-35mm F2.8L III USM”
“EF16-35mm F2.8L III USM”は、従来機種の「EF16-35mm F2.8L II USM」(2007年3月発売)を10年ぶりにリニューアルした超広角ズームレンズです。大口径ガラスモールド両面非球面レンズ2枚や研削非球面レンズ1枚、UD(※)レンズ2枚などの特殊光学系を含む11群16枚のレンズ構成と、「SWC(Subwavelength Structure Coating)」や「ASC」などの特殊コーティングとの組み合わせにより、従来機種を大幅に上回る高画質を実現しています。これにより、色にじみの原因となる倍率色収差やゆがみの原因となる歪曲収差、フレア・ゴーストの発生を抑制しており、画面周辺部を含む全画面域で高画質を実現しています。


[表: リンク ]


※ Ultra Low Dispersion=特殊低分散ガラス。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。